父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

ウクレレをしている人は、どれくらいいますか?


『ウクレレをしている人は、どれくらいいますか?』




「Low G's High」という曲を、ロウジー(Low-G)ではなく、ハイジー(Hi-G)で弾きます!

と言われた後に、名渡山遼さんが、Jump Step Splash!! ワンマンライヴで、オーディエンスに向かい、聞いた質問。

おぉ~いい質問だね。何人くらいいるのかな?


ウクレレ手習いを始めて、一ヶ月半を経過。

楽器店とか大型書店の楽譜コーナーに、フラりと立ち寄る機会が増えた。

ウクレレを始めるまで、足を踏み入れることが皆無だった場所。

楽器店で感じることは、ウクレレはマイナーな楽器なんだなってこと。

楽器店のスペースは、圧倒的に、ギターとピアノが占める。
ウクレレはどこだ?って探さないと、見つからないことが多い。

マイナーと顕著に感じるのは、BOOK・OFFでの音楽コーナー。
居並ぶ楽譜は、ギターとピアノばかり。
ウクレレの楽譜は、滅多に見つからない。

目を凝らして、中古書籍の群れを眺めていき、ウクレレの楽譜を見つけた瞬間。
お宝発見!って感じで、棚から引き抜く。

使えそうにない楽譜だなぁと落胆することは、数知れずだ(笑)


『ウクレレをしている人は、どれくらいいますか?』

ウクレレはマイナーな世界なのかもしれないが。

天才ウクレレプレイヤー名渡山遼さまのライヴ会場にお越しになられる皆さま逹。

ウクレレを趣味にされている方は、結構、いるのでは?











…………と思いきや、意外や意外、まばらにしか手が挙がらない。
観衆の数は、120~30名くらいだろうか。
その内、手を挙げた方は、20名にも及ばなかったと思う。

あら?こんなものなの?少ないねぇ。

名渡山遼さんも、開口一番、今日は少ないですねと反応。


父ちゃんは、手を挙げたか?ですか?

もちろん、挙げましたよ。

躊躇いがちに、おずおずと。こっそり。

なにせ、当方、まだまだ、初心者なので。

天才ウクレレプレイヤーの前で、堂々と手を挙げる度胸は、まだ、備わってないと思われますな。

先生に指されたら、怖いってな感じの生徒的心境ですかな(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest