父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

お久し振りの残業で感じたこと

昨日、久し振りに残業。
MKプロジェクト対応のため。質問に対する回答案を作成した。

残業と言っても、夜7時半。残業と語る時間でもない。
30代から40代の頃は、この時間にあがれば早かったもんな。夜8時前に帰れれば早いと感じていたんじゃないかな。

もう昔のこと。忘れちまったなぁ。
今は、定時の5時半になれば、お先に失礼しますだからな。

先日の高校同級生との駅伝大会で、5時半にあがると言うと、「偉くなったのね」と反応された。
その感覚は全くない。実際、俺は、偉くない。小さな職場で淡々と生きているだけだ。

早く退社する奴と言うイメージは、とても大切だ。
イメージさえ定着すれば、怖れることはない。



帰宅は、夜9時前。
先に夕飯をとり、ボヤボヤしていたら、一人娘に風呂に入られてしまった。
夜11時半頃から、海外ドラマ24をDVD鑑賞しながら、のんびりと風呂に浸かる。

話はそれるが、24のシーズン3で、CTU本部長のライアンシャペルが、テロリストの殺害命令を受け、大統領指示の下、ジャックバウアーに射殺されてしまう。
この展開は、さすがにない。後味悪すぎる。

で、寝たのは、結局、夜1時前。

で、今朝は6時前に起床。時間的に走るのは無理。

ふむ。
早朝ジョグができるのは、早く帰れるからだな。恵まれているよな。おれ。



再び、高校同級生。
早寝早起きの生活をしていると言うと、「理想的な生活だね。」と言われた。

確かに。
久し振りに残業すると、そうかもなと改めて感じたねぇ。

繰り返すが、残業と言うほどのものではない。

現在の環境に、感謝する必要があるかもしれないな。

人間万事塞翁が馬。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest