父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

礼服を新調する

先日、とてもお世話になった方のお葬式で、受付を務める機会があった。
手持ちの礼服を着用したが、買い換えようと感じる。
2~3年前の頃から、新調した方がいいとは思っていた。

手持ちの礼服は、自分自身の結婚式で誂えたもの。もう25年以上前の一品。
年月相当のくたびれ感はあるが、着ようと思えば着れる。
年月を経た礼服も味わいはあるよね。

が、スタイルはダブル、ラペルが太く、肩幅も広い。
バブル期に流行ったスタイル。流行遅れ、ここに極まれり。



サイズはAM。胸囲 92 胴囲 79 身長 170。

結婚当時、小太りだったね。70㎏越えてたし。典型的な社会人太りの時代(笑)

今の身体のサイズには、全くあってない。ブカブカで大きい。服が歩いているかのように見えると思う。

で、紳士服会員セールにかこつけて、礼服を新調した。



極めてスタンダードなタイプにした。
シングル。スラックスにはワンタック。クラシカルな雰囲気。

サイズはA4。胸囲 90 胴囲 78 身長 165。

若い頃より、身長が縮んだな(笑)

ビジネススーツはY5サイズ。
試しに、Y5も着用してみたが、礼服だと多少ゆったり目の方がよかった。なので、Aサイズにした。

胴囲は78だが、アジャスター機能がついているため。
太る可能性も痩せる可能性もあるから、アジャスター機能があると助かるね。

紳士服ショップの店員さんによると、礼服の選択ポイントの一つは、黒色の染め具合らしい。
値段毎に、礼服を並べてもらったが、値段が高くなるに従って、黒色の味わいが増すとは思ったね。

さーて、とりあえず、バブル期の遺産からは脱した。

果たして、再び、25年越えなるか?

四半世紀。振り返ると、あっという間だが、なかなかに重たい年月ではありますな。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest