父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

ライオンズVSマリーンズ~チーム地力の差


昨日の日曜日。
かみさんと西武プリンスドームにて、ライオンズVSマリーンズ観戦。



愛するマリーンズは、ライオンズ相手に、1対3で負け。

スコアだけ見ると、一見、接戦のようだが……
チームとしての地力は、スコア以上の差があると感じた。

ライオンズの先発は、菊池雄星投手。
初回から、150㎞を越える豪速球を投げ込んでくる。
一塁側内野スタンドから眺めていても、速い!豪腕!
迫力を感じさせる。

マリーンズは、あっさりと三者凡退。

初回裏のライオンズの攻撃。
ライオンズのトップバッターは、首位打者争いを演じる秋山翔吾選手。

マリーンズ先発の大嶺投手。
いきなり、デッドボール!

首位打者を狙うバッターにぶつけちゃあかんでしょ!
ヒヤリとさせられる。
のっけから暗雲垂れ込める感じ。

で、あっさり、浅村選手の犠牲フライで先制される。

2回には、打率1割8分の銀仁朗選手に、左中間に抜ける痛烈な二塁打を放たれ、二点目を献上。
打率2割以下の選手にタイムリーを打たれるなよ~!と落胆。

3回には、ライオンズ4番打者のおかわり君こと中村選手に、ライトスタンド中央へ、ライナー性で飛び込むホームランを浴びる。

ありゃ~~~
あの当たりでホームランになるのかぁと呆然。

マリーンズ打線。
1点は取り返したけど、印象に残ってない。
菊池投手の前に、為す術もなく、凡打、三振の山。

8回~9回は、ライオンズ黄金リレーの増田~高橋にピシャリと抑えられ、ジ・エンド。



負け試合だからかもしれないけど。
マリーンズ、地味で、夢のないチームになっちまったなぁ。
ボビーバレンタインが監督の時は、華があったよなぁ。
個性豊かなプレーヤーもいたよなぁ。




………などと感じてしまいました。

チーム勝率が5割の辺りをフラフラする状況。

やっぱり勝たないと!

たとえ負け試合だったとしても!

魂を感じさせるプレーを魅せてくれ!

マリーンズ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest