24年前に、看護婦さんに怒られた話

一人娘
01 /31 2017
24年前。

真夜中。午前0時40分頃。自宅に電話が入る。

「おめでとうございます。0時20分に無事にお産まれになりました。」

「ありがとうございます。女の子ですか?」

「女の子です。」

直ぐにでも駆けつけたかったが、面会は、朝7時以降からと言われる。

翌朝7時ジャスト。

医院の玄関チャイムを鳴らす。ピンポーン。

しばし待つ。反応がない。

あれ?どうしたんだろう?

もう一度鳴らしてみる。ピンポーン。

……………………反応がないな?

みたび鳴らす。ピンポーン。

「はい、はい。そんなに何回も鳴らさなくてもわかりますから。朝から何回も鳴らさないで下さい!」

「はぁ、すみません。」

反応がないから、鳴らしてたんだけどな。
短気な看護婦さんだな。

しかし、言い返すわけにはいかんな。
ヘソを曲げられて、産まれたばかりの我が子を、変な風に扱われてもアカンからな。

この話。毎年、思い出す。
この看護婦さんとは、前日夕方にもひと悶着あったんだけど、そんな話はまた、来年しよう(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初テニスオフ~50代父ちゃんの心情

テニス
01 /30 2017
初めてのテニスオフ。
サイト上で参加申込をしたので、参加者とは、全く面識がない。初対面の方ばかり。
初参加の父ちゃんとしては、礼儀正しく、ご挨拶をしなければならない。

まかり間違っても、自己紹介で、「人生はラテン系♪」が座右の銘です!
などと、口走ってはならない。

余計なことは言わずに、シンプルに「よろしくお願いします。」で十分。

若い頃は、笑わせれば勝ちだ!
ってノリだったけど、50代のオヤジになると、シンプル・イズ・ザ・ベスト!
アルコールが入る場合は別ですけどね。


目指すコートは、7番コート。



到着したのは、集合時間の1分前。
新参者としては、10分前位に到着すべきだった。ギリギリでは、気が急く。

7番コートに入る。
既に、10名ほどの方がいらっしゃる。
最初に目があった男性に、開口一番、ご挨拶。

「こんにちわ。今日、初めて参加するBJです。よろしくお願いします。」

「あっ、僕も今日初めて参加するんです。」

おっと。
父ちゃん以外にも初参加者がいるのね。
ホッと一息。

誰が既存メンバーなんだろう?
わからんな。

とりあえず、次に目があった女性に、話しかけてみる。

「すみません。主催者のKFさんはいらっしゃいますでしょうか?」

「KFさんは、今、別のコートにいます。後で来られます。」

「そうですか。では、(サイト上で参加承諾頂いた)ADさんは、いらっしゃいますでしょうか?」

「ADさん?」
誰それ?って表情をされる。

あれ?どうなってるんだろう?
この女性も、そんなに参加されている方ではないのかな?
まっ、いいか。チョイと静観しましょう。

しばらくすると、主催者のKFさんがお見えになる。

「今日、テニスオフで参加の方は、名簿にお名前とどちらから来られたかを書いて下さい。会費は、このボール缶に入れて下さい。」

名簿とボール缶を無造作にベンチに置き、その場を離れる。

おおらかな運営なんだね。
かしこまって挨拶することもなさそうだな。

名前を書き、ボール缶に本日の会費を入れる。
お金を放置してもいいのかな?って感じるのは、新参者だからかもしれない。

KFさんが、「では、皆さん、アップを開始してくださーい」と声を上げる。
既存メンバーらしき方々は、ペアを組んで、ショートラリーを始める。

父ちゃん、アップを誰にお願いしよう?
一瞬悩む。

あのフレンドリーそうな女性がいいかな?
でも、あの人、あの男性の奥さんみたいだしな。
躊躇して、声をかけられない。

アップはいいか。
ストレッチでもしながら、準備しましょ。いっち、に、いっち、に。
チョイと手持ち無沙汰。

すると。
その女性から、「三人でアップしましょう。」と明るく声をかけて頂ける。

ありがたい。
優しい気配りをされる方は、必ずいらっしゃるもの。
ホッと一息。

アップ後、主催者のKFさんから集合がかかる。
KFさんは、名簿片手に、「今日、テニスオフで参加される方は、板橋から来られたMTさん、○○さん、○○さん、」と順に紹介される。
新参者は、ご紹介に合わせ、軽く会釈。

自己紹介とかしなくてもいいのね。


肝心のテニスは、『テニスオフで、初テニス』で、書いたとおり。

全体を通しての印象。
お互い、特に会話をすることもなく、黙々とプレーする感じ。
個人的でプライベートな会話は、一切しなかった。
余計な気遣いは無用。

皇居ランなどランニング会の場合、走りながら、会話を楽しむことが多い。
ランニングと比べ、テニスというスポーツでは、プレー中、プライベートな会話を交わす時間はないかもしれないね。


テニスが終わり、コート整備をして、引き上げる準備をしていたとき。

朝に、開口一番ご挨拶した初参加の男性から、声をかけられる。

「これで解散なんですかね?」

「そうなんじゃないですかね?」

終了時間は、昼の12時半。
ランチでも行きますか?ってな、展開になるかな?と想像していたが、参加メンバーは、アッサリと引き上げていった。

新参者が、飯行きましょうと言うわけにもいくまい。
出会い目的と誤解を受けるわけにはいかんしな。

父ちゃんもアッサリとコートを後にした。


初テニスオフの総括。


ローマは一日してならず


テニスも交流も。

では、ごきげんよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

テニスオフで、初テニス

テニス
01 /30 2017
テニスをしたい勢いのままに、登録したテニスオフ。

テニスオフというサイトには、テニス仲間募集中の情報がズラリと並んでいる。
ピッと心をとらえたテニスオフに初参加してみた。



内容は、初中級ダブルス向けの練習2時間とゲーム2時間の合計4時間。

練習メニューは、ボレーコントロールの秘訣から始まり、ボレーボレー、ボレー&ストローク、サイン・ポーチの決め方、オーストラリアフォーメーションなど多岐にわたった。

指導頂いた方は、日本テニス協会の公認コーチのようだ。
スクールレッスンさながらで、参加者を飽きさせない。



ちなみに、父ちゃんは、遥か30年以上前、学生時代にテニスをしていた。
当時、アルバイトで、テニスコーチをしていたこともある。
多少、腕には覚えあり。

もっとも、今は、学生時代の仲間と年に2~3回する程度。
今回のテニスも、数えてみたら、約5ヶ月振り。

初参加なので、緊張しながらも、なんとかなるんじゃないの?

甘く考えたりしてたんだが……………………



率直な感想を一言。



普段、やっている人にはかなわない(汗)



父ちゃんと同じく初参加の方は、5名。
他に、そのテニスサークルに所属されている方が7名。合計12名。

練習中は、余裕があった。
他の参加者のプレーを見ながら、手打ちだよね?と失礼ながら、感じたりもしていた。

ところが。
ダブルスの試合に入って、しばらくすると…………………



父ちゃん、足引っ張ってるな(汗)



そうなのだ。
早々とヘボいミスを連発するのは、父ちゃんだった。

ボールコントロールがままならない。
一瞬の球際での処理がうまくいかない。
ネット前に落とされたボールに、足が反応しない。

マズい。足引っ張っちゃアカン。

こんな風に思い出すと、ますます硬くなり、プレーに迷いが出てしまう。

練習ではごまかせても、試合になると、ごまかせない。実力が出る。



学生時代の仲間とのテニスなら、ヘボいミスをしても、お互い様とばかりに、ヘラヘラと笑ってごまかせる。

が、初めての皆さまとのテニスで、ヘラヘラするわけにはいかない。
せめて、テニスマナーだけはしっかりしようと心掛けましたね。

明けて、本日早朝。
ランニングとは異なる全身疲労。
フルマラソン完走翌日より、疲れてるような気がする(笑)

継続って重要ですな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

一人娘とのGuns N' Roses in さいたまスーパーアリーナ

Music
01 /29 2017
一人娘とガンズ・アンド・ローゼズのライヴ参戦!



一人娘のお目当ては、サポートアクトのman with a mission。
40分弱の熱演。会場はそこそこ盛り上がっていたね。



サポートアクト終了後、さて、どれぐらい待たされるか?



ガンズ・アンド・ローゼズと言えば、ライヴを待たせる代名詞のようなバンド。

大丈夫かな?
今日はヤバイんじゃないかな?
そんな会話を一人娘と気楽に楽しむ。



待たせること。約一時間。



ガンズ・アンド・ローゼズ♪



一気に、テンションアップ!

のっけから、ガンガン押しまくる!

走る、走る、走る!



スゲーうまい!

怒涛の轟音!

上げろ、上げろ、上げろ!



余計なMCは、一切なし。
日本人には、話してもわからないからかな。
曲から曲へ、次へ次へと押しまくる。

2時間40分を越える熱演。
アンコールのコールなくして、サクッと再登場したときは、さすがに、早くない?と苦笑したね。
ほとんど休む暇がない、恐るべきライヴでした。


ロックのライヴとは、こういうのを言うんだ!


有無を言わさず、ガンズ・アンド・ローゼズに叩きつけられた感じがしたね。

いや~ホント凄かった。
月並みな小学生レベルの言い方だけど、凄いの一言。
ガンズ・アンド・ローゼズ様に、ノックアウトされました。


ライヴ後の帰り道。一人娘に聞いてみる。

父ちゃん「どうだった?」

一人娘「凄かった。」

父ちゃん「GLAYと比べて、どう?」

一人娘「音が全然違う。」

父ちゃん「うまかっただろう?」

一人娘「うん、凄い。」

父ちゃん「来て良かったなー」

一人娘「うん、良かった。」

一人娘は、GLAYのファン。
ロックを聴く耳は、持っている。
一人娘も父ちゃんと同じように感じたみたいだね。

良かった、良かった。

ガンズ・アンド・ローゼズ♪

ありがとう♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

テニスオフに登録する

テニス
01 /28 2017


近頃、テニスやりたい病が再燃している。

本日早朝。
朝刊折り込みの広告で、テニススクールの新春入会キャンペーンの文字が目に止まる。



で、ネットで会費を調べてみる。
月会費○○○○○円ね。結構、するもんだな。

ふーむ。

で、ネット徘徊。

テニスオフなるサイトを見つける。

仲間募集中との情報がズラリと並ぶ。

おぉ!これだ!

早速、ピッと心をとらえた情報に申し込み。善は急げ!
主催者から、めでたく承認のご連絡を頂く。
明日、参加させて頂くことになった。

さて。
どんなテニスになることやら。
どんな方がいらっしゃるのだろう。

50歳越えてるけど、久し振りに緊張しそうやな(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

SUPPORT ACTは、MAN WITH A MISSION

一人娘
01 /27 2017
【職場での会話】

「BJさん、ガンズ・アンド・ローゼズのライヴは行くんですか?」

「行かないです。そういえば、今、来日してるんでしたっけ?」

「もう大阪ではライヴしたみたいですよ。BJさん、ハードロックが好きだから、てっきり、行くんじゃないかと思ってましたねぇ。」

「ガンズはリアルタイムでは聴いてなかったんですよね。アペタイト・フォー・ディストラクションは名盤だと思いますけどね。」



【帰宅して、一人娘との会話】

父ちゃん「ガンズ・アンド・ローゼズのライヴは、行ってみたいと思う?」

一人娘「行ってみたい。サポートが、ベイビーメタルとマンウィズだから。」

父ちゃん「前座目当てかい(笑)」

一人娘「マンウィズってチケット取れないんだよ。」



父ちゃん「そうなんだ。ガンズには興味ないんかい?」

一人娘「ガンズは、パラダイス・シティが聴ければいい。」

父ちゃん「それだけ?ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルとかは聴かないんかい?」

一人娘「あっ、その曲もいいね。」

父ちゃん「じゃあ、チケットが取れるようなら、行ってみっか?」

一人娘「うん、行きたい。」



参戦決定!

マンウィズって、実は、全く知らなかったんだけど。

現在、絶賛ヘビロテ中。
日本にもこんなに聴かせるロックバンドがいたとは、知らなんだ。

久しぶりのライヴ。楽しみやな♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

『「見かけ」が仕事を決める!』のか?~会議中に、出席者の雰囲気をウォッチング

男の服装術
01 /27 2017
『「見かけ」が仕事を決める』



「ボロは着てても心は錦」

日本人的には、この言葉の方が訴求力があるかもしれない。

男の服装術ってことで、関連の本を読んだりしてるが、チョイと鼻につく世界だなと早くも感じ始めてる。
商業主義的と感じる本も多い。

ビジネスでは、見かけは大切だと思う。
第一印象って重要だ。
ただ、見かけだけで決まるものでもないよな。
長い目ではね。

外見と内面のバランス。
「オシャレと言われてうちは、オシャレじゃない」って当たってるよね。


先日、ある対外的な会議に出席。
約50名程度の参加者が、広々した会議室で、一同に四角に囲む。

会議といっても、主催者から報告、説明を受けるだけで、意見や質問はほとんど出ないセレモニー的なもの。

説明者の話を聞きながら、さりげなく、出席者の雰囲気を観察してみる。

出席者の大多数は、落ち着いた雰囲気の装い。
ある程度、フォーマルな会議で、ガラの目立つスーツ、ワイシャツは目につくと感じる。

ネクタイをしていない人もチラホラ。
今時、ネクタイをしないぐらいでうるさくは言われない。
が、真冬の時期の対外的な会議でネクタイを身に付けないことは、TPOとしてはどうなのだろう?と感じたりもする。

かしこまった席では、スタンダードで落ち着いた装いがいいねと改めて感じる。


その人の雰囲気は、腰かけた感じからも醸し出される。

テーブルの座り方。
深くは背もたれに寄りかからず、スッと背筋を自然に伸ばして座っている人は、印象がいい。

やや猫背ぎみに、前屈みになっている方は、こじんまりとした印象を受ける。

さすがに、頬杖をついている人は見かけない。


座り方より、目についたのは、むしろ、テーブルの下の足の組み方。

足を組まずに、両足を肩幅と同じくらいに、つま先を大きくは開かずに置いていると自然体に見える。

両足を足首で軽く組んでる人は、結構いる。
会議中、そんな風にしてしまう瞬間はあるだろう。

印象が悪いのは、両足を投げ出すように伸ばして、つま先で軽く組んで、ブラブラとさせている人。
やる気がないように見えてしまう。

最も印象が悪いと感じたのは、次の人。
膝からガッチリと足を組み、そっくり返りぎみに背もたれに寄りかかり、あごがやや上向き。
随分と偉そうで尊大な印象を受けてしまった。


会議中、父ちゃんの斜め前に座られていた方と、一瞬、チラリと視線が合った。

おっと。マズイ。
観察しているのがバレたかも。

一番不埒な輩は、会議中に観察している父ちゃんかもしれない(苦笑)

失礼致しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

草野球で、全力投球したときに、右腕に衝撃が貫いた瞬間を思い出す

野球・サッカー
01 /26 2017
井川慶。37歳。
関西独立リーグで、練習生として野球を続けるとのニュースを見た。

元阪神タイガースのエース。
全盛期に、左腕から繰り出される投球は、力強かった印象が残っている。
ヤンキースでの大リーグ挑戦は失敗に終わったものの、記憶に残る投手だと思う。

一時代を築いた男が、プロ野球では戦力外になりながらも、なお、野球を続ける。
年俸は0からのスタートらしいが、それでも、野球を続ける。

諸事情があるのかもしれないけど、野球が好きなんじゃないかな。どうなんだろう。



井川慶のニュースを見ながら、思い出したことがあった。

もう10年位前になるだろうか。
父ちゃんが40代前半の頃の話。振り返ると、まだまだ、若かったと思う時(笑)

草野球の試合で、父ちゃんはセカンドを守っていた。
バッターがライトオーバーの特大の打球を放つ。ライトが懸命にボールを追いかける。
セカンドの父ちゃんは、中継のため、ライトの守備位置辺りまで走る。

ライトからの返球を受け、内野を振り向くと、バッターランナーは、二塁を走り抜けようとしている。


三塁打にさせてなるものか!


父ちゃん、ショートに向かって、全力投球!腕を思い切り振り切る!

その瞬間。

右肩から右腕にかけて、ビシッーーー!と衝撃が貫いた。

あっ、ヤバイ。
右腕の筋肉の筋をやっちまったか?

投げた直後。
恐る恐る右肩を回してみる。上腕を揉んで、状態を確認してみる。

………………大丈夫なようだ。額の冷や汗を拭った。


草野球のレベルでも、本当に強いチームは、20代のプレーヤーが主体になる。
40代になると、もはや、ロートルだ。

右腕に衝撃が貫いたとき。
歳なのかなぁと素朴に感じた(苦笑)

50代となった今。
キャッチボールをしても肩が軽い。全力投球したら、肩が逝ってしまうかもしれない(笑)

井川慶。37歳。
彼の肩の状態はどうなのだろう?
もう一花咲かせることができるのかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

一人娘から、一足、二足ほど早いバレンタインデーチョコ

一人娘
01 /25 2017

おーい、少し早いけど、バレンタインデーのチョコ買ってきたよ~~~



えっ?随分と早くない?
一足どころか二足早いでしょ?
なんでまた、こんなに早く買ってきたの?

(父ちゃんの内心)
バレンタインデーチョコを買ってくるなんて、久しぶりじゃないかな?
確か、去年は買ってこなかったはず。
普段、憎まれ口は相変わらずだけど、社会人二年生にもなると、父ちゃんへの感謝が芽生えるのかしらん?


一人娘からのプレゼント。
単純に嬉しい。何ものにも変え難い。

だからといって、喜び勇んで飛び回って駆け回るわけにもいかない。
微妙な機微。世のお父ちゃん族にはご理解頂けるのでは?(笑)



ありがと。
2/14の本番で、また、よろしく頼むな(笑)




しっかりと申し添える。
少しだけ照れる気持ちを抱えつつ(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

強い寒気の襲来~零下3.1度の早朝ジョグ

中央公園の寒暖計
01 /24 2017
早朝5時50分。中央公園の寒暖計。
気温は、零下3.1度。



おぉ、寒いねぇ。今冬一番の記録じゃないかな。

ジョグ後、朝のニュースの天気予報で確認してみる。
関東は、今シーズン1、2を争う強い寒気が流れ込んでいるらしい。

そうだったのか。知らなかった。
知っていたら、早朝ジョグは止めてたかもな(笑)

この時期の早朝ジョグは、辛い。
フトンから抜け出すのが一苦労。
一躍、外に繰り出しても、ヒヤリとした冷気に怯む。
朝6時でも暗い。早く明るくなってくれんかなと思う。

でも、走れば気持ちいい。
気持ちいいという感覚を感じるから、続けられるのだろう。



天気予報で、寒い、寒い、寒気、寒気と強調されると、走って得した気分にもなる。うっすらとした気分だけど。

自己満足の積み重ね。ささやかにね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


百貨店をブラブラと巡ってみて、感じたことあれこれ

男の服装術
01 /23 2017

男の服装術、元年。

男の装いとは、どんなものか?
レベル感をつかむには、百貨店で、紳士用品フロアを実際に見て回るのが一番。
銀ブラならぬ百ブラだ。



時は、一月下旬。冬セールラストの時期。
とりあえず、冬物を買うつもりはない。
ビジネスもカジュアルも足りている。

黒のビジネスバッグ、シューズでいいものが格安ならばと思いつつ、バッグもシューズも足りている。

じゃあ、百ブラする必要あるの?
いや、必要ないからこそ、気持ちに余裕がある。
服装術に興味を覚えているのだから。
趣味として、気楽に足を運んでみましょ。



先週金曜日から日曜日に、巡ってみた百貨店。
千葉三越。西武池袋。東武池袋。東急吉祥寺。

特に何か買うつもりもなく、百貨店をブラブラするのは初めての経験。

で、感じたこと。

いいものはいい。見た目に違う。
値段が上がるほど、物の雰囲気・輝きが増す。
陳列のなせる技だけではあるまい。

ゲッ?
このビジネスシューズ、お値段が福沢諭吉15枚を越えるの?
平然としながら、動揺しつつ。
店員さんと目を合わさないように立ち去る場面もあった(笑)


率直に働いた感情。

世の中、物が溢れかえっているな。
溢れかえっていると、どれを選べばいいか、わからなくなる。
こんなに物があって、よくまあ、売れるもんだ。

秋冬物スーツが三割引ね。
一月下旬になって、買う人はそんなにはいないでしょ?
ズラリと並んだスーツの行く末やいかに?
ファミリーセール流し?アウトレット流し?廃棄?

ブランドによっては、一切、値引いてないものもあるね。イメージを損ないたくないからだろうな。売れ残り分がブランド価値のコストになるのかな?


印象に残ったこと。

紳士靴売り場にて。
店員さんが、「いらっしゃいませ。」と声をかけてくる。その瞬間、店員さんは、父ちゃんが履いている靴へチラリと視線を落とす。

うん?客の値踏みをしてるのかな?
足元を見られるとは、まさに、このこと?(笑)

紳士靴の店員さんは、ほぼ100%同じ挙動をした。職業的な習性なんだろうね。




えっ?
父ちゃんが履いていた靴が何かって?



ランニングシューズやで。
アウトレットで破格な割引きで買ったもんやで。
それが何か?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

引っ越し以来、6年振りに千葉に出向く

父ちゃんの独り言
01 /21 2017
昨日。業務都合で、千葉まで出向く。

東京駅から、総武線快速にて、一路、千葉駅へ。



千葉駅周辺は、実に6年ぶり。
千葉から東京へと引っ越して、早6年。
引っ越した頃は、電車で2時間もあれば行ける距離だから、いつでも行けると思っていた。
が、いざ引っ越してしまうと、足は遠のくもの。



総武線が千葉駅に近づくにつれ、駅毎に、心が沸き立つ。

おぉ、船橋。
あの研究室のメンバーは、今、どうしてるだろうか。

おぉ、津田沼。
ディスクユニオン店舗、懐かしいなぁ。おっと、イトーヨーカドーだね。

おぉ、新検見川。
おいは元気かなぁ。焼き肉に誘えばよかったかなぁ。

おぉ、稲毛。
一人娘が産声をあげた産婦人科医院は見えるかな?

おぉ、西千葉。
一人娘が通った高校の街だねぇ。



あれ?
随分とキレイに整備したんだなぁ。
無電柱化したんだね。道幅も広くなったねぇ。



千葉中央駅前も、スッキリとした空間になったね。
6年前は、もう少し狭苦しくなかったかなぁ。



千葉三越、閉店なのか。
33年?歴史が短いじゃないの?



さて。帰ろう。
駅ビルも立派になったもんだね。



土産は、船橋屋名物「元祖くず餅」♪

絶品♪

千葉は、第二の故郷みたいなもの。
足掛け20年住んだしね。一人娘が育った街だし。
また、気軽に遊びに行きましょーよ。

少なくとも、6年振りってのは、止めたいね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


気分はアスリートでもウクレレでもないから、ブログタイトルを変えましょう

ブログ・ブログ村のこと
01 /20 2017

「父ちゃん、ウクレレ気分なアスリート♪」

このブログタイトル。そぐわなくなってきた。
名が体をあらわしてない。

もはやアスリートな気分ではない。
記録なんてどーでもいいやっ、て言い切るほど怠惰でもないが、記録を狙ってトレーニングを積み重ねることをしなくなった。
太りたくないので、ランニングを止めることはないと思うけどね。

ウクレレ気分と言うほど、ウクレレに熱心でもない。
初心者向け楽譜で、赴けば弾き語りするレベル。地道にソロにトライする気はない。
自己満足に、ボーカルをとるだけで気持ちいい。十分だ。

で、タイトルを変えましょう。

満を持して、「歳をとったら、人生はラテン系♪」と冠するか?
齢50代に突入した頃からの父ちゃんの標語だ。

う~ん。
ラテン系♪と言い切れるほど、割りきった日々を送ってないな。
現役のビジネスライフ進行中。
割りきれるほど、大物ではない。小物だ(笑)

それに、「父ちゃん、」の文字は外せない。
この言葉は、一人娘のオイラへの呼び名に由来するもの。
一人娘とのつながりは維持しておきたい。オイラは、父ちゃんなのだ。

ここ数日、タイトル名をどう変えるか?
漠然と考えていた。なかなかピタリとくるタイトルが浮かばない。

父ちゃん、日々、淡々と楽しい気分で過ごしたい。
が、ラテン系♪と呼べるほど、能天気な生活でもない。





で、舞い降りたタイトル名。


「父ちゃん、人生はラテン系♪?」


ラテン系「♪」ではなく、ラテン系「♪?」

末尾記号に、クエスチョンを加えればOK♪と閃いた。

ラテン系♪

発展途上中。

人生、楽しんでるかぁ~~~?

自分自身が楽しいかどうか。

自分自身が楽しんでるかどうか。

自然体で。


歳をとったら、人生はラテン系♪?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


フロストバイト 目標は105分切り

ハーフマラソン・10㎞
01 /16 2017
フロストバイト名物!



4回目の参加で、初めてありつけた♪
かみさんは、バーガー。
走る前に栄養補給。レース前だと、並びはほとんどなし。レース後では、長蛇の列になるからね。



横田基地入口で並んだり。受付で並んだり。トイレで並んだり。
よくも悪くもアメリカン的なおおらかな運営がフロストバイトの味だと思うが。

今年は、どれもあっけなく済ませることができた。
日本人スタッフも増えたような。
運営力が向上したと感じたけど、日本人のせっかちさを感じたりもする。



ネットタイム1:42:52!

1時間45分切りの目標達成!

父ちゃんのサブ4の目安ラインは、1時間45分。
このラインを切れるなら、サブ4は維持できると思っている。



反面、この記録に物足りなさも感じる。

105分切りは現実的で適切な目標だったと思うが、100分切りじゃないのねと自問自答。

過去の残像。今後、どう向き合うかだな。
気持ちの整理ってできんのかな。



さて。
いつもそうだが、レース中は苦しくても、終わった途端にケロリとする。
俺は出しきったか?と思ったりする。

疲れてないと思って、会場を引き上げた後、高田馬場ディスクユニオンに繰り出す。
100円市をしていたので。



掘り出し物は、四点♪

帰りの電車にて。疲労を感じる。内臓疲労も。

明けて本日早朝。鈍い疲労。軽い筋肉痛。

ふむ。ファイトはした証拠だな。
この疲労。悪くない。心地いい。

スーツ着こなし本を読み倒していく

男の服装術
01 /12 2017
図書館の検索にて、「スーツ着こなし」「男 着こなし」等で見つけ出してきた本。



ハウツー物なので、読後感は軽い。つまみ食い的読み方になる。
中には、読み始めた瞬間、面白くないと感じ、読まなかった本もある。

ファッションの本なので、文字だけではなく、視覚で見本を示してくれると参考になる。

手っ取り早くコーディネートを考えるなら、MEN'S Ex等の雑誌で十分。
が、本には、意味合いを掘り下げる力がある。本の楽しみはそこだね。



スーツの世界も奥深い。
伝統的には、欧米文化を色濃く反映している。
本格的に学ぶのであれば、歴史的観点が必要なのかもしれない。
特に、ヨーロッパでは、服装は文化なようだ。

父ちゃん、そんなレベルにはほど遠い。サクッとコーディネートが分かれば十分とも思う。

日本男児の感覚としては、オシャレに興ずるなど至極千万かもしれない。
が、男50代。服装術を勉強しても面白いのではないかと感じる。

一応、本日の着こなし。



ネイビースーツ、グレーシャツ、濃赤基調のストライプネクタイ。
シャツとネクタイは、会員ショップの店員さんのオススメ。

お気に入りのコーディネートだが、着こなし本を読んでいくと、グレーシャツは王道ではなさそうだ。
シャツの基本は、白と青。ボタンダウンは不可。
父ちゃん、ワードローブを眺めると、ボタンダウンが多い。この辺から、手をいれていった方が良さそうだ。

以前、橋本元総理がスリーピーススーツにボタンダウンシャツを着て、ヨーロッパ諸国からブーイングを食らったという記事を読んだことがある。

着こなし本を読み、その理由がようやくわかった。
スリーピーススーツはフォーマル、ボタンダウンシャツはカジュアル。だから、その組み合わせは、伝統的にはおかしい。

取り急ぎ、スリーピースでは、ボタンダウンシャツを止めよう。
そこから先は、少しづつ。徐々に。

一気に進めると、金がもたん。商業主義的な口車には乗らないように。
服装術ってやつは、そこが厄介だ(笑)




宅建更新手続写真~5年前の顔つきとの比較

人生はラテン系
01 /11 2017
5年に一度の宅建更新。
更新用の写真が4枚必要。
5年前と同じく、駅設置のスピード写真にて撮影する。

今一番のお気に入りメガネを身につける。
5年経てば、この頃は、このメガネをしていたんだなと思うだろうな。

5年後。父ちゃん、58歳か。走ってるかなぁ。

いい感じで撮れた。

会社に戻り、5年前に撮影した写真と比べてみる。

おや?
5年前は、随分と痩せてるなぁ。顔がホッそりしている。今と比べると、チョイと貧弱だね。

5年前は、平成24年。2012年。48歳か。
50代に到達していないとは、若いねぇ(笑)
2回目のフルマラソン「板橋シティ」で、サブ4を達成した頃だね。燃えてたよな。

この頃の体重は、どれくらいだったのだろう?
昔も、大会が終われば、62-3㎏辺りの体重だったんじゃないかな。

飲み会翌朝。2012年のランニング日誌を紐解く。

あれ?



60㎏?61㎏?

えっ?GW期間でも、59㎏台の体重?




し、信じられん。痩せてたねぇ。
今は、安定して、64-5㎏台だぜ。



でも、今の顔つきの方が健康的だな。
うん、いい男だよ。自分で言うのだから、間違いない。多分(笑)

人生はラテン系♪



『プリンスオブペルシャ』を途中で止めて、『人生の特等席』に変える

映画・舞台
01 /10 2017
『プリンスオブペルシャ』


アドベンチャーもの。
肩がこらず、気軽に楽しめるかな?と思ったが。

30分も経たずに、飽きてしまう。展開がいかにもディズニー映画的。
のら犬のような主人公と気位の高いお姫様の冒険活劇。先が読める。

止め!ってなことで、かみさんと意見が一致。連れなく消去。

次に選んだ映画。『人生の特等席』



クリント・イーストウッドが主演なら、外れないでしょう。
冒頭のイーストウッドの老齢ぷりがリアル過ぎたが、ラストまで飽きさせなかった。

ラスト、怒濤のようなご都合主義的展開。

ドラフト一位指名候補の選択に負けた後、偶然に凄いピッチャーを見つける。
そのピッチャーが、指名に反対したドラフト一位選手をカーブできりきり舞いさせる。
スランプで悩む選手を家族に合わせて、4割バッターへと導く。
コンピューター解析でドラフト一位指名を主張したスカウトがクビになる。
パートナー争いでライバルに負けた娘が、法律事務所から戻ってきてくれと連絡のあった携帯を投げ捨てる。
誤解で去った恋人が、娘の元に戻ってくる。

アメリカ映画丸出しの展開。
ハッピーエンドなのでいいでしょ。後味悪いより、いいでしょ(笑)

かみさんによると、ラストに主眼はなく、父娘の心情を描く物語なので、落ちはご愛嬌でいいらしいです。

Nori Ginza アンチエイジングレストラン

一人娘
01 /09 2017
久し振りに家族揃って、銀座でランチ。



野菜料理中心のランチバイキング。
アンチエイジングの名が現すとおり、身体に良さそうだ。
いかにも女性受けしそう。店内は、銀座という場所柄、洒落こんだ女性グループで溢れていた。



肉などのガツンとした料理はない。
ピザ、スパゲティ、カレーライスがあるので、お腹一杯にはなるが、少し物足りないかな。
スイーツがないのも残念。



ランチ後、三越屋上にある出世地蔵様にお参り。
一人娘の仕事がうまくいきますように。

映画 自虐の詩

映画・舞台
01 /08 2017


取り溜めしていた録画から選んだ一本。

原作は、漫画。ちゃぶ台返しで有名だ。
監督は、「トリック」の堤幸彦。
笑わせてくれるのでは?気軽に観始める。



意外に面白かった。
前半、ろくでもない生活を描写。
後半、幸薄い妻とヤクザな亭主の馴れ初めを描く。ブラックユーモアから人情ものへと転換する。

監督がいいのかな。演じる役者陣もうまいのだろうね。

「幸も不幸も一緒。裏表」

ホントその通り。

観終わった後。かみさんが一言。

「ちゃぶ台返しはされたことがないが、台所にご飯をぶち巻かれたことはある。」

えっ。そんなことあったっけ?

「ご飯に罪はないのにね。」

記憶にない。父ちゃんも酷いことをしたことがあるんだね。チクリと反省。


ベルトの穴をひとつ緩めた翌日、皇居ラン

父ちゃんの独り言
01 /07 2017
三連休前日の金曜日。午後2時頃。
腹回りがキツいと感じて、ベルトの穴をひとつ緩める。楽になる。ちょうどいい。

『ベルトの穴を緩める』でググる。
「負けた」と思うでしょうという記事を見つける。
確かに。負けたな(苦笑)

最近、65㎏越えの体重にて安定しつつある。でも、全く気にならない。
正月太りとはいえ、ヤバイんじゃないか。



だからと言うわけではないが、三連休初日に皇居ランへと繰り出す。
かみさんが久しぶりに皇居を走りたいと言ったから。

来週はフロストバイト。
熊本城・さが桜と二つのフルマラソンも控えている。
そろそろ、本腰をいれてもいいだろう。



湘南国際から、既に一ヶ月を越えた。以来、久々のビルドアップ。
意外に走れた。ラスト4:30/㎞台ペースまで上げられる。

父ちゃん、潜在能力的には、サブ3.5を目指せる力はあるんじゃないかなぁと素朴に感じる。

が、身体のダメージが大きいと感じている。疲労感が残る。
まだまだ、これからだね。

皇居。走りやすい。皆、真面目に走っている。早いランナーも多い。一人黙々と走る多摩湖より、自然と刺激を受ける。

たまに、繰り出すのもいいね。
ランチの楽しみもあるしね。

初詣

父ちゃんの独り言
01 /03 2017
地元八坂神社に、初詣。

かみさんは、三が日を着物で過ごす。



御神籤。末吉。





御神籤には、いいことが書いてある。
感銘を受けても、直ぐに忘れてしまう。
写真を撮り、言葉を納めておきたい。

2017初購入書籍~男の服装術

男の服装術
01 /02 2017
スーツ着こなしの本。

図書館、BOOK・OFF、Amazonでザッピングしつつ、探す中で、見つけ出した本。



ネット検索する中で勧められていた本。
Amazon書評レビューでも高い評価。

読んでみたいなぁと思っていたら。
BOOK・OFFウルトラ・セールにて発見!
20%引き!買いだ!

単行本・帯付き。2004年2月の初版本。
丁寧に扱われていた本じゃないかな。
ファッション関係の本で、単行本とは恐るべし。

今のところ、積んどいて、表紙を惚れ惚れと眺めている(笑)

オシャレ元年やね。



ポケモンgoジョグで、カロリー消費

父ちゃんの独り言
01 /02 2017
朝5時すぎにスタート。

正月は車が少ない。遊び心で、路上ど真ん中ラン。



今日も多摩湖堤防に行ってみる。
昨日ほどではないが、日の出を待つ人が少なからずいた。



曇り空。昨朝に比べ、日が隠れぎみ。
富士山もほのかに霞んで見えただけだった。

締めて、約14.3㎞。2時間10分ほど。
ゆるゆると走った方が体脂肪消費にはいいはずだが、効果のほどはさてはて?


TAKA-Q 福袋

男の服装術
01 /02 2017
パルコ新所沢にて、福袋。

吉祥寺店だと、人混みに遇いそうだし、30分はかかり、駐車場探しが面倒。
新所沢なら、駐車場もあるし、20分位で繰り出せるしね。

TAKA-Qビジネス福袋の内容は、ググって調べていた。
5400円で、ワイシャツ・ネクタイ✖2&マフラーなら、買いだ!



サイズが細かく分類されていた。
父ちゃん、Mのユキ80㎝でスリムサイズ。最後の一つをゲット!

で、中身。



ホワイトのボタンダウンシャツ。
ネクタイが春先に向く色合いだったかな。



マフラーの色合いは気に入った。
ネクタイがもう一本。新所沢店限定かな?

会員割引を利用して、念願のグレーコートをゲット!





店では、3つのコートのうち、どれにするかで悩む。
決め手は、カシミヤ&アンゴラ混。着た感じの軽さ。

店員さんによると、歩いていると、素材のいい物は、やっぱり見た目が違うと言う。
見る人が見ればわかるのかな。

素材にこだわる。
男の服装術に、一歩を歩みだした感じだね。

おまけで、お菓子のまちおかで、1000円福袋♪





新年の運試し。成功!

人生はラテン系♪


多摩湖初日の出ジョグ

かみさん
01 /01 2017
明けましておめでとう!



かみさんと多摩湖へと初日の出ジョグ。
昨年、多摩湖自転車道で、初日の出帰りらしき人の波に会ったことを思い出す。
今年は、6時半頃に自宅を出発。

初日の出は、6時50分頃。
多摩湖堤防は、人で溢れかえっていた。



富士山も綺麗に拝めた。鮮やかに晴れ渡る。見事な初日の出。



若者の姿が目立つ。賑やかに騒ぐ。無邪気に盛り上がる。
父ちゃんも若い頃はあんなもんだったなと思う。



多摩湖からの帰り道。手が痺れる寒さ。
今日は冷えるなぁと思ったら、気温は、1.7度。



豪快な初日の出でございました。

初ランは、7.777㎞。
ラッキーセブン、セブン、セブン♪
父ちゃん、験を担ぎました♪



今年もいい年になりますように。




BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。