父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

停滞期に入ったと感じるテニス



「テニスって難しいですよねぇ~どうしたら、上手くなれますかねぇ?」

日曜日のテニスオフで、他の参加者に素朴に質問してみた。

テニス再開して、早5ヶ月。テニスオフの参加回数は31回になった。

再開当初のテニスエンジョイ感覚から、プレーのレベルを上げるためにはどうするか?を意識するようになりつつある。

気楽に楽しむ感覚から、勘が戻ってきた中での停滞期にありがちな悩み。

アスリート的なスポーツの醍醐味は、ここからでしょうね。



「週2回は必ずテニスをやる。」

「スクールに通ってみる。」


返ってきた答え。
真剣に聞いたわけでもないので、当たり障りがない感じでしたね。

プレーの質を上げるのは、ほんのチョイとした工夫でいいんだけど、それがどこかが自分では分かりにくい。

日曜日に、少しだけ意識したのは、リターン。
相手のサーブを "打つ" のではなく、コンパクトに "合わせる" イメージでプレーしてみた。
安全確実に返球できると感じられた。成果が出れば、やる気は増す。

相変わらず、フォアハンドが不安定だが、テニス雑誌の技術的記事を見ていたら、テイクバックをコンパクトにした方がいいかなと思い立った。
次回テニスで意識してみよう。

思い立ったことを早朝ジョグで実践できるランニングと比べ、テニスは直ぐにトライできないところがたまにキズ。

果報は寝て待てやね。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest