父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

心肺能力~多摩湖 15Kミドル走


2日前の過去記事→東京マラソン トレーニングプラン~閾値走始動

こちらの記事で、12月中旬まで「スピード強化」に取り組むと書きました。
しかし、MONOさんのコメント欄でのアドバイスを受けて、「スピード強化」という表現は適切ではなかったと思いました。

真意は、スピードアップしてトレーニングすることで、心肺能力を高め、マラソンを走る上での余裕度を上げたいと考えてます。

この記事のコメント欄で、「スピード強化」という結論に至った理由を、詳しく記載しました。

記事だと、結論しか書いていません。
もう少し分かりやすく記事を書かないといけないかもしれないと思いました。

コメントバックという形ではなく、記事にしても良かったかなと思ってます。
ご興味のある方は、この記事のコメント欄をご覧下さい。

さて、本日は、多摩湖にて、15㎞ミドル走実施。

アクアラインマラソン後、3週間経過。
まだ負荷をかけすぎてはいけない時期だと思う。

ミドル走開始初日。
初日なので、距離・ペースは控え目に設定しておこうと思った。

で、15㎞。目安は4:50/㎞ペース。

で、結果。

アップ→7:11(115)-7:05(118)-7:22(122)

【15㎞ミドル走】
4:49(151)-4:56(159)-4:51(161)-4:52(164)-4:59(165)
4:56(164)-4:38(161)-4:30(162)-4:31(164)-4:35(161)
4:30(162)-4:22(168)-4:28(162)-4:19(168)-4:23(172)

ダウン→8:20(133)


う~む、ちょっとビルドアップし過ぎたかな。

多摩湖は、微妙な起伏が連続する。
大まかには、前半6㎞は上り基調。中盤6㎞は下り基調。後半3㎞はフラットなコース。

中盤の下りに乗じて、ペースアップした勢いを、ラストまで継続した感じ。

ペースを意識して走るときは、フラット基調のコースで走るべきかなぁ?
トレーニングとしては、起伏のあるコースの方が鍛えられると思うけど?

ここら辺がよくわからない。

とある方に、「ラテン系とかいって、トレーニングは、きっちり、ゲルマン系」と評して頂いたことがある。

感激するような誉め言葉。舞い上がりそうになった(笑)

でも、実際に走っていると、よーし、行くとこまで行ってやれーとラテン系のノリが出ることがある。

今日は、ラテン系炸裂。
これが良いことなのか?悪いことなのか?

ゲルマン魂で考えてみるか(笑)


毎度ありがとうございます♪
ポチっとよろしくです(^_^)v

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest