ヘッドグラフィンスピードMPとスリクソン REVO CX2.0

テニス
09 /10 2017


マイラケットのヘッドグラフィンスピードMP。
スリクソン REVO CX2.0と比較しながら、シングルスのテニスオフで使ってみた。

一言で言うと。

スピードMPは、スリクソンより飛ぶが、スピードがあり、スピンが自然にかかる。

スリクソンは、スピードMPよりコントロールに優れる。狙ったところに飛んでくれるが、スピードのノリは落ちると感じた。

父ちゃんの求めているものは、ラケットを振りきってもコートに収まってくれるコントロール性。
とすると、軍配は、スリクソンにあがると感じた。

しかし。



本日、シングルスのテニスオフを二時間+二時間で、合計四時間プレイ。
昨日のシングルスの疲労も重なって、後半の二時間はバテバテになり、身体が動かない状態になってしまった。

すると。

しっかりと振り切る必要があるスリクソンだと、力の足りないボールしか返球できなくなってしまう。
スピードMPの方が楽にプレイできる。

ウ~ン、父ちゃん、50半ばなのだから、ラケットのパワーを活用するようなプレイの方が望ましいかねぇ。

ラケット選び、迷路に入り込んだかな。
選択肢が多過ぎて、選ぶことに疲れも感じ始めてるしな。

ややこしいと思い出したら、とりあえず、放っておくのがいいね。

大山鳴動して鼠一匹?


スポンサーサイト

4本の試打ラケット 再び

テニス
09 /10 2017


現在、新相棒の本命は、スリクソン REVO CX2.0

使用感を比較するため、さらに三本の試打ラケットを借りてみた。

○ウィルソン プロスタッフ97
○ウィルソンブレード98CV
○バボラ ピュアストライク100


プロスタッフ97は、先週借りて好感触だったもの。

ブレード98CVは、ボヨンと飛んで合わないと感じたが、ラケットカウンセリングでは一番のオススメだったので、もう一度だけ試そうと思った。

バボラのピュアストライクは、フラットストライカー向きのキャッチフレーズに引かれて試したくなった。


シングルスのテニスオフで、試してみる。

朝7-9時に、シングルス三試合。

場所を変えて、午後1-3時に、シングルス二試合。



で、結論。

やはり、シングルスの試合で使うなら、スリクソン REVO CX2.0
ストロークで振りきれる安心感は、ピカイチ。

他の三本のラケットは、どれもボヨンと飛ぶなぁと感じた。
プロスタッフ97は、先週は飛ばないと感じたのに意外な結果。

但し、スリクソンで気になったのは、固いと感じたこと。
ガットは50ポンドで張っているのに、固くて、ボールの伸びが今一つと感じた。


帯に短し襷に長し?


ウ~ン、スッキリしないねぇ。

ラケットを変える必要あるのかな?
新しいラケットを買わずとも、今の相棒、ヘッドグラフィンスピードMPでいいのでは?

堂々巡りな気分やねぇ。

こんだけ試して、ラケットを変えないってあり得る?と思ったりする。
が、慣れた相棒で、プレー振りがさほど変わらないなら、変える必要はない。

てなわけで、今日のシングルスのテニスオフでは、マイラケットとスリクソンを比べてみるとしましょ。


BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。