父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

【想い出】もし野球をしていたら 中編

前編はこちら→【想い出】もし野球をしていたら 前編

【あらすじ】
中学一年生のとき。
冬場の基礎トレーニングの時期に、弱小サッカー部が名門野球部と合同練習。

名門野球部の厳しい練習についていけるのか?
父ちゃん始め、弱小サッカー部員は、戦々恐々としていた。


名門野球部のトレーニングとして、特徴的と印象に残っているのは、常に、部員同士、競わせること。
そして、罰ゲーム方式。

例えば、1500m走。毎日行っていた。
ビリから五番以内だったら、罰ゲームとして、腕立て伏せ20回。
(今は、毎日1500m走なんて、およそ不可能(笑))

50mダッシュ。
最下位になったら、腕立て伏せ。
(今は、運動会のお父さん状態、ダッシュすると足が空回り(笑))

スクワット200回。
グランドで輪になり、部員全員で、顔を合わせながら、大声で数を数える。
途中でペースについていけず、脱落した者は、腕立て伏せ。
(今は、スクワットなんてやる気なし(笑))

何かヘマをやらかすと、腕立て伏せ、腕立て伏せ、腕立て伏せ。

名門野球部。顧問の三井先生が、目を光らせている。
部員同士、相互にチェックしあって、お前、腕立て伏せ!と叱責が飛んでくる。

腕立て伏せの回数自体は、たいしたことがない。
しかし、みんなの前で、腕立て伏せをすること自体が恥ずかしい。
ビリにはなれねぇ!脱落できねぇ!と緊張感が走る。
競争心を駆り立てるやり方。

このやり方だと、ついていけない者は、自然に部活を辞めていく。
漫然とトレーニングをしていた弱小サッカー部とは、雰囲気が違っていた。

サッカー部員が、ポロリポロリと欠けていく日々。


1500m走では、AとBとにチーム分けされていた。
それぞれ、20~25名くらい。

Aチームは、足が速い部員の集まり。学年は関係ない。
チーム分けをしたのは、野球部顧問の三井先生。
体育教師から、1500m走の結果を入手していたのだろうか。バランスが取れたチーム構成になっていた。

父ちゃんは、Aチーム。

しかし。
父ちゃん、Aチームでは、ビリから数える方が早かった。
ビリから五番以内だと、腕立て伏せが待っている。
毎回、五番以内かどうかの戦いは熾烈を極めた。ラストに入ると、歯を食い縛って、負けまいと全力で競り合う。
屈辱的な腕立て伏せをしたことが、何回かあった。


ある日。

「すみませーん、今日は、Bチームで走りまーす」と言って、Bチームの組に入ろうとした。

Aチームでのビリ争いから、開放されたかったのだ。弱気の虫が鳴いていた。

自ら、チームを変わろうとするなんて、今考えると、大胆な行動に出たもんだなと思う。

顧問の三井先生に同意を求める。先生と目が合う。
先生は、腕組みをしたまま、何も言わない。
じっと、父ちゃんの顔を見るだけ。

父ちゃんは、おずおずとBチームに加わり、走り出す。

すると。
Aチームでは、ビリ争いを演じていた父ちゃんなのに。
Bチームでは、いきなり、トップに躍りだした。

えっ?俺がトップなの?
おかしいな。誰かついてこないのか?

後ろを何度も振り返る。誰もついてこない。
不思議な感覚だった。

そのままトップ独走で、ゴール。
AとBとでは、こんなに力の差があるのか。

野球部部員の同級生から、「BJ、Bチームで走るなんて、ズルいじゃんか」とチクリと言われる。

こいつは、Aチームで、一年生ながら、二年生と互角にトップ争いをする俊足の持ち主。
後に、野球推薦で、高校進学するほど、身体能力に優れていた。

うるせー、てめえに俺の気持ちがわかってたまるもんか。
内心、悪態をつく。


翌日。

この身体能力に優れた同級生の野球部員が、「BJ!お前、今日はAチームで走れよ~!」
でかい声で叫びやがる。

ったく、余計なことを言いやがって。うるせーな。

顧問の三井先生は、昨日と同じく、腕組みをしたまま、何も言わない。
じっと、父ちゃんの顔を見る。

ちくしょー、しゃーねえなぁ。

しぶしぶ、Aチームの列に加わる。
その瞬間、三井先生が、ニコリと一瞬だけ笑顔になった。
その表情。今でも鮮明に覚えている。

先生?嬉しいのか?

三井先生は、何も言わない。どう思ってるのか?わからない。

名門野球部。
厳しい練習の中でも、生徒の自主性を尊重していたのだろうか?

父ちゃん、サッカー部員だったが、野球部顧問の三井先生には、気に入られていた。

そんな話は、また、続く。

オヤジの昔話は、長いね(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

フランク翔太  

聞き入っています

おやじの長い昔話・・・楽しく聞かせてもらっていますから(笑)

2015/08/20 (Thu) 16:03 | EDIT | REPLY |  

BJ  

Re: フランク翔太さん

長い昔話にお付きあい頂き、ありがとうございます。
残り1回で終わります。多分(笑)

2015/08/21 (Fri) 05:11 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest