父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

15Kペース走~【映画】桐島、部活やめるってよ

今朝。
5:10/㎞ペースで、15-20㎞走ると呟いたが、結果。

【結果】*EPSON SF-810 測定
走行距離:15.010km
走行時間:1'14'01
平均ペース:4'55/km
平均心拍数:158bpm
ピッチ:184 spm
ストライド:107 cm

【ラップ】( )は心拍数
5'04(143)-4'56(154)-5'13(155)-4'50(161)-5'07(160)
5'04(161)-5'00(158)-4'51(160)-5'00(158)-5'07(152)
4'51(158)-4'49(159)-4'48(164)-4'49(165)-4'21(173)


15㎞と距離を短めに選択した代わりに、ペースアップ。

距離を短くしつつ、ビルドアップして走る。
トレーニング的には、これが好きな走り方なんだと感じる。

スパートをかけても身体が重い。十分にスピードが乗ってくれない感覚。
体重を落とすのが課題。徐々に上げていこう。


『桐島、部活やめるってよ』を観てみた。
NHKBS放送で録画したもの。
原作者は、直木賞受賞作『何者』の朝井リョウさん。
高校生の群像を描く。

この映画。恐らく、賛否両論だと思う。
いわゆるハリウッド映画が好きな人には、あまり、ウケないのではないか。

かみさんは、面白いと言えば面白いけど、う~んという感じらしい。
一人娘は、スッキリしないと言う。

私は、いい映画と思った。
高校生の時って、こんな風だったかなぁって感じさせてくれる。

一体、何がしたいのか?
リアルなあなたは何か?
直木賞受賞作『何者』にも通じるテーマ感覚。

余計で冗長なセリフがない。
淡々とした情景描写で感じさせてくれるところがいい。
最後まで、タイトル名の「桐島」が登場しないところもポイント。

印象に残ったセリフをいくつか。

「あの人達に、マジな話してもしょうがないから」

「結局、できる奴はできるし、出来ない奴はできないってことだろ。」

「結局負けるんだよな。なんのために頑張っているんだろう。」

「なんとかしようと思って、この程度なんだよ!俺は!!!」

「ドラフトが終わるまではね。」

「戦おう、この世界で。俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから。。。覚えておいてよ。。。」



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest