父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

ランニングは身体にいいか?

本日のジョグ。63分。8.4㎞。

右膝の痛みを考慮して、本日も緩いウォーク&ジョグ。
ラスト1㎞だけ、軽めにビルドアップ(5:33/㎞ペース)。

終了後、膝の案配を計る。ほんの軽い痛みを感じるな。

明日はランオフして、様子見。


久し振りの右膝痛。
大事には至らなそうだと思っている。

ランニングを始めて、痛みが出るのは何回目だろう?

大きなところでは、過去に、肉離れ、鵞足炎、足底腱膜炎。
ランナー特有の貧血症状を疑ったこともあった。

小さな痛みを数え出せば、キリがない。
と言うより、数えられない。忘れた(笑)

長い目で人生を見たときに。
痛みを繰り返すスポーツが、本当に、身体にいいと言えるのだろうか?

例えば、こんな記事→「ジョギング・ランニングは本当に体によい?」

この記事。以下のようなまとめをしている。

長く走り過ぎず、速過ぎず、毎日少しずつ走ることは心身にとって良いということが現時点での研究結果のようです。
健康でい続けたいなら、自分の体に耳を傾け続け、適度な運動を心がけましょう。


2年前の頃は、こんな記事を見かけても、父ちゃんの「適度」は、まだまだだぜと受け流していた。
若かった(笑)

最近は、感覚が変わった。
右膝の痛みを感じながら、加齢の身には、「適度」なレベルとは言えないよな。苦笑い。


お盆。かみさんの実家に顔を出す。

かみさんのおふくろが言う。

「そんなに無理せずに、ゆっくり走ればいいんじゃないの?」

かみさんのオヤジが反論する。

「いや、男にはチャレンジが必要だ。」

母性と父性。対照的。


かみさんのフォロー。

「(かみさんのおふくろ)は、一般人の感覚で話すからね。50歳を過ぎて、フルマラソンなんて身体に良くないと思っていると思うね。」

一般人の感覚は、そうなのかな。

会社ランニング部でも、健康のために、5~10㎞程度のランニングを楽しむものの、フルマラソンは絶対に走らないと言う部員が複数いる。

健康的な観点からのフルマラソン。

青山剛コーチの「Forever サブ4」の考え方に、共感する今日この頃。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest