父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

お門違いな相談

とある方から、電話が入る。久しぶりに。相談したいことがあるという。

どんな話ですか?チョイと聞いてみる。

ある人と会うことになっているのだが、そのことについて聞きたいと言う。

相談内容は、父ちゃんの専門分野に関わる。あ~いいですよと答える。

じゃあ、そちらに行きますからと電話を切られ、待つこと約5分。父ちゃんのところまでお越しになられる。早めに目処をつけたいのだろう。

会って再び話を聞く。

しかし、父ちゃんが、明確な回答をできる話ではないことが直ぐに分かる。

なんで、オイラに相談するのかなぁ。オイラより、あっちに聞けば早いのになぁと感じる。



ある程度のガイド的な話をする。
そして、もう少し詳しい話を調べたいなら、あちらに相談した方がいいよと道筋を示してみる。

「この手の話は、(父ちゃん)さんに聞くのがいいと思いまして。ありがとうございました。」と立ち去られる。

昔の仲間に頼られるって悪くない。何かあるときに思い出してもらえるのなら、光栄だ。

父ちゃんも気が長くなった。50半ばにして、ようやくって感じだが(笑)

仕事に振り回され気味な若い頃の父ちゃんなら、電話口で、「そんなことはあっちに聞け!あっちの方が早い!」と払いのけたかもしれない。
いや、払いのけていた(苦笑)

今はそんなことはない。多分ね。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest