父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

テニス復活後、初シングルスにチャレンジ



テニス復活後、そろそろ3ヶ月。
一般中級向けのテニスオフで、初のシングルスチャレンジ。

主催者の方と一対一。二時間たっぷり。

父ちゃん、ダブルスの感覚は取り戻してきた。
が、シングルスは、同じテニスでも、また別物。

サーブ&ボレー、リターン中心のダブルスとは違い、シングルスはストロークラリーが中心。
粘り強いプレーが必要だ。

はてさて、復活後、初シングルスはどんな案配になるやら?

満を持してのシングルス。

楽しみ半分、緊張感半分。



【結果】
第1セット 3―6
第2セット 6―2
第3セット 4―1(時間切れ)


第1セットは、スリーオールから、なんとなくミスを重ね、取られる。

第2セットからは、ストロークの強打を止める。
エースは狙わず、一本返すことを心がける。

リードを広げたら、サーブをセンターに叩きこんだ後、試しにボレーに出たりもした。
このプレーは、相手にプレッシャーを与えたようだ。

主催者の方は、テニス歴4年。
40代になってから、テニスを始めたわりには、癖のないプレースタイル。
対外試合にも積極的に参加されているらしい。
5月末に市民大会に参加されるそうだ。

主催者の方は、父ちゃんのテニスをミスが少ないですねと評した。

ナイスショットは、主催者のほうが多かったと思う。が、ミスも多かった。

シングルスでは、同じレベルなら、ミスが少ない方が勝つ。後半は粘り勝ちだったね。

課題と感じたのは、フォアハンドストローク。安定しない。

バボラのピュアコントロールは、飛びすぎる。
かといって、ヘッドのスピードに切り替えると、サーブが今一つ。

気持ちよく振り抜くためには、ストロークの練習が必要ですな。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest