父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

とあるアクトレスとのナイトラン&懇親会

とあるナイトランセミナーにて。

とあるアクトレス(女優)、とあるフリーアナウンサーが参加。

セミナー主催者からすると、二人は、集客のための要員なのだろう。

セミナー参加者は、ザッと20名程度。
二人の所作に自然と目が向く。

アクトレスは、モデルもされている。
小柄でスレンダー。仲間由紀恵を若くしたような風貌。一般人とは醸し出す空気が違う。

じっと凝視するわけにはいかない。失礼だ。
チラチラと垣間見る。垣間見ていることを悟られないように。さりげなく。
下僕の気分。

芸能人の方に、気軽に声をかけられるものではない。
遠巻きに気にするだけ。見えざるバリアーを感じる。

ナイトランでは、会話する機会もなく、終了。
そんなもんだろう。


ナイトラン後、有志の懇親会。

このナイトラン。参加してみて、仲間内の参加者が多いと感じた。仲間同士、和気あいあいとした雰囲気が漂う。
初参加の父ちゃんは、遠慮ぎみ。

仲間内の雰囲気に躊躇いつつ、せっかくの機会なので、懇親会に参加させてもらうことにする。

とりあえず、野郎8人で、先に、店へと繰り出す。
アルコールが入れば、人生はラテン系。
ランナー同士、直ぐに打ち解けた雰囲気になる。

気持ちよく飲んでいたときに。

「お待たせしました~」と第二陣の参加者が現れる。

ありゃりゃ?
アクトレスさんとフリーアナウンサーさんがいるじゃないの?
こんな一般人の飲み会に参加するの?
意外や~

父ちゃん、途端に舞い上がる。下僕まっしぐら。
男なら、当然やね。


アクトレスとフリーアナウンサーは、四人テーブルに座り、 マネージャーのような男性2名が脇を固める。

なるほど。
一般人が変な風に話しかけないようにガードしてるのかな?

再び、みんなでカンパーイ♪

アクトレスとフリーアナウンサーが手にしていたのは、ウーロン茶。
ははぁ、飲むわけではないのだな。ビジネス的な顔見せなのだろうか。

まっ、どこかで、アクトレスと会話してやるぞぉ。

アルコールの入った父ちゃん、気だけは大きい。


「一般人からすると、芸能人の方には、なかなか話しかけられないですね。脇を固めたお二人は、マネージャーさんですか?一般人が近寄らないようにガードしてるんですか?(笑)」

タイミングを見計らって、明るく言い放ったつもりの発言。

テーブルは、アハハと笑いに包まれたものの。
酔いが覚めた今。スゲー失礼な発言だったと後悔。


とあるアクトレス。台本のないリアリティ番組に出演している。

この番組。父ちゃんは知らなかったが、一人娘に、知ってるか?と聞いてみる。

「知ってるよ。○○○○と同じようなテレビ。ヤラセだね。」

一人娘は、一刀両断に断言する。


「台本がないと言われてますけど、本当にないんですか~」

アクトレスに、ストレートに質問。ど真ん中直球。

「それは~~~………」アクトレスは、言葉につまる。

あっ、しまった。大暴投や。

「それは、答えられないですよね~」脇をガードする男性がうまく受け流す。

父ちゃん、空気読めてないな。
そこから先は、ラテン系を返上。
おとなしく、ジェントルマン。

懇親会の精算時。

脇をガードしていた男性が、お店の人に3人分の領収書をお願いしている場面に出くわす。

経費で落とすのね。やはり、ビジネスやな。

帰り際。アクトレスに頭を下げる。

「先ほどは、突然、不躾な質問をして、申し訳ありませんでした。失礼しました。」

「いえいえ、皆さん、気になるところですよね。」


優しげなスマイル。救われた気分になる。

とあるアクトレス。
台本のないリアリティ番組では、ズバズバ言う性格で、キツいキャラクターだそうだが。

微笑を目の当たりにすると、リアリティ番組では、キツいキャラを演じているのでは?と感じる。

人間的な勘だ。野獣の勘。

相手は、女優。騙されただろうか?
いや、そんなことはない。野獣の勘なのだ。


だから、男はバカなのよ by かみさん


騙されてもいいじゃないか。

騙されたままの方が幸せだぜ。



信じる者は、救われるのだ。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest