父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

動揺する女性の電話を聞いて

夕方6時頃。帰宅ラッシュの山手線。

新宿駅を出発した後。
父ちゃんの腰辺りに、ガサゴソとカバンの圧力を感じる。

うん?押されているな?
近頃、とみに増えたスマホエリアの確保かい?

満員電車であろうと、自分のスマホエリアを確保しようとする人が多くなった。

何がなんでも、石にかじりついても。頑なに確保しようとする。

一体、何やってんの?

覗いてみると、ゲーム、ライン、エトセトラ、エトセトラ。

そんなに、緊急性高いのかな?

譲り合いの精神は、どこにいったのだろう?




腰を押されていたかと思うと、「もしもし、もしもし」と、大きな声で電話し始める。声のトーンは、若い女性。

おいおい。
腰を押したかと思えば、車内に響く声で電話かい?

マナー違反、ここに極まれり。

振り返って、不機嫌な顔をぶつけようかと思った、その時。


「もしもし、あ~財布がカバンに入れてたはずなのに、なくなっちゃったの。」


ありゃ?
そりゃ大変だ。慌てるのは当然だね。


「カバンを閉めてたはずなのに、気づいたら、少し空いてたの。調べてみたら、お財布がないの。満員電車で、スラレちゃったかも。」


車内は、シーンと静まり返った感じがした。聞く耳を立てる。

スラレたとしたら、大変だ。


「えっ?警察?うん、わかった。次の駅で降りる。」


そうかぁ。大変だなぁ。

ゆっくりと振り向く。
マスクをした女性。息が弾んでいるように見える。

「次の駅で降りたら、先ずは、駅員さんに相談された方がいいですよ。まずはね。」

余計かもしれないが、女性に一声かけてみる。さほど役に立つアドバイスでもないが。


「ありがとうございます!」


女性は、勇んで降りていった。

これ以上の協力はできない。

チョイと空しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest