父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

村上春樹氏 サロマ湖ウルトラ完走記を読んで

久し振りに、村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」を読んでみた。



市民ランナーであれば、読んだことのある方は多いのではないだろうか。

今回、読んだのは「サロマ湖100㎞ウルトラマラソン」の部分だけ。

最近、ウルトラマラソンに興味が芽生えている。
村上春樹さんがエッセイに書いていたなと思いだし、読み返してみた。

一流の小説家の表現力・描写力は、当然だが、一味も二味も違う。
自分のブログも、巧みな描写を真似できればと思うが、まぁ無理やね(笑)

読んだ感想。
ウルトラ初挑戦は、限りなく、非日常的、機械的、自動的な世界だと感じた。

村上氏は、レース中盤戦で、「身体の各部分が、入れ替わり立ち替わり、立ち上がってそれぞれの痛みを声高に訴える」と表現する。

ところが、レース後半戦になると、身体の各部分が訴えを申し立てることを諦めたようだと描写。
「もう誰もテーブルを叩かず、誰もコップを投げなかった」と表現する。

いかにも、村上春樹流の言い方ですねぇ。

えっ?何言ってるか、わからない?
そうかもね(笑)
わからない方は、原本をお読み下さい。

一言で言えば、ウルトラマラソンは大変そうだ!と言うことだ。

うむ。分かりやすい。
表現力は小学生レベルだな(笑)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
スポンサーサイト

Comment

まや  

だいたいこんな感じですね

僕も読んでみましたヾ ^_^
村上春樹は高校生の頃からずっと読んでて
単行本を買うのもこの人だけなのですが
「走ること〜」については、色んな意味で読みにくく
(マラソン観とかが大きく違っていたらイヤだなぁとかw)
買ってからそのままで置いていたんです(^_^;

で、いい機会だと思ってサロマのところだけ読みました。
ウルトラ100kmって、だいだいこんな感じですね(^_^)b
(サロマと水都ではコースの違いはありますが…)

でも、村上氏は50km走などのウルトラ用のトレは
一切されてなさそうな感じでした。
だから、脚が固まるのが早かったように思えます。
そして75kmあたりの「抜ける」と表現されてる感覚は
僕は初ウルトラの際で90kmくらいでした。
この辺がフルマラソンとは違うところでしょうね。
フルは「抜ける」前にゴールが来ますからw

でも、初ウルトラで歩かなかったのは凄いと思いますね。
僕も2回目は歩きませんでしたが。
週末のフルマラソンが終わったら、4月のウルトラに向けて
過去のレースレポとか、ウルトラ用のトレとか
自分のブログで記事にしたいと思ってます。

以上、長コメ失礼しましたm(__)m

2014/02/11 (Tue) 17:29 | EDIT | REPLY |  

BJ  

Re: だいたいこんな感じですね

>まやさん、
おぉ、わざわざ読んで頂けたのですか(^^)v
ありがたいですね♪

ウルトラ100kmのイメージに合うようですね♪
村上さんは、豊富なランニング経験のもとに、トライされたのではないでしょうかね?
挑戦されたのが1996年ですから、今の時代のように、ランニング情報が簡単に入手できる時代ではなかったと思います。
フルマラソンの延長のイメージで走られたと思いました。
「抜ける」感覚が早く訪れたのは、このイメージが原因かな?と思ったりしてます。

ウルトラでは、戦略的に歩くことはあるかな?と思いますが、まやさんも2回目は歩かなかったのですか。
凄いもんですね。私は、どこかで必ず、歩いたり、休んだりしそうな気がします。

4月にウルトラマラソン参加されるんですね♪
記事、参考にさせてもらいます♪
それで、挑戦するかどうか?決めるかも(笑)

毎度、アドバイスありがとうございました(^_^)/

2014/02/12 (Wed) 06:16 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest