父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

10年前の大久保嘉人選手の思い出♪

今年は、FIFAワールドカップイヤー。
私は、中学・高校ではサッカー部。
元サッカー小僧としては、早くも燃えている。

サッカー王国ブラジルで開催。
サッカーと言えば、ブラジル代表。
中学生の頃から、ブラジル一筋。ブラジル LOVE(笑)



ブラジル代表は、カナリア軍団の愛称で呼ばれる。
代表ユニフォームがイエロー(カナリア色)基調だからだ。

私は、ランニンググッズでは、イエローを好んで選ぶ。
間違いなく、ブラジル代表の影響(笑)

もちろん、日本代表の闘いも楽しみ♪
日本人であることは忘れてない(笑)

注目は、大久保嘉人選手。
サプライズ選出と言われている。

日本代表から遠退いていた存在。
果たして、試合に出場することはあるのか?
個人的に注目している。

大久保嘉人選手のプレーは、10年前に、ジェフ市原・千葉のスタジアム「市原臨海競技場」で観戦したことがある。

当時、大久保選手は、セレッソ大阪所属。Jリーグの公式戦だった。

大久保選手は、アテネオリンピック代表。
若手プレーヤーの中では、注目される存在。

どんなプレーをするのだろう?
スタジアムでの動きに注目していた。

観戦した感想。

なんて汚ないプレーヤーなんだ(笑)

とてもずる賢いプレーヤーに見えた。
そんなに、大袈裟に、わざとらしく倒れるなよ!と感じた(笑)

倒れる度に、大久保選手は、レフェリーに対し、オーバーアクションで「なんでファウルを取らないんだ!」とアピール。

スタジアムの観客は、ファウルじゃないだろ!とブーイングを飛ばしていた(笑)

サッカーでは、負傷を装ったり、ファウルをされたふりをして、レフェリーを欺く行為をシュミレーションと呼ぶ。

“フェアプレーの精神”に反する行為として、目に余る場合は、レッドカードで一発退場。

10年前の大久保嘉人選手は、シュミレーション連発。
イエローカードをもらっていた(苦笑)

日本人プレーヤーは、シュミレーション行為をあまりしない。
当時の大久保選手のプレーを観て、汚ねぇ!と思いつつ、勝負に対する根性があるなとは感じた。

ベテランプレーヤーになった大久保選手。
最近のプレー振りは知らない。

勝負への根性をどう表現するか?
シュミレーションするのか?

試合に出てほしいね♪

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest