FC2ブログ

ランニングフォームを意識しながらの早朝5㎞閾値走

トレーニング
10 /11 2018


MINATO CITYハーフマラソンまで残り55日。
はが路ふれあいマラソンまでは、残り66日。

アップルマラソンは中止になったが、気持ちを切り替えよう。フルマラソンのダメージがない分、空けずにトレーニングを踏める。
MINATO CITYまではスピード強化を意識したいと考えている。

本日早朝、5㎞閾値走にトライ。
2㎞アップ、2.5㎞ダウンジョグ。
5時半頃の気温は18.4度。雨上がりのため、蒸し暑く感じた。



閾値走ペースとして、サブ4ならば5:05/㎞ペースでいいのだろう。

しかし、父ちゃん、ハーフマラソンならキロ5で走れる。
なので、閾値走ペースは4:50/㎞で走りたいと考えていた。

結果は平均値4:46/㎞。悪くない数字だ。
ものすごいキツかったけど。早朝に大丈夫かいな(笑)

ラスト1㎞。
苦しみながらもランニングフォームを整えることを意識して走る。

少し前傾を保つ。真下着地で後ろへとストライドを自然に流す。

昔は、苦しくなってもスピードを上げようとすると、ストライドを前に伸ばそうとしていたと思う。

前には伸ばさず。真下を意識する。
気持ち楽に走れる感覚があった。

体感的にはペースが落ちたかな?と感じていたが。結果は4:35/㎞ペース。

いい数字。ランニングフォーム改善がちょっぴりとでも効果ありなのかな。

ランニングピーク時の四年前の頃は、フォームを気にしたことはなかった。名伯楽小出監督流に自然に任せていた。

加齢な55歳でも前進するためには、フォームを工夫。のびしろは試したことがないことにあり。

ええで、ええで。

父ちゃん、気分はアスリート再び(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。