リトル・ランナー

映画・舞台
06 /18 2015
映画『リトル・ランナー』を鑑賞。



この映画は、ランニング雑誌でマラソンを描いた作品として、よく紹介されている。
以前から観たかった作品。

舞台は1950年代。
カナダのカトリックスクールに通う14歳少年が主人公。
闘病生活を送っていた難病の母が昏睡状態に陥ってしまう。

病院から、奇跡でも起きない限り、母は目覚めないと言われた少年。
最愛の母を目覚めさせるために、奇跡を自力で起こすべく、ボストンマラソン優勝に挑戦する物語。



こう書くと、母と子の感動物語のようだ。
が、主人公の少年は、どちらかと言えば問題児。
タバコは吸うわ、規則は破るわ。
人間模様のドラマ。コミカルな味わいがある。

クライマックスのボストンマラソンのGOALシーンは、素晴らしい。
必見。



不覚にもポロリと涙を零してしまいました。

果たして、少年は優勝できたのか?

それは、ぜひ映画を鑑賞して下さい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。