父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

劔岳 点の記~フルマラソンに相通じる感覚?



立山連峰の劔岳を舞台にした映画。

立山には、早い夏休みで山登りしてきたばかり。
立山気分を追加で味わうべく、レンタル。

明治時代末期、陸軍参謀本部より日本地図最後の空白地点、劔岳の登頂を命じられた測量手の柴崎芳太郎が、案内人の宇治長次郎ら仲間と共に山頂を目指す。


大自然に対して立ち向かった、明治の男達の熱いドラマ。

かみさんによると、劔岳は、現代でも、登山が難しい山らしい。
かみさん自身、「登るのは、絶対に無理」と言っている。

立山に行ったばかりなので、映画の中で、固有名詞にて出てくる地名が分かる。
ある種の土地勘が働く感じ。

よくこんな映画を実写で撮影したもんだな。凄い。素直にそう思う。

私の感覚は古いかもしれないが、CGで固められた映画より、実写にこだわる映画の方が好きだ。

生身の感覚。
42.195㎞を走るフルマラソンに相通じる感覚。と結びつけるのは、強引かな(笑)

2010年アカデミー賞にて、最優秀監督賞他、各種の賞を受賞した映画らしい。

映画レビューを眺めると、賛否両論だが、私は、素直に楽しめた。

頭で見ると、ストーリーや人物描写に、あらが目につく映画かもしれない。

でも、頭で見る映画ではない。
身体で見る映画。感じる映画だと思う。

えっ?何言ってるか、わからない?
そうでしょうね(笑)

論より証拠。
映画は鑑賞するのが一番。
レビューで満足しちゃあきまへん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest