勝つためのテニスと快楽のテニス

テニス
02 /28 2017


先週末のテニスオフ。
ダブルス平行陣をテーマにしたレッスンを受けてみた。

「今までの打ち方を変える気持ちのある方」

レッスンテーマのひとつとして掲げられていた。キャッチコピーに釣られたね。


コーチのアドバイスは、要約すると、以下のとおり。

①打点を前にとらえすぎない。

②突っ込みにいかない。上体を立てる。

③ダブルスでは、緩くても、ネット付近にドライブをかけて落とすボールが有効。

④フラットで直線的なボールは、面を合わせるだけで、返されてしまう。

⑤ローボレーで無理な体勢で返球するくらいなら、ワンバウンドで楽に返した方がいい。

⑥スピードで圧倒するテニスより、緩くても、相手が嫌がるボールを打つ方がいい。


勝つためのテニス。
確かに、緩くネット際に落とした方がイヤらしいテニスにはなるだろう。
アドバイスに思い当たる節はあった。


が、僭越ながら、レッスン後、勝利だけを目指すテニスって面白いのだろうか?と素朴な疑問が持ち上がった。

父ちゃん、しょせん、素人なウィークエンドプレーヤー。
勝つことを考えて、緩くドライブをかけたボールを打つより、フラットで力強く叩いたボールを打つ方が圧倒的に気持ちいい。

レッスン中、我慢して打つ感じになる。
我慢して緩く返すより、ガツン!と打ちたいと思ったりしていた。



で、思い出したのが村上龍著作「快楽のテニス講座」

30年ぐらい前に読んだ本。
表紙の村上龍、若いよね。

もう手元にないので、正確な内容は覚えてないが、「勝つための卑しいテニスより、高貴で快楽なテニスをしよう。」という印象が残っている。

トップスピンでつなげるだけのテニスではなく、優雅で美しいフラットボールを打とうって、書いてたと思うね。村上龍特有の表現で。


この本に書いてあったことは、今の時代のテニス技術には合わないところもあると思う。

プロのトップスピンは、つなげるだけではなく、ウイナーを取りに行ってるもんね。ボルグのテニスとは違うよね。

だけんども、ただ勝つことより、気持ちいいプレーをしよう!

この精神は、ウィークエンドプレーヤーには重要だと思うね。

まさに、人生はラテン系だね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

京王プラザホテル~スイーツバイキング

父ちゃんの独り言
02 /27 2017

熊本城マラソンの完走記念!

ってなことで、かみさんプレゼンツにて、スイーツバイキングへと繰り出した。



ストロベリーフェア開催中。

一人娘も、一緒に食べに行くと言う。
一人娘は、スイーツより焼き鳥派。お珍しい。



かみさんは、だいぶ前から予約していたようだ。人気らしいね。



で、一皿目。
スイーツ溢れる中、お口直しで、唐揚げ、春巻き、イカのフリッターを入れたりしている。



で、二皿目。
お口直しは、サラダ&サンドイッチ。



出来立てのパンケーキ。
店員さんが運んできてくれました。



他にも、とちおとめ、フルーツ、ホットドッグ等々、盛りだくさん。

飲み物も、各種フルーツジュース、コーヒー、ハーブティー等など。バラエティに富んでましたね。

スイーツバイキングのポイントは、お口直しの軽食だと思いました。
スイーツを食べつつ、揚げ物を食べたりすると、落ち着きます。

午後3時から二時間のバイキング。
たっぷりと堪能させて頂きました。

夕飯は、無しと致しました。

期せずして、昼夜兼用でございました(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

テニススクールにて体験レッスン

テニス
02 /25 2017


テニスの勘を取り戻すためには、スクールに通うのもいいかな?
と思って、平日ナイターのお試しレッスンに参加してみた。

コーチは女性。気さくに話しかけてくる。
レッスンになると、次から次にメニューをテキパキとこなしていく。

素人が集まるテニスオフとは、トレーニングの密度が違う。プロやね。

コーチのボールを受けて感じたこと。
ボールに伸びがある。軽く打っているのに、手元でグッと食い込まれる感じがある。

本気で打たれたら、手も足も出ないだろうな。
当たり前だけど。

コーチは、サーブのフォームもカッコいい。
こんな風に打ちたいと感じさせる華麗なフォーム。

父ちゃんのサーブがフットフォルト気味だと直ぐに見抜かれてしまった。
もう少し右足を粘った方がいいとアドバイスを受ける。


父ちゃん、学生時代、30年前ですけど、テニススクールのアシスタントコーチをしていたんですよ♪


……………ってなことは、口が裂けても言えない。
そんなことを言う前に、空振りするなよって感じだよね。

おっと。
チャンスボール!と思って、スマッシュを打つべく、ラケットを振り切るも、ボールの手応えがない。

あれ?
振り返ると、ボールが背中越しにポーンと軽く弾む。

あちゃー(^^; ド派手な空振り。

コーチも、一瞬、絶句したような雰囲気を感じ取ったのだが、気のせいだろうか(笑)



レッスン中に、男性プレーヤーから声をかけられる。

「相当やっていたんですか?」

手前味噌だが、父ちゃん、学生時代にもフォームは綺麗と言われたりしていた。
一応、まだ、綺麗に打っているようには見えるのかなぁ。

「えぇ、一応、学生時代にテニスをしてました。30年前の古い話なんですけどね。」

「遠慮せずに、ガンガン打っていいんですよ。」

「いや、遠慮はしてないです。これでも精一杯やってます(笑)」

そうなのだ。一生懸命プレーしている。

その場その場で、一瞬、集中する。

スイートスポットを外すことは、数知れず。

ミスを連発したとしても、めげずに集中。

いいね、この感覚。甦るね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

プロとの仕事

父ちゃんの独り言
02 /24 2017
今、業務の関係で、とある専門家のアドバイスを受けながら、仕事を進めている。

この専門家。
アドバイスをお願いする前に、経歴を秘かに確認したのだが、錚々たるもの。

どんなエリート然とした方が来られるのだろう。
初対面でご挨拶させて頂くとき、楽しみにしていた。

第一印象。
物腰が控えめで、優しげで落ち着いている。
アドバイス業務の話になると、端的に、説明。余計なことは言わず、コンパクトに結論付けていく。
低めな声のトーンが説得力を増す。

無駄口の多い父ちゃんとは、大違いやな(笑)


本日の打ち合わせでも、明確かつ的確なアドバイスを頂く。とてもありがたい。

専門家と言っても、話が長いとか、そんなことは聞いてないとか、メールの表現がわかりにくいとか、チョイと偉そうだなとか。
もろもろ感じることはある。

人間のやることなのだから、専門家といえど癖はある。

が、今、お世話になっている専門家の方は、そんなことは一切感じない。

とにかく落ち着いていて、控え目ながら、明快。
相手がプロだと、こちらもプロ的に対応しなきゃと思う。

余計な世間話はしない。父ちゃんとしては、珍しい(笑)

父ちゃんも50代なんだから、人生はラテン系♪ばかりではなく、少なくとも、仕事では、落ちつかないとね。

何を今さら?って感じだけど(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

がまだせ!熊本での個人的ナイスショット

父ちゃんの独り言
02 /23 2017

【路面電車~熊本城】


熊本都心部に走る路面電車。背景に、熊本城がそそりたつ。

路面電車に、昭和的な風情を感じるのは、東京人だからだろうか。
東京では、路面電車は荒川線を残すだけ。地下鉄網の発達で、廃れてしまったよね。


【くまモンさん】


マントを羽織るくまモン。仲良しのシンボル。
足裏を撫でると、友達が増えるらしい。
ナデナデ。


【あんたがたどこさ】


あんたがたどこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ♪




【山水亭のラーメン】


熊本グルメと言えば、ラーメン。

宿の仲居さんに、地元オススメのラーメン屋を尋ね、紹介を受けた店。
仲居さんによると、某有名店は、味にムラがあるため、仲間内でよく行くお店だそうだ。

惜しみなく盛られた豚の角煮。旨いっじゃないスカッ♪


【巻誠一郎】


アーケード街に飾られた「巻誠一郎」の写真。

元サッカー日本代表。
ジーコジャパンでサプライズ選出されたが、人々の記憶には残っているだろうか。
どんな状況でも、がむしゃらに走り、ボールを追いかけ続ける、ひたむきさ。
ロアッソ熊本でも走り回ってるかなぁ。


【お手製ポンチョ】


熊本城マラソン受付にて配られていた優れもの。
寒さよけで使ってくださいとのこと。うまい絵だよね。ありがたいね。

キャラのお腹に「ド」名前がついてる。
このキャラはなんだろう?

答えは、ドン・キホーテの「ド」
熊本城マラソンを走っているときに、ドン・キホーテ店を見つけて、「あっ、あれだ!」と疑問が氷解。

かみさんと喜び勇んだとさ(笑)


【がまだせ!熊本!】


「がまだせ!」は、熊本弁で「がんばれ!」という意味。
街中のあちこちで、見かけたメッセージ。

「東京から来ました。」と話すと、熊本の方は、おしなべて、「わざわざ東京からですか。」と暖かみを感じる言葉をかけて頂いた。

祈る、復興。

ありがとうございました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

春の嵐 羽田空港 大混乱~遅延の機内にて

父ちゃんの独り言
02 /22 2017

熊本城マラソン翌日。

市内散策後、リムジンバスにて熊本空港に到着。
熊本空港17時10分発羽田行きのフライト情報を確認する。

おや?
先発予定の東京便が、1時間以上も遅延と出てるな?
父ちゃんの便は、予定がまだ出ていない。
東京は、春の嵐か。大丈夫かな?

一息入れるために、イスを探す。
待ちぼうけを食らっている乗客が多いのだろうか。空いているイスが見当たらない。

ようやくイスを見つけると、かみさんはトイレへ行き、父ちゃんは荷物番。



空港内で、父ちゃんの便の出発情報がアナウンスされる。
15分遅れで、17時25分出発予定とのこと。

あれ?
先発予定の便に比べ、ずいぶん出発が早いね?
飛行機の便の順番は、そういうものなのかな。


空港で締めのお土産を買い、荷物検査のゲートをくぐる。



ゲート通過時に渡された確認書には、25分遅延とある。微妙に、遅延時間が伸びたな。

空港では、「東京が強風のため、状況によっては羽田空港には着陸できず、関西空港に向かうことがございます。ご了解下さい。」とのアナウンスが何度も響く。

了解できる人なんているの?
と思いつつ、仕方ないと思いつつ、まさか、そんなことにはならんでしょと楽観しつつ。

飛行機は、25分遅れの17時35分に出発。

飛行が安定した18時過ぎ。

機長「羽田空港には、風の影響次第ですが、19時20分頃に到着する予定です。遅れまして、申し訳ありません。」

30分ぐらいの遅れなのね。その程度なら、別にいいでしょ。


18時50分頃。

機長「これから着陸態勢に入ります。強風の影響で、飛行機が揺れる可能性がありますので、皆さま、シートベルトをしっかりとご着用下さい。」

いよいよだね。意外に順調だね。

19時頃。

機長「先程、着陸態勢に入ると申しましたが、強風の影響で、羽田空港への着陸を待つ飛行機が滞留しております。
着陸態勢には入らず、待機することにします。」


ありゃりゃ。簡単にはいかないね。

19時10分頃。

機長「現在、伊豆大島上空で待機しております。着陸の指示が出るまで待機することになります。」

19時20分頃。

機長「羽田空港への着陸を待つ飛行機が数10機おります。このまま、待機を続けます。」

数10機?
まだまだ、時間がかかりそうだな。

19時30分頃。

機長「現在、千葉沖で待機しております。
次の指示は、10分後になると管制官から連絡が入りました。
次の連絡が10分後にあるというだけで、着陸の指示が10分後に出るわけではありません。」


ふーむ。細かいこというね。
かみさんも指示があるかどうかは、乗客には関係ないよねと言う。同感。


父ちゃん、待機する間、機内オーディオ番組で、落語を楽しんでいた。

爆笑に次ぐ爆笑!

酒や鍋料理を楽しむシーン。

ゴクッ、ゴクッ、
フゥ、フゥ、ズルズル、アフアフ、ヒュウヒャア、ホフフ、アヒアヒ


音を聞いてるだけなのに、リアルな臨場感。
番組から流れる会場の雰囲気も拍手大喝采!
父ちゃんも会場にいたら、手を叩いて喜んだろうな。

なので、待機時間は全く気にならなかった。落語は偉大。

声を出さずに笑っていたつもりだけど、ゲラゲラと笑う表情は、端から見ると変だったろうね(笑)


20時チョイと前。

キャビンアテンダント「皆さま、大変お待たせしました。着陸態勢に入ります。
機長からの指示で、ただ今より、キャビンアテンダントも座って待機致します。
恐れ入りますが、皆さま、シートベルト着用を、各自で、今一度ご確認頂きますようお願いします。
強く揺れましても、飛行機は安全ですので、ご安心下さい。」


キャビンアテンダントも座って待機?
こんなこと初めてやなぁ。
相当揺れる可能性があるってことかな。
ホントに安全なのかいな。

チョイと緊張感が走るが、お任せするしかない。

キャビンアテンダントの座席近くの二つの電話が、ピピッとなる。
キャビンアテンダントのお二人がパッと立ち上がり、カチャ!と電話を取る。

お二人の電話を取るタイミングは、ピタリと同時!
即座に電話をつかむ仕草が抜群に凛々しかった。
統率がとれている。絵に描いたような素早さ。

お気楽父ちゃん、かみさんに話しかける。
「今のカッコよかったね。もう一回見たいね。電話、もう一回、鳴らんかな。」


機内のテレビ画面が着陸状況を映し出す。
夜の暗闇を飛行機が進む。
キラキラと星が輝いてるように見える。

暗いねぇ。
飛行機の運転コントロールって、どうしてんのかね。素人には想像つかんな。

滑走路の誘導灯が点々と長く連なっている風景が映し出される。
いよいよ着陸。頼んます、機長。



着陸した瞬間の衝撃。毎度、緊張する。
無事に着陸。強風の影響での揺れは、特に感じることはなかった。

よかったねぇ。やっと着いたかぁ。
20時40分ね。約2時間遅れか。

キャビンアテンダント「お客様、飛行機から降りた後、バスにて空港までご案内します。バス到着まで、今しばらく、お待ち下さい。」

あ~~~バスかぁ。
機内では、ため息が漏れる。



止まった瞬間、乗客は一斉に立ち上がり、荷物を下ろす。先を急ぎたい。我先な感じが漂う。

キャビンアテンダント「お客様、大変申し訳ありませんが、バスの到着が遅れております。もうしばらくお待ち下さい。」

ありゃりゃ。バスも手一杯なのかな。

乗客は、立ち上がったまま、じっと待ち続ける。

キャビンアテンダント「お客様、バス到着はかなり時間がかかりそうです。
座席にお座り頂き、お待ち下さい。
お急ぎのところ、本当に申し訳ございません。」


乗客は、一斉に座席に座り直す。

父ちゃん、座り直した直後に、ANAの機内オーディオ番組は、まだ、やってんのかな?とヘッドフォンをつけてみる。

落語。やってるよ。さすがやね。
何がさすがなのか、よーわからんが(笑)


ほどなくバスが到着して、機内を歩いてるとき。

キャビンアテンダントさんが、「大変に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。」と、何度も何度も、頭を下げ続けている。
ほとんどの乗客が無言で通りすぎていく。

キャビンアテンダントさんが悪いわけじゃないけどな。

父ちゃん、キャビンアテンダントさんとすれ違う瞬間、声をかける。

「お疲れ様でした。ありがとうございました。」

キャビンアテンダントさんの瞳が、一瞬、輝く。

君の瞳に恋してる。

父ちゃん、綺麗な女性の煌めきに弱いのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

熊本城マラソン~夫婦ファンランの結果

フルマラソン全国制覇
02 /20 2017


無事に完走!

加藤清正公を勇ましくモチーフにした完走タオル!
チョイと目を引くカッコよさですね。



少し暑いぐらいの快晴に恵まれ、気持ちよく走り抜けることができました。

途切れない応援!最高でした。

熊本でのニュースによると、沿道には23万人もの方が応援に駆けつけてくれたとのこと。過去最大だそうです。

熊本地震後の大会。
開催が危ぶまれたようですが、熊本の想いを感じます。

スタッフの皆さま、沿道の皆々様、暖かい応援ありがとうございました。





結果は、5時間39分37秒!(ネットタイム)



とても疲れましたねぇ。

夫婦ファンランと言えど、フルマラソンは甘くない。
体力的に、年々キツくなる感じがします。

単に、練習不足かもしれませんが(笑)

お疲れさん!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

熊本城マラソン前日受付~熊本城へ

フルマラソン全国制覇
02 /19 2017


いざ、熊本!

羽田空港から阿蘇くまもと空港まで、空路は約2時間。

到着すると、早速、看板でお出迎え。



リムジンバスで都心部に。

アーケード街をブラブラと散策。





アーケード街のど真ん中にある創業1934年(昭和9年)の老舗中華料理「紅蘭亭 下通本店」にて、ランチ。名物「大平燕」。



熊本城マラソン『エキスポ』会場にて。

目標は、5時間59分59秒!



父ちゃん、6時間59分59秒にしようと言ったのですが、かみさんの意向で、1時間減らしました(笑)

熊本城は、震災の影響で見学は禁止。

遠目に眺めて回りましたが、天守閣の瓦が崩れていたり、城壁が崩れていたり。
震災の影響を感じます。



出発前は、震災の影響が残る中、マラソンを走らせてもらっていいのだろうか?と内心思ってましたが、歓迎ムードを感じました。



宿の仲居さんの話によると、ようやく落ち着いてきたとのことです。
熊本現地としては、観光に訪れてもらって、「食べて、飲んで、盛り上がる」ことが、熊本の応援になり、復興にもつながるようです。



熊本と言えば、やはり、くまモン!

熊本路、楽しみに走らせてもらいます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

熊本城マラソンへ

フルマラソン全国制覇
02 /18 2017


『熊本に行くんですか?大丈夫なんですか?』

金曜日。
仕事の打ち合わせ後、来週月曜日はお休みを頂きますので、火曜日以降にご連絡下さいとお断りする。

もしかして、マラソンですか?と聞かれる。
打ち合わせをした方は、マラソン経験者。
父ちゃんが月曜日休むと聞いて、ピンときたのだろう。



『大丈夫だと思います。大会事務局の気合いをとても感じてますので。』

熊本城マラソン事務局のFacebook情報。
連日、充実している。

絶対に成功させる!

強い意気込みを感じる。

いざ、熊本!

復興に願いを込めて、走らせて頂きます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

久し振りに、西新宿deep zoneへ

Music
02 /17 2017
過去記事を読み返してみた。懐かしいね。

【過去記事 2013/12/27】
聖夜に、西新宿deep zoneに潜入レポ 後編

ブートレグのアドバイスをしてくれた店長。

元気かなぁ。

その後、一時期、ブートレグにハマって、店長とは顔馴染みになったけど。

2014年4月にライヴ参戦した『JEFF BECK in 東京Dome City Hall』以来、足が遠ざかっちゃったね。

2年近く行ってないんだなぁ。月日の経過は早いねぇ。

店長、父ちゃんのこと、覚えてるかなぁ。

目指すは、『Guns N' Roses in さいたまスーパーアリーナ』


西新宿某マンションの某一室。

相変わらず、雰囲気はdeep。
でも、臆すことはない。何事も経験は貴重(笑)

店に入る。

おっと!
お客さんと会話していた店長と、いきなり目が合う。

店長、おやっ?ってな表情。

その表情からは、父ちゃんのことを覚えているかどうか? 読み取れない。

父ちゃん、軽く会釈する。店長は無言。

ふーむ。
誰なのか、思い出せないって感じかなぁ。

父ちゃん、ブラブラと店内を回る。

おぉ!これだ!見つけた!



さーて。後は買うだけなんだけど。

店長、馴染みのお客さんと、こっちの方が音がいいとか、楽しそうに会話しながら、試聴している。
会話に入り込む隙はない。

うん。
久し振りだし。忘れられたとしても仕方ないね。会計して、帰りましょ。

スミマセン。これ、下さい。

「久し振りだね~~~何年振りって感じじゃない?」

おぉ!
店長、父ちゃんのことを覚えていたか!

「久し振りだね。最近、ライヴ行かなくなっちゃったからね。スミマセンね。」

「そうなんだぁ。(4月に来日する)ポール(マッカートニー)は、行くの?」

「ポールは行かないね。」

「行かないのかぁ。最近、毎年、来てるもんね(笑)」

「ガンズに行ったんだよね。行ったら、店のことを思い出してね。久し振りに来たくなってね。」

「おっ、ガンズに行ったんだ。ガンズなら、これが最高だよ。」

「これ、さいたまスーパーアリーナの二日目だよね。行ったのは、一日目なんだよね。」

「そうかぁ。じゃあ、自分が行ったものの方がいいね。」

「うん、こっちでよろしく。」

「奥さんは元気ですか?」

「あれ?その話、覚えてるの?」

「そりゃあ、覚えてますよ。せっかく来てくれたお客さんのことだからね。」

「よく覚えてるねぇ~~~」


父ちゃん、正直に、とても嬉しい。
さすがやで、店長。

「この商売も厳しいからね。この辺りでも、何店も潰れたけど、なんとか生き残ってますよ。」

「さすがやね。次は、(6月の)スティングに行くから。その頃、また、来ると思うよ。」

「スティングね。」


店長、ニヤリと笑う。
いい味、出してるんだよなぁ。

ついでに、買ったもの。



KISS!1978年武道館ライヴ!

父ちゃんの記念すべき、初ライヴものを発掘!

父ちゃん、当時、中学三年生やで。若すぎるで(笑)

ブートレグ、バンザイ\(^_^)/

サンザイ、散財?\(^_^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

コンディショニングとしてのランニング

父ちゃんの独り言
02 /16 2017
本日早朝。緩いジョグ。約4㎞。30分。

寒暖計の気温。朝6時10分。1.2℃。



ランニングの体脂肪燃焼効果は、20分程度走れば発生するとランニング雑誌で読んだことがある。
30分説もあると思うが、真偽のほどはわからない。

個人的には、20分では物足りない。
少なくとも、30分は走る。


テニス熱が復活してから、フルマラソンに向けてのトレーニングを一切しなくなった。

図書館で探す本は、もっぱらテニス関係。



テニスは、早朝から一人でやれるスポーツではない。
壁打ち場が近くにあればできるかもしれないが、今の時期は、まだまだ暗い。
壁打ちしても、ボールが見えないだろうね。

ランニングは気軽にできるから、いいね。
その気になれば、チョイと走りに行ける。
テニスコートのような特別な場所も、打つ相手も必要ない。


そろそろ、朝も明るくなってくる時期。



フルマラソンで、記録を狙うことを考えなくなったなぁ。

旅ラン、ファンラン、マラニック。
父ちゃんのペースで、コンディショニングのために、走りましょ。

ランニングを止めると、太るしね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

動揺する女性の電話を聞いて

父ちゃんの独り言
02 /14 2017
夕方6時頃。帰宅ラッシュの山手線。

新宿駅を出発した後。
父ちゃんの腰辺りに、ガサゴソとカバンの圧力を感じる。

うん?押されているな?
近頃、とみに増えたスマホエリアの確保かい?

満員電車であろうと、自分のスマホエリアを確保しようとする人が多くなった。

何がなんでも、石にかじりついても。頑なに確保しようとする。

一体、何やってんの?

覗いてみると、ゲーム、ライン、エトセトラ、エトセトラ。

そんなに、緊急性高いのかな?

譲り合いの精神は、どこにいったのだろう?




腰を押されていたかと思うと、「もしもし、もしもし」と、大きな声で電話し始める。声のトーンは、若い女性。

おいおい。
腰を押したかと思えば、車内に響く声で電話かい?

マナー違反、ここに極まれり。

振り返って、不機嫌な顔をぶつけようかと思った、その時。


「もしもし、あ~財布がカバンに入れてたはずなのに、なくなっちゃったの。」


ありゃ?
そりゃ大変だ。慌てるのは当然だね。


「カバンを閉めてたはずなのに、気づいたら、少し空いてたの。調べてみたら、お財布がないの。満員電車で、スラレちゃったかも。」


車内は、シーンと静まり返った感じがした。聞く耳を立てる。

スラレたとしたら、大変だ。


「えっ?警察?うん、わかった。次の駅で降りる。」


そうかぁ。大変だなぁ。

ゆっくりと振り向く。
マスクをした女性。息が弾んでいるように見える。

「次の駅で降りたら、先ずは、駅員さんに相談された方がいいですよ。まずはね。」

余計かもしれないが、女性に一声かけてみる。さほど役に立つアドバイスでもないが。


「ありがとうございます!」


女性は、勇んで降りていった。

これ以上の協力はできない。

チョイと空しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

スキーバス日帰りツアー中止の顛末

父ちゃんの独り言
02 /13 2017
日曜日。

かみさんが入会しているフィットネスクラブの企画で、スキーバス日帰りツアーに参加。

ここ数年、冬季はマラソン中心。
久し振りのスキー。4~5年振りじゃないかな。

早朝に、古ぼけたスキーウェアを纏って、バスに乗り込む。
女性インストラクターから、やる気ですね!と笑顔をもらう。

参加者は、合計41名。
上下ともスキーウェアを着こんだ輩は、父ちゃん以外、見当たらない。
現地で着替えるのが普通なのかな。

朝6時に、バス出発。
関越道にて、水上高原スキー場へと向かう。

上里サービスエリアで、一旦、休憩。
男性インストラクターによると、この先は、15㎞渋滞中との情報が入っているとのこと。

へぇ~そうなんだ。
自分で車を運転していれば、イライラするところだが、バスなので、気にならない。
なるようにしかならない。

休憩後、ビンゴ大会!
父ちゃん、アサヒスーパードライをゲット!
ビンゴ大会も久し振り。意外に盛り上がるもんだよね。

ビンゴ大会で気がつかなかったが、バスは渋滞にはまり、ノロノロと移動していたようだ。

まだまだ、時間がかかりそう。
帰り道で観る予定だったDVD「笑の大学」(三谷幸喜脚本)を今から流しますと男性インストラクターが言う。

昔、観たことのある映画だが、内容は忘れている。
役所広司と稲垣吾郎の掛け合いが漫才のようで面白い映画。

途中、寝てしまう。10時前に目が覚める。
バスは、相変わらずノロノロ。

予定では、9時半にはスキー場到着予定だったのに。
スキー場には、いつ着けるのか?って雰囲気が漂い始める。

外は、雪が降り続けている。
高速道路で、こんなに雪が積もっている光景は見たことがない。
上りの反対車線では、反転して止まってしまっている車を見たりした。

バス乗車時間が長くなったため、予定外の休憩をパーキングエリアで取ることになる。



水上インターを降りたら、道の駅で、タイヤチェーンをつけるとのこと。
スタッドレスタイヤだけでは、山道は危険なのでしょうね。

男性インストラクターは、思わぬ事態に、てんてこ舞いの様子。

リフト券を一日券から半日券に変更しようとしたらしいが、団体割引のため、半日券に変えると200円高くなってしまうとのこと。
すみません、ご了承くださいとアナウンス。

仕方ないね。

ノロノロが続く。バス内は、ぶつくさとした雰囲気が漂う。

ようやく、水上インターに近づく。

男性インストラクターがアナウンス。

「そろそろ、水上インターです。この先は、いつもなら混んでないです。午後1時頃に、スキー場に到着する予定です。」

「えぇ~~~」
女性客からため息が漏れる。

時は、11時15分頃。
まだ、そんなにかかるのかぁ。

父ちゃん、スキーは諦めようかなと思い始めていた。
スキー場には無料の風呂がある。雪景色を見に来たことにして、のんびりと風呂に入ればいいかなぁ。

かみさんと話をする。
午後1時頃に着くなら、3時間は滑れるから、滑りましょう。

水上インター出口前。
除雪車が出口前の路上の雪かきのために、発動する。バスは足止めをくらう。

あらあら。大変やなぁ。

除雪車の作業が終わり、出口を抜け出す。

直後に、再び、バスは信号前でストップ。
運転手さんが、窓を開けて、外で立っている人と何やら大声で話している。

男性インストラクターがアナウンス。

「この信号を左に曲がるのがスキー場へのルートなのですが、雪にハマった車が動かなくなってしまって、路上が封鎖されているそうです。
全く動かないらしいので、右から大回りして行くことにします。」

あれ?大丈夫かな?
右から大回りって、どれくらい時間がかかるのだろう?
あまり無理しないほうがいいんじゃないかなぁ。

でも、企画主催者のフィットネスクラブとしては、そういうわけにもいかないのだろうね。

バス内は、何とも言えない空気が漂う。



父ちゃん、水上インター出口前から、もし、文句を声高に主張する方が出てきたら、どう抑えるか?って考えたりしていた。
父ちゃんがすることではないが、職業病みたいなもの。

フィットネスクラブのインストラクターは、旅行会社の添乗員のように、対処に手慣れてはいないだろう。
イザとなったら、フォローしよう。

男性インストラクターの電話をかけまくる声が小耳に入ってくる。
年齢は、20代後半くらいかな。若いね。大変だなぁ。

大回りのルートを取っても、ルート回避した車が集まり、モタモタとストップ。

しばらくすると、男性インストラクターがアナウンス。

「水上高原スキー場には行けそうにないので、神立高原にスキー場を変更します。
レンタルを予約されていた方は、改めて手配し直しました。当初の予約料金より差額1200円発生するのですが、クラブ側で負担することを決めました。」

「レンタルをキャンセルすることはできますか?」単刀直入に質問する男性がいた。

「わかりました。可能かどうか確認します。」

別の男性が質問する。
「神立高原まで、時間はどれぐらいかかりますか?」

「この先で引き返して水上インターに乗り直せば、一時間ぐらいで行けると思います。」

「わかりました。こんな事態になったのは、フィットネスクラブさんの責任ではないですから。気にしないで下さい。」

さりげなく優しくフォローしてる。いいね。

時は、12時過ぎ。
上手くいって、午後1時過ぎか。今までの状況を考えると、順調に行くとは思えない。
到着は、もっと遅くなるだろう。

父ちゃんもレンタルスキーはキャンセルと腹積もりした。

神立高原スキー場には、温泉はあるのかな?
スマホ検索して、調べてみたりする。
無料ではなく、有料なようだな。どうするかなぁ。


そうこうするうちに、車は雪の山道で立ち往生。
事故があったようだ。パトカーが止まっている。



動く気配がない。

男性インストラクターがアナウンス。

「民家のご自宅のご好意で、トイレをお借りすることにしました。もし、用をたしたい方がいらっしゃったら、お使い下さい。
クラブには、ツアーをキャンセルして、返金の手続を取って欲しいとお願いしてます。結論は、もう少しお待ち下さい。」

うん、そうだね。仕方ないね。
なんとなくホッとする。無理はアカンよな。

立ち往生しているバスにいてもやることがない。
バスから降りて、雪景色を楽しもう。



フカフカの新雪。
雪を一掴みして、丸め、ピッチング。何回も。手の冷たさが心地いい。

かみさんは、民家のトイレを借りにいく。
ひとつしかないので、列をなし、時間がかかる。

かみさんは、民家の方から、今日の雪は凄いと聞いたそうだ。
こんな日は、カーブを曲がる毎に、雪が増えていくらしい。地元の感覚。



午後1時過ぎ。ようやく、バスが再スタート。
男性インストラクターがアナウンス。

「この時間ですので、今日のスキーは中止にします。申し訳ありません。」

バス内では、期せずして、パチパチパチと拍手がおこる。
妥当な判断だよね。仕方ない。

「これから、赤城サービスエリアに向かいます。一時間ぐらいで着くと思います。そこで、昼の休憩を一時間ほど取りたいと思います。
皆様への返金手続等は、今はお答えできないです。クラブで検討します。よろしくお願いします。」

直ぐには結論でないでしょうね。
バスは使っちゃったしね。レンタルスキーの予約をどうするかとか調整も必要だよね。
まっ、仕方ない。安全第一やで。

赤城サービスエリアで、昼飯。

午後3時に出発。
パーキングエリアでの休憩を挟み、クラブに戻ってきたのは、午後5時半頃になった。

都合11時間半のバス旅。ケツが痛い(笑)

最後に、男性インストラクターのアナウンス。

「今日は、中止になってしまい、スミマセンでした。せっかくの日曜日に、こんなことになってしまい、申し訳ありません。
私も不慣れで、どうしたらいいか、わからないところもありました。今思えば、水上インターで引き返せば良かったかなと思います。
皆様への返金手続きの話は、後日、連絡させて頂きます。
今日、一日運転して頂いた運転手さんのお二人に、皆様、拍手をお願いします。」

パチパチパチパチ。

うん。若いのに、しっかりしてるね。
父ちゃんの若い頃は、あんなに上手く対応できなかったね。

大変だったと思うけど、いい経験になったね。

お疲れさん。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

4回目のテニスオフ

テニス
02 /12 2017


4回目のテニスオフ。エリアを変えて参加してみた。

参加者は6名。3時間30分。

【前半2時間】
・ショートラリー
・ラリー
・ボレーストローク
・サービス&リターン
・スマッシュ

【後半1.5時間】
乱数表組み合わせでの3ゲーム先取アドありでのダブルス。



前半2時間の練習は、効率的だった。
時間を測って、きっちり回していく。
まともな練習は、久し振りだったね。


後半のダブルスで、改めて気づいたことがあった。
初中級レベルだと、サーブ&ボレーで平行陣を引いてくる人はいない。雁行陣でプレーする。前に出てくる人は、ほとんどいない。

父ちゃんは、常に平行陣。
ミスしたって、失敗したって平行陣。



もうひとつ、改めて気づいたこと。

ダブルスの後半になると、体力不足で身体が動かなくなる。
集中力が落ち、雑なプレーになってしまう。

フルマラソンを走れるのだから、3時間半程度のテニスぐらい、どうってことない。
こんな考え方は間違っていたようだ。

ランニングも色々と理屈はあるが、前に向かって走るシンプルなスポーツ。
テクニカルな技術は必要ない。
闘う相手は、自分自身。

テニスはストップ&ゴーの繰り返し。
動作もテクニカルで、瞬時の判断が必要。
相手の動きを予測しつつ、臨機応変に対応する必要がある。

で、とてもとても疲れた。

帰宅して、ソッコーで風呂に入る。
風呂後、ごろりと横になり、うたた寝。
ぐったりとしながら、夕飯を食べる。
食べてすぐ横になると牛になる。

全身に残る疲労感。

フルマラソン完走後とは、異なる疲労感。

テニス、侮るべからず。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お天道様はありがたい

中央公園の寒暖計
02 /11 2017
本日早朝ジョグ。

走り始めると、吐く息が白い。手先も痺れるような冷たさを感じる。

寒いな~~~気温は何度だろう?

朝6時35分現在。



零下4℃!?

ひょえ~~~寒い。

今シーズン、最低記録更新!

ポクポクと多摩湖へ向かう。



晴れ渡る冬の朝。
多摩湖堤体から眺める富士山の風景は、爽快。
何度見ても見飽きることがない。

スマホで、写真をパチリ。



何回撮っても、上手く撮れた試しがない。
写真は、現物に到底かなわない。
でも、写真を撮る。性みたいなもん。

ポクポクと戻る。

さて。今の気温は何度だろう?

7時43分現在。気温は、1.2℃。

おぉ!

わずか1時間で、5.2℃も気温が上がるのか!

お天道様はありがたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

りんごとホットレモン顆粒としょうが湯

一人娘
02 /10 2017
朝のテレビニュース。

家計補助のためにアルバイトしたことのある高校生が51%になると報道していた。

えっ?ホント?そんなに多いの?
統計のマジックじゃないの?

父ちゃん、高校生のときに、バイトしたことはない。
大学生ではバイトしたが、小遣い稼ぎ。家計のためになんて、考えたこともない。

近頃、貧富の格差が広がっているとよく聞くが。実感がわかない。
父ちゃんが高校生の頃は、「一億総中流化」とか言われていたけど。
昔々の話なのかねぇ。

一人娘の発言。
「バイト代を全部家計に回すなんてこと、まずないでしょ。多分、遊びの金の方が多いと思うよ。」

相変わらず、チクリと反論する一人娘。


そんな一人娘。
昨日、体調不良で、会社を早退していた。

かみさんから、「早引きして帰ってきたから、りんごとホットレモンの顆粒を買ってきて。」と連絡が入る。



で、父ちゃんは、しょうが湯を買い足す。

家族の誰かが風邪をひいたとき。
我が家の定番。りんご。ホットレモン顆粒。しょうが湯。ワンパターン。

ワンパターンっていいかもね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

ベテランほど気を付ける

職場の風景
02 /09 2017
『ベテランほど気を付けた方がいいんです。
ベテランになると、物事の方向や筋が見通せます。大体、この辺りという結論が見えます。
すると、何が起きるか。手抜きが始まります。
新人の方が、よっぽど丁寧で真剣な仕事をしたりします。』


昨日、とある外部講習にて、とある法的有資格者の先生の一言。

そうだよなぁ。
50代になると、思い当たる節がある。
経験のなせる技とかで、カッコつけて、見落としてしまうことがあるかもな。

初心忘れるべからず、ってやつかな。



本日早朝の中央公園寒暖計。
6時3分現在。気温0.8度。

早朝ジョグの時。
氷点下じゃないから、雪にはならんでしょ?そんなには寒くないし。

ところが合点、出勤時になると、みぞれまじりの空模様。

父ちゃんの勘も当てになりまへんな。

天気予報の世界では、ベテランとは言えまへんけど(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

断捨離できないもの

テニス
02 /08 2017
昨日、「テニスクラシック」というテニス雑誌を買ってみようかなぁと思った。
「最新ラケット大全」という特集が目についたからだ。

テニス雑誌は、テニスをしていた学生時代には買ったことがある。
「テニスクラシック」は、確か、父ちゃんが学生時代の頃に、創刊した雑誌じゃないかな。
当時、他のテニス雑誌と比べ、テニスを技術的に研究する、硬派なイメージが残っている。

学生時代。30年以上前。
キャンパスは、テニスブームと言われていた時代だったね。

書店に行ってみる。
ところが、テニス雑誌の居場所がわからない。
面前の陳列にもないし、平積みもされてない。

あれ?どこにあるんだろう?

棚の上を見上げてみる。
順に、目を凝らして探してみる。

テニス雑誌は置いてないのかなぁ?










…………………あっ、あった。

テニスクラシックが1冊、スマッシュが2冊。
背表紙しかみえない棚に、申し訳程度に3冊。

ふ~ん、現在のテニスの立ち位置は、この程度なのかな?

テニスクラシックを手に取り、パラパラとめくってみる。
ついでに、スマッシュも立ち読みしてみる。

ふむ。違いがあまりわからんな。

肝心の「最新ラケット大全」特集も、失礼ながら、突っ込みが足りない印象を受けた。
触手は伸びず。

30年も経過すると、各々の個性は失われてしまうのだろうか。
十年一昔どころの話じゃないね。


お~~~あったねぇ。



父ちゃんの学生時代のヒーロー。

ジョン・マッケンロー。不世出の天才プレーヤー。

テニス史上、真の意味で、個性的で天才と呼べるプレーヤーは、マッケンローだけ。
父ちゃんは、頑なに考えている。

30年以上経っても、捨てられないものってある。

本もCDも、こだわりもなく、サッサと手放してしまう時代だけど。

絶対に捨てられないものってある。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

ラン&テニス~週末土日の運動量と体重の動き

テニス
02 /06 2017
【2/4(土)】
○午前8時より朝ラン 65分 10.5㎞
(5㎞緩いジョグ→5㎞ビルドアップ→0.5㎞ダウンジョグ)

○午後1時よりテニス 参加者6名
(2時間ダブルス練習→2時間ダブルスゲーム)

【2/5(日)】
○早朝6時30分より緩いジョグ
(30分 4㎞)

○午前8時30分よりテニス 参加者7名
(2時間ダブルス練習→2時間ダブルスゲーム)




テニスにハマりつつあるものの、2/19熊本城マラソン&3/19さが桜マラソンを控える身。
全く走らないわけにもいかない。

ただ、2日連続の4時間テニスも予定されている。
過剰な運動は、50代には禁物。

で、テニス中心にとらえつつ、バランスを取ってランもしてみた。

で、本日早朝、寝起きの身体状況。


…………………アイタタタ…………………


あちこち筋肉痛。
どっこいしょ、よっこらせ(笑)


体重はどうなるかな?

ラン&テニスで、体重は落ちるのか?

で、土・日・月と起床直後に測定した結果。

2/4(土) 64.9㎏
2/5(日) 63.8㎏
2/6(月) 64.8㎏


ふむ。トータルでは変わらんな。

日曜日に、瞬間風速で、約1㎏落ちたけど、いったい全体、なんだったんだ?

落胆したことは言うまでもない(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

3回目のテニスオフにて~50代オヤジ同士の会話

テニス
02 /05 2017
「テニスオフの年齢層は高いですよ。40代だと若い部類になると思います。」

「30代の参加者はほとんどいないと思いますね。子育て世代で忙しいからですかね。」

「紳士的な方が多いと思いますね。年代が高いからですかね。変な方には、ほとんど会ったことないです。」

「変な人がいないのは、テニスはマナーが必要なスポーツだからですかね。」

「四時間すると、テニスをした気持ちになりますね。二時間だともう少しやりたい気分になりますよね。」

「夏場になると、このコートは日除けがないので、真っ黒になりますよ。」

「代休で平日のテニスオフに参加したら、女性7名に囲まれて、困ったことがありました(笑)」


3回目のテニスオフ。
父ちゃんと同じく50代男性の参加者の方々との会話。

3回目にして。
テニスも交流も人心地つくようになった。

もちろん、テニス自体は昔のイメージのプレーには程遠い。
かすった当たりをして、あれ?って感じになることは多い。

でも、いいじゃないか。楽しいんだから。



「帰ったら、昼からビールして、昼寝します。最高ですよね。」


父ちゃんの言葉。

笑いながら、「いいですね~~~」と応えて頂く。

昼寝は、ノンストップで三時間。ぐっすりこん♪

土日連続の四時間テニス。疲労困憊でござんす(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

新しいラケットでタッチ感覚を取り戻す

テニス
02 /05 2017


ニューラケットのデビュー。

ダブルス練習二時間。ゲーム二時間。

ラケットのおかげで、先週より上手くプレーすることができた。

タッチのテニスの感覚。少しだけ取り戻せた。
先週では、返球してもネットを越えなかったボールが、面を上手く合わせれば、綺麗に弾道を描いて、ポーンと弾んでいく。

不満が残るのは、ストローク。
タッチではなく、振り切っていくと、コントロールがおぼつかない。ふかしぎみになる。

まぁ、いきなり、全てを取り戻せるわけがない。
少なくとも、先週より上手くプレーできた。それで十分。
新しいラケットを速効で買った成果は出たね。



図書館から、テニスマガジンを借りてきて、最近のテニス事情を垣間見たりしている。

本日早朝の身体状況。
身体の節々に筋肉痛、疲労が残る。
特に、背筋痛と臀部付近の痛み。
コート上では、残り30分の時間帯で、ふくらはぎが一瞬吊りそうな感覚もあった。

ランニングでは、近頃、感じなかった痛み。
ランのおかげで基礎体力はあると思うけど、テニスは、また、別物なんだろうな。

さて、今日も朝8時半から、四時間テニス。

ストロークでハードヒットしたときに、綺麗な弾道を描きたいねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

速効でテニスラケットを買い換える

テニス
02 /04 2017
【HEAD GRAPHENE SPEED MP】



ネットで調べあげた結果、他に、YONEXのVコアSI100、HEADのグラフィンインスティンクトも候補にしていた。

が、ラケットショップの店長によれば、父ちゃんのフラットでコントロール重視のプレースタイルだと、この2つはボールが飛びやすいのでは?と言う。
グラフィンスピードがオススメできるとのこと。

いわゆる黄金スペックモデル。
黄金スペックとは、ウェイトが平均300グラム、フェイスサイズが100平方インチ、22~25ミリのフレーム厚、バランスポイントを320ミリに設定するラケット。



黄金スペックなんて言葉は、知らなかったね。
ここ10年ぐらいの潮流らしいね。

グラフィンスピードにした決め手は、フレーム厚22㎜。厚すぎないところ。
ジョコビッチモデルであることも、胸を打ったね。


思い立ったが吉日!

速効で買い換え!



ガットのテンションは、標準の52にしておいた。
とりあえず、最初は普通でいい。

ガットが張りあがった姿を見ると、ホレボレするよねぇ。
ラケットケースから、意味もなく取り出して、ニヤニヤと眺めたりする(笑)



軽く素振りしてみる。
今までのラケットに比べ、軽く、振り抜きやすい。

さて、コートではどんな感じでボールを捉えてくれるかな。

本日、午後からたっぷり4時間テニスの予定。

打ってみてのお楽しみ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

テニスラケットの買い換えを検討する

テニス
02 /03 2017


現在の愛機。YONEXのテニスラケット。

もう10年以上前に購入したもの。
昨日、サイトで調べてみたら、既に、2005年で生産終了したようだ。

ガットも長らく張り替えていない。
間違いなく死んでいる。よく切れないもんだと思う。

テニスを再開するにあたり、少なくともガットを張り替える必要がある。
しかし、張り替えるには、約3000円はかかる。

どうせなら、思いきって、買い換えるか?

10年以上経てば、ラケットの性能もかなり上がっていると思う。
ランニングシューズも飛躍的に進化しているように。

で、昨日、中古ラケット含め、サイトで最近のテニスラケットを勉強してみた。

いやはや、たくさんありすぎて困りますな(笑)

近頃のテニスのプレーは、スピン系。
ラケットもスピン系向けのラインナップになっていると気づいた。
グリップサイズも、スピンをかけやすくするために、細いものが中心なようだ。

父ちゃんは、昔ながらのクラシカルでフラットなタイプ。
グリップサイズも太めが好み。

父ちゃんのテニススタイルでは、中古で探すと、どうやら選択肢が狭い。

しかし、新品は高い。
10年前は、割り引いて、2万~2万5千円が価格帯の中心だったと思うが、今は、3万円前後が中心な印象を受ける。

ふむ。さて。

物欲は加速し出すと、雪だるまのようにコロコロと転がり止まらない(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

テニスへと傾倒していく

テニス
02 /02 2017
暇があると、テニスオフで、開催情報を調べるようになっている。



テニスオフって、ホントに便利。
特に便利なのは、『郵便番号検索システム』

自宅の郵便番号を打ち込み、そのエリアから、「半径15㎞」と選択して検索すると、開催情報の検索結果がズラリと並ぶ。

「半径」は、3㎞、5㎞、10㎞、15㎞、20㎞、25㎞、30㎞と選べるようになっている。

さらに、土日祝日、平日とか開催曜日を選んだり、午前、午後、ナイターとか開始時間も選べる。

このシステムを利用して、自宅と職場の郵便番号を入れて検索してみる。
で、週末に2つのテニスオフの予定を入れた。

土曜日に、午後1時から4時間。
初中級者向けのダブルス練習会。
練習2時間、ゲーム2時間。

日曜日は、この前お世話になったテニスオフに、再び申し込みをした。
こちらも初中級向けのダブルス練習会。

とりあえず、初中級からの再スタート。
先日の初テニスオフで、自分のレベルは、今や、相当に低いと自覚できた。

過去のイメージにとらわれちゃアカンな。
教えを素直に請いにいきましょう。

再スタートなんだけど、フレッシュな感覚。
刺激を受けるって、いいことだね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

1月の月間ランニング距離~2016年の年間ランニング距離

月間走行距離
02 /01 2017
1月の月間ランニング距離。

締めて、186.47㎞。



今シーズンラストのガチレースと考えている『3/19さが桜マラソン』まで、残り46日。
1月の目標は月間200㎞としていたが、届かなかった。

以前の父ちゃんなら、帳尻会わせのランをして、200㎞に乗せただろうが、今はそんな気分にならない。

さが桜マラソンも、かみさんとのファンランにして、佐賀の旅を満喫しようかなぁ。
こんな気分。


昨年。2016年は、どれだけ走ったのだろう?

1月 136㎞
2月 252㎞
3月 140㎞
4月 153㎞
5月 229㎞
6月 116㎞
7月 127㎞
8月 193㎞
9月 151㎞
10月 211㎞
11月 159㎞
12月 108㎞


締めて、合計1964㎞。月平均163㎞。
ふーむ。平均200㎞に達してないね。
でも、150㎞は越えてたんだ。まずまずだね。

一昨年。2015年はどうだったのかな?
年間走行距離は、2412㎞。月平均201㎞。
平均すると、200㎞は越えてたんだね。

約20%ダウンか。
大きいとみるか。小さいとみるか。


父ちゃん、個人的に、ランニングの記録を求めるなら、月200㎞が最低ラインと考えている。

さらに、個人的に、月100㎞がダイエットのための最低ライン。
でも、100㎞だと、おそらく、肥えていくだろうな。

今年は、テニス熱が再燃しそうだから、テニスと平行すれば、それなりに体重は維持できるかな。

さーて、どうなるかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。