父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

『「見かけ」が仕事を決める!』のか?~会議中に、出席者の雰囲気をウォッチング

『「見かけ」が仕事を決める』



「ボロは着てても心は錦」

日本人的には、この言葉の方が訴求力があるかもしれない。

男の服装術ってことで、関連の本を読んだりしてるが、チョイと鼻につく世界だなと早くも感じ始めてる。
商業主義的と感じる本も多い。

ビジネスでは、見かけは大切だと思う。
第一印象って重要だ。
ただ、見かけだけで決まるものでもないよな。
長い目ではね。

外見と内面のバランス。
「オシャレと言われてうちは、オシャレじゃない」って当たってるよね。


先日、ある対外的な会議に出席。
約50名程度の参加者が、広々した会議室で、一同に四角に囲む。

会議といっても、主催者から報告、説明を受けるだけで、意見や質問はほとんど出ないセレモニー的なもの。

説明者の話を聞きながら、さりげなく、出席者の雰囲気を観察してみる。

出席者の大多数は、落ち着いた雰囲気の装い。
ある程度、フォーマルな会議で、ガラの目立つスーツ、ワイシャツは目につくと感じる。

ネクタイをしていない人もチラホラ。
今時、ネクタイをしないぐらいでうるさくは言われない。
が、真冬の時期の対外的な会議でネクタイを身に付けないことは、TPOとしてはどうなのだろう?と感じたりもする。

かしこまった席では、スタンダードで落ち着いた装いがいいねと改めて感じる。


その人の雰囲気は、腰かけた感じからも醸し出される。

テーブルの座り方。
深くは背もたれに寄りかからず、スッと背筋を自然に伸ばして座っている人は、印象がいい。

やや猫背ぎみに、前屈みになっている方は、こじんまりとした印象を受ける。

さすがに、頬杖をついている人は見かけない。


座り方より、目についたのは、むしろ、テーブルの下の足の組み方。

足を組まずに、両足を肩幅と同じくらいに、つま先を大きくは開かずに置いていると自然体に見える。

両足を足首で軽く組んでる人は、結構いる。
会議中、そんな風にしてしまう瞬間はあるだろう。

印象が悪いのは、両足を投げ出すように伸ばして、つま先で軽く組んで、ブラブラとさせている人。
やる気がないように見えてしまう。

最も印象が悪いと感じたのは、次の人。
膝からガッチリと足を組み、そっくり返りぎみに背もたれに寄りかかり、あごがやや上向き。
随分と偉そうで尊大な印象を受けてしまった。


会議中、父ちゃんの斜め前に座られていた方と、一瞬、チラリと視線が合った。

おっと。マズイ。
観察しているのがバレたかも。

一番不埒な輩は、会議中に観察している父ちゃんかもしれない(苦笑)

失礼致しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest