父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

快楽のテニスを求めた結果

「何でもかんでも前に出ようとしない方がいいと思いますよ。
いいアプローチを打てたときだけ出た方がいいんじゃないでしょうか。」


快楽のテニスを求め、昨日のシングルステニスオフでは、とにかく前に出ることにした。

冒頭のアドバイスは、対戦した主催者さんの言葉。
先週のシングルステニスオフでも対戦したのだが、父ちゃんが6ー3で勝利。

先週は父ちゃんのサーブ&ボレーに戸惑ったらしい。
昨日はどのように闘うか、対策を考えられていたそうだ。

で、父ちゃん、4ー6で返り討ちにあってしまった。

主催者さんによると、先週はネットに出て来られると、プレッシャーを感じ、慌ててしまったとのこと。
が、甘いアプローチショットであれば、落ち着いて、パッシングしたり、ロブを上げたりすれば対応できると考えられたそうだ。

恐れ入りました。考えてプレーされましたね。
父ちゃん、快楽を求めた特攻作戦では、負けても当然ですな(笑)


で、昨日のシングルステニスオフの結果。

0ー6
4ー2
4ー6(主催者さん)
4ー6
4ー3


前に出る特攻作戦。
気分的になんとも微妙な結果になった。
勝てるテニスではない。勝負事である以上、勝てなければスッキリしない。



単純に前に出るだけではダメ。もう少し粘り強くプレーをしないと。

今日もシングルスのテニスオフに参加する。今日は、ストロークで粘ってみるとするかな。

日々のささやかな変化。
テニスは考えたことが直ぐに結果に現れる。刺激になるね。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest