父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

磐梯高原 猪苗代湖マラソン~フル5時間46分の風景


フルマラソン完走後、会津若松の東山温泉に車で移動し、一泊。
会津藩士ゆかりの温泉で疲れを癒した。

翌日、宿場町として栄えた大内宿に立ち寄る。





町並み全景を見渡せる絶景ポイントより。



昼飯は、そば処こめやの「おろし揚げ餅そば」
味噌田楽は、クーポンサービス♪





さて、磐梯高原 猪苗代湖マラソン雑感。

かみさんとのファンラン。
幸いにも、かみさんとの間では、大きなトラブルもなく、無事に完走(笑)



5時間46分でのゴールだと、身体へのダメージは少ない。

ランしているときのペースは、おおよそ、7:00~7:15/㎞。
エイドでは、ゆっくりと栄養補給。
ボランティアスタッフの方々と会話を楽しみつつ、のんびりと走り続けた。

完走翌日の日曜日、大内宿観光後、車で約4時間かけて、東京に帰る。
長時間ドライブすると、脚の筋肉が固まる感じはあった。

月曜日夕刻に、疲労抜きジョグ。60分。8㎞。
両足の太もも前面に、軽い筋肉痛を感じたものの、疲労感はない。

火曜日はランオフ。
本日水曜日早朝に、リハビリを意識しつつ、ジョグ。45分。8㎞。
疲労は残ってない。

前週の葛西セブンに続き、2週連続でフルの距離を踏むことができた。
夏場の走り込みのトレーニングとしては、良かったと思う。


残り2㎞地点。


タイム:5時間46分でのゴールは、同じくファンランした1年半前の「那覇マラソン」と、ほぼ同じ記録。

那覇マラソンは、参加者が2万人を超えるマンモス大会。

これに対し、猪苗代湖マラソンのフルマラソン参加者数。
制限時間8時間の部で488名。制限時間6時間の部では316名。
合計804名。

50㎞、ハーフ、10マイル参加者含めて、全体でも1807名の参加者数。

手作り感溢れる大会。

マンモス大会では気付かなかった、フル5時間後半を超えるランナー風景が垣間見えた。


20㎞辺りから、歩き始めてしまうランナーがいた。
半分も行かずに、歩いてしまって完走できるのかな?と思ったりする。
完走はできても、相当しんどいのでは?

既に、膝を痛めてしまったのか?
足を引きずるように走るランナーもいた。
「ひざ、大丈夫ですか?」と声を掛けたが、大丈夫ですと笑顔で返答。

その後、折り返しのコースでは、このランナーを見かけることがなかった。
棄権されたかもしれないなぁ。


35㎞以降は、7:15/㎞ペースでも、淡々と他のランナーを追い抜いていくことができた。

歩くのと変わらないペースで走るランナー。
完全に歩いてしまっているランナー。
歩いたり、走ったりを繰り返しているランナー。

父ちゃん達を抜き去るランナーは、一人としていない。

後ろ姿がキツそうだ。

追い抜く瞬間に、「ファイト♪リラックスして行きましょう♪」と声を掛けていく。
疲れきった表情。
息も絶え絶えで、呼吸が苦しそうなランナーもいた。

声をかけても、相手をするのがしんどそう。
話しかけるのは、迷惑かもしれないと感じた。

気持ちはとてもわかる。
私もフル後半になると、大抵、失速して耐える展開になる。
笑顔で答える余裕はなくなる。
ただ、前を向いて走る。

フルマラソンは大変だ。
どんなペースでも、みんなチャレンジしている。
闘う相手は、自分自身。

月並みながら、そんな印象を素朴に感じ取っていきました。

猪苗代湖マラソン参加者の皆さま、お疲れさまでした。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
スポンサーサイト

Comment

ワタナベ  

No title

勝負レース、ファンレース、応援レース、いろんな角度でみてそれぞれの姿がまた見え方がかわるのでしょうね。
ボランティア視線を一度やってみたく思ったりします。

2014/07/16 (Wed) 12:47 | EDIT | REPLY |  

BJ  

Re: ワタナベさん

確かに、風景が変わると、また違う視点が芽生えますね♪
ボランティアなら、東京マラソンはいかがでしょうか?
たくさんのランナーの情景が見えますよ♪
実は、荷物預かりのボランティア経験有りです。

2014/07/16 (Wed) 18:45 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest