FC2ブログ

加齢な感覚とそのテーパリング

父ちゃんの独り言
10 /02 2018
近頃、加齢やなと感じることがある。

日常では、食が細くなったこと。

以前は、「男なら大盛りが当たり前」「おかわりせざるは男の恥」などと吹かしていた。

しかし、「ご飯大盛り無料・おかわり無料」の店で、店員さんから「ご飯はどうしますか?」と聞かれると、「普通で」と答えるようになった。

隣に座っていた客が「おかわりお願いします。」と頼んでいる姿を横目で見ながら、(あなた、チョイと太めやね)と感じたりする。


人の名前が出なくなったかなと思ったりもする。

かみさんと「ほらほら、なんだっけ、あの人。え~と、あの人だよ、あの人。」と顔は思い浮かぶのに、名前が出てこない。

職場でも、「あれ?あいつ、名前なんだっけ?」
こっそり名簿を出し、名前を確認する機会も増えたかもしれん。


ますます目覚めるのも早くなっている。下手すると午前三時。

う~む、起きるには早すぎると眠ろうとしても眠れない。
うだうだとふとんの中で過ごすことが増えた。

午前四時に目覚めると、「よし、今朝の起床はまともやな」と感じる。


まぁ、加齢な現象は仕方ない。実際、55歳なんだから。気にしてない。

仕事でも丸くはなったかな。血気盛んではない。淡々と。

ランニングしていても、疲れが抜けにくくなったかなぁ。
以前なら、1日休めば抜けたような疲労が微妙に残っていると感じることもある。



新なバイブル"40代から最短で速くなるマラソン上達法”

この本からのフレーズ。

”レース直前2日間は完全オフ”

”レース直前は刺激を入れるより脚を温存”

”体力の衰えを自覚している中高年であれば、疲労抜きを第1に考えるべき”


今回のテーパリングは、この考えに従う。

「ある程度脚を重く仕上げた方がいい」との伝統的指導には従わない。



本日早朝、ゆっくりじっくりと疲労抜きジョグ。8㎞。62分。

中央公園の寒暖計の気温。朝6時20分頃で15.2度。
アップルマラソンの地、弘前のスタート時の気温はこの程度かな。
ノースリーブシャツ一枚でOKだね。

アップルマラソンまで残り5日。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。