FC2ブログ

ご連絡

父ちゃんの独り言
06 /09 2016
いらっしゃいませ。

父ちゃんのブログまでようこそ。

まぁまぁ、奥までどうぞ。

そんな、遠慮なんてなさらずに。

ごゆっくりと。おくつろぎください。

えっ?
近頃のお前のブログは、くつろげる内容じゃない?

そいつは、えらいスンマヘン。

昔々の方がラテン系だった?

そうかもしれまへんな。

ラテン系の匂いがしなくなって、かなりの読者が去った?

そうかもしれまへんな。

でも、人間は変わってまへん。


えっ?

なぜに、限定公開設定してるのかって?

タイトルだけ公開?


『人生とは何がおこっても不思議ではない』


えぇ、そうなんです。

何がおこっても不思議ではないのです。

チョイと大変なのです。しんどかったりするんです。

長年、お付き合い頂いているコアな読者の皆さま。

限定公開なんて、セコイ真似してスンマヘン。

でもですな。

人生には、限定公開せざるをえない場面が出てくるもんですな。

何がおこっても不思議ではないもんですな。

限定公開って書いておりますけんども。

安心してください。
誰にも公開しておりまへん。
父ちゃんオンリーの単独ワールドでございます。

自分自身の記録として、残しておきたいのだけんども。

現時点では、公開するつもりはないのでございます。

コアで奇特な読者の皆さま。

どうぞ、お許しくだされ。

コアで奇特な読者って、独りよがりな空想の世界かもしれまへんが。

しばし、限定公開にて突き進む所存でございます。

チョイとだけ、咆哮。

燃え尽きぬ♪ by 世良公則&ツイスト

ほなまた♪


【2016/6/14追記】
時期を見て、ブログ自体を非公開にするつもりです。


『秋のフルマラソン大会』エントリー動向~国取りの状況

フルマラソン全国制覇
06 /04 2016
先週、湘南国際マラソンのエントリー完了。

世良公則のライヴ後、帰宅電車途上にて、エントリー合戦にトライ。
ダメ元な気分が幸運を運んでくれたかもしれない。

神奈川県の大会は、ハーフマラソン含め、初参加。
東京に住んでいるのに、隣県の神奈川の大会に参加経験がなかったのは、意外だった。
灯台もと暗し。

国取りに向け、一歩前進。


【秋のフルマラソン大会 一覧表】


先週は、手書きに留めたが、エクセルで一覧表にしてみた。
まとめておけば、来年以降も役に立つだろう。


12月に湘南国際を決められたので、11月の抽選大会(福岡、おかやま、神戸)の結果を待とうと思う。

9-10月の参加大会をどうするか?

9/18田沢湖→10/9新潟シティにしようかなと考えている。

いずれの大会も、大会翌日の月曜日(9/19、10/10)が祝日。確実に休みが取れる。

国取りに向け、毎月のフルマラソン参戦は、今年からの試み。
初年度なので、無理なく、身体を休められる日程がいい。

最終的には、11月の抽選大会の結果を見てから、決めたい。


ついでに、現在の国取り状況も、確認してみた。



塗り絵。小学生の学習教材を使用させて頂いた。我ながら、かわいい。

赤色は、フルマラソン参加の地。合計、11。
黄色は、ハーフマラソン参加の地。合計、5。

合わせて、47都道府県のうち、16だ。

フルにて国取りとなると、先は長い。まだまだ、これから。
何年かかるのかな。

ゆっくり、ゆっくり。ひとつ、ひとつ。

足を踏み入れたことのない地もある。

全国の旅路を味わっていこう。


あんたのバラード ♪

ウクレレ
06 /03 2016
『世良公則 アコースティックライヴ』の後、ウォークマンで、世良さまを超ヘビーローテーション中♪



ウクレレでも弾いてみたい♪

試しに、「あんたのバラード ウクレレ楽譜」にて、検索してみると…………


無料楽譜があるじゃないですかっ♪


「あんたのバラード」以外にも、宿無し、燃えろいい女、銃爪♪

ザクザクと弾いてみる。

弾き語りで、一番、しっくりと馴染む曲。


あんたのバラード♪


この曲。
中学生の頃、リアルタイムで聴いていたときは、バラード的なノリが好きになれなかったけど。

約40年の歳月を経て、今は、名曲だなぁと染々聴き惚れる♪

弾き語りしていると、マイボーカルにも力がこもる。

なぜか、かみさんと一人娘から、「いい加減にしてください」との指令が下る。

世良さまへの道は、限りなく、険しく、果てしない。


あんたに~あげ~た~~♪


興味深い『函館マラソン 準備状況』

2016/6 函館マラソン
06 /02 2016
函館マラソン公式サイトにて、随時更新されている『函館マラソン準備状況』

興味深い内容。軽妙な語り口で、笑いを誘う。
更新を心待ちしている。



フルマラソン大会を開催することは、どういうことなのか。
事務局による裏舞台の苦心が垣間見える。

開催実績25回を誇る函館ハーフマラソン。
ハーフマラソンから、フルマラソンの実現に向けて、どんな課題があったのか。

難航したフルマラソンのコース造成。
フル・ハーフ同時開催での運営ポイント。
事業費の確保、公認コース検定、エイド・フード協賛の確保などなど。

特に、興味深かったのは、事業費の確保。

函館ハーフマラソンの事業費の実績は、参加者約4千名で約5千万円
この事業費が、フルマラソン化により、超概算で、約1億5千万円の規模になるらしい。
実に、ハーフの約3倍。

この巨額の事業費を、フル・ハーフの参加者計約8千名にて全負担と仮定すると、約1万9千円の参加費になってしまうとのこと。

協賛金確保への途は、あっさりと結論付けているけど、実際には、苦労があったんじゃないかな。

第一回の大会開催って、大変でしょうね。

参加させて頂けて、ありがたや、ありがたや。


現在、エイド・フードの紹介真っ最中。

書き手の文章がノリノリに乗ってきている。

おぉ!

イチゴ!ミニトマト!夕張メロン!カステラ饅頭!丸缶羊かん!チーズオムレット!コカ・コーラ!はこだて冷やし塩ラーメン!

どうも、35.8㎞地点の第10エイドステーションがスゴいことになりそうだ。

このステーションに、"緑の島"と命名されているところが、怪しい。

そこまではガチで走って、後はファンランだ!

サブ4狙いだったけど、どうしようかしらん?(笑)

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。