父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

左腕の痺れからの教え

ここ10日間ほど。
左上腕から左手小指・薬指にかけて生じた痺れに悩まされていた。

先週半ば、左肩甲骨部分に軽い痛みを感じたのが出発点。
ランニングによる蓄積疲労が肩甲骨に出始めたかな。単純に、左肩を寝違えたかも。

走る量を抑え、肩甲骨周りのストレッチ、お風呂での温浴マッサージ等すれば、解消できるでしょ。

最初は、軽く考えていた。

先週末、走り込みの三連休と位置付けていたが、この痛みをコントロールすべく、走る量を1時間程度のジョグにセーブ。
ストレッチなど意識的に入念にしていた。

ところが。
痛みが解消する気配がない。むしろ、左上腕の鈍い痺れへと変化する。
しまいにゃ、左上腕から左手小指・薬指にかけて痺れが広がってしまう。

生まれて初めて感じる症状。
単なる疲労や寝違いではないかも?
ランオフしても、痺れが一向に収まらない。


「腕 しびれ」「左腕 痺れ」「左腕 痺れ 原因」などなど、ネット検索して調べてみる。

首が原因か?
加齢、不自然な姿勢による首の異常?
「頸椎症神経根症」とか「頸椎椎間板ヘルニア」とか?

脊椎に問題が生じている可能性もある。

「左腕」だけに痺れがある場合。
心臓発作、脳卒中の危険性を指摘する物騒なものもあった。

心筋梗塞の前触れ?
さすがに、脅かすなよ?とは思う。
でも、先週、インターバル走で、心臓に無理させたかな?などと頭によぎったりもする。

父ちゃんも年だし。
漠然と見過ごしても大丈夫だろうか?

ネットでいくらでも調べられるって、よくないところもあるね。
読み漁るにつれ、マイナスな感情が膨らむこと、膨らむこと。

ただ、病院に診察に出向くのは、躊躇っていた。
単純な筋肉痛かもしれないし。もう少し、もう少し、様子を見よう。
不安感を抱えつつ、先延ばしにしていた。
病院に行かずに済むなら、それに越したことはない。


そんな父ちゃんの背中を押してくれたのは、草葉の陰から見守る人。

夢に出てきたから。久し振りに。

父ちゃん、駐車場で、車をバックさせているときに、他人の車に軽くぶつけてしまう。
すると、草葉の陰から見守る人が、遠くから、物凄い剣幕で現れる。
しまった。運転席から外に出る父ちゃん。

なのに。

見守る人は、父ちゃんに向かって、頭を下げて、必死に謝る。土下座して。何回も何回も。

俺が悪いのに。なんで、お前が謝るの?


……で、目が覚める。


なんだ?
あいつは、一体、俺に何を言いたかったんだ?

直感的に。
俺の症状を憂いて、病院に行け!と訴えていると感じた。それしかない。

馬鹿げた話かもしれない。

だけれども。
あいつの魂を久し振りに感じたんだよな。リアルに。

朝一番、この話をかみさんに伝えたら。
絶対に、病院に行けと言う。


病院。

先生に、父ちゃんの症状を話す。身体を触診される。痛みの有無を確認される。

診察後、首に原因がある可能性が高いらしく、レントゲン写真を撮影することに。

撮影後。

先生。レントゲン写真を見る前に。
「今、宣告してあげるからね。」嬉しそうに言う。

茶目っ気を感じさせる先生じゃないの。宣告前に、気分を和らげてくれてるのかな(笑)

先生。
パソコンで、じっと、父ちゃんのレントゲン写真に見入る。
撮影枚数は、合計4枚。順に、繰り返し、めくっていく。

固唾を吞み込む父ちゃん。じっと、宣告を待つ。

先生。ポツリと一言。

「キミ、52歳なの?へぇ~~~~~」

先生。なんなんですか?そのリアクションは?

「首が原因かと思ったけど。首には全く問題がないね。50を超えてる割には、立派な首をしてるよ。50を超えると、少しは傷んでくるものなんだけど。キレイな首してるね。」


おぉ~!先生に、そう言って頂けるなら、安心できます!


とすると、単なる筋肉痛でしょうか?


う~ん、そうだね。


先生は、再び、身体の触診実施。
ブラシのようなもので、左手と右手をなで、感覚の違いを確認してくる。
両肩を強くつかみ、どこが痛むかを聞いてくる。

左肩の裏が痛むと伝える。
先生は、「ここが痛むなら、やっぱり、原因は首だと思うんだよな」と言われる。

先生によると、ランニングは上下運動が細かく続くスポーツなので、頸椎の神経を刺激し、コリや痛み、しびれが起きることがあるとのこと。

首をグルグルと回すことはやめた方がいいと一言アドバイス。

痛みが生じて1週間程度なら、もう少し様子を見て、1ヶ月経ってもまだ消えないようなら、また、来なさいということになった。


「立派な首をしている」と診断され、嬉しかったし、自信にもなった。
何より、ひと安心。

反面、加齢を無視できる年齢ではないことも実感する。

左腕に違和感を感じるうちは、無理しないでいきましょ。


健康第一!Byかみさん



あいつの魂も久し振りに感じられて、良かったな。本当に。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest