高校クラス会前に渋谷交差点

父ちゃんの独り言
02 /28 2016
高校時代の内輪のクラス会。渋谷にて。19時開始。

渋谷は、近頃、立ち寄ってない。
せっかくなので、クラス会前に、センター街とかぶらついてみよう。

18時前に、山手線渋谷駅に着く。
ホームは雑踏。階段を降りるも、ハチ公口の改札は渋滞。遅々として進まない。

こんなに、混んでるのかぁ。ウンザリ。

外国人観光客の姿が目につく。
渋谷交差点前。写真に収めている。記念撮影なのだろう。

父ちゃんも、釣られてパチリ。



渋谷交差点を渡っているとき。

社会人9年目の男性社員。
学生まで京都で過ごし、就職で、初めて、東京に出てきた者の言葉を思い出す。

『東京に来て2~3年くらいの間、渋谷交差点に立つと、あ~今、東京にいるんだなぁと思ってましたね。』

なるほど。渋谷交差点は、NHKニュースでよく流れる風景だもんな。

この男性社員に反応し、学生時代の出来事を思い出す。

『大学一年生の時。もう30年以上前の話だけどね。
渋谷交差点で、俺が財布を広げて、金を出していたら、浜松から出てきた奴が、「BJ、何やってんだ!こんなところで財布を出していたら、持っていかれるぞ!」って叫んだんだよね。
そんな感覚ってある?』

『いや、それはさすがにないですね(笑)』

『そうだよな。俺も、「渋谷は無法地帯なのかよ?」って、言ったけどな。』


内輪のクラス会。集まった参加者は、16名。

月並みだが。
年齢50代を過ぎて、クラス会に集まれる奴は、幸せなんだろうなと感じる。

カクテル飲み放題。メニューが20種類ほど並ぶ。
名前を見ても味の想像ができない。

よし!全種類、制覇しようぜ!

ヘンテコな名前がついてるカクテルを、片っ端に注文していく。

届くたびに、テーブル5-6人で、一口づつ回し飲み。男女問わず。男も女も関係ない。

おかげで、4駅乗り越し。既に、終電。

90分かけて、歩いて帰る。ランナーで良かった(笑)


スポンサーサイト

弾き語りとソロウクレレとボーカルと

ウクレレ
02 /26 2016
ウクレレ。リビングに常置している。
気が向いたときに、手に取り、弾く。

テレビニュースを視ながらとか。
出掛ける前。夕飯前。風呂を沸かしてるとき。
チョイとした隙間時間に、思い至ると、弾く。

ウクレレ生活も、6ヶ月近くになる。

楽譜なしに、弾き語りを楽しめるようになった曲。

レット・イット・ビー/ビートルズ

イマジン/ジョン・レノン

ホテル・カリフォルニア/イーグルス

冬の稲妻/アリス

いとしのエリー/サザンオールスターズ



ウクレレを趣味にすると、ソロウクレレをメインにする方が多いと感じる。

父ちゃんも、簡単な曲なら、楽譜を見つつ、ソロで弾けたりはする。
しかし、指さばきが難しい曲になると、途端に投げ出す。弾き語りに駆け込む。

豆に、コツコツと努力することが性に合わないようだ。
めんどくさがりとも言う。

仕事でも、要点は何?というタイプ。

ランニングでも、フォームとかは気にしないタイプだし。

最後はエイヤー!自称ラテン系(笑)

性格的に、一貫するものがあるかもしれない。


弾き語りのいいところ。

ごくごく当たり前な話だが、歌が歌えること。

ソロだと、ウクレレを弾くこと自体に、内向きにのめり込む感覚がある。
対して、弾き語りなら、ボーカルをとることによって、気分が開放される。

どっちが気分いいか?ってことになると、弾き語りの方が気分がいい。

歌うのが好きなんだな。

ところが合点。

近頃は、家で、ジャカジャカと歌っていると、家族の評判がすこぶる悪い(笑)

ボーカルもウクレレの音色も、抑えめに、控えめに。

たまには、思いっきり、弾き、歌いたい。

で、本日早朝、マイカー内で、ウクレレ。

早朝ジョグならぬ、早朝ウクレレ♪



最近、はまっている曲。いとしのエリー♪

ボーカルの音程をキープするのが意外に難しい。

たいていの曲は、口ずさむ程度にキーを下げても、それなりに歌える。

しかし、いとしのエリーは、キーを下げると、「泣かしたこともあ~る」の出だしのところが低くなりすぎて、不安定な滑り出しになる。

かといって、キーを上げると、「笑ってもっとbaby♪」の盛り上げ部分がキツい。

桑田佳祐。
友川カズキは、とても歌が上手い人だと評していた。
本日、還暦ちゃんちゃんこになられたようだ。

桑田さまも還暦を迎える時代なんですねぇ。

父ちゃんのボーカル。
桑田と比べると、がなってるだけ?
比べるなよ!って話かもしれないが(笑)

ちゃんちゃん♪

追伸)
冷え込む冬の早朝。
マイカー内は、ブルッと寒い。
指先がチョイと冷たくなり、ウクレレ弦が優しくない(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村

雪景色の早朝ジョグ

中央公園の寒暖計
02 /25 2016
早朝5時20分頃。

GPS捕捉のために、ベンチに時計を置くとき。
雪がうっすらと積もっているのに気付く。


そう言えば、天気予報では雪が降るようなことを言っていたな。



コンクリの舗装路には積もってない。
凍結してないかな?と思ったが、路面が濡れているだけ。

予定通り、ジョグすることにした。

朧月夜に照らされる雪景色。


毎度のジョギングコースでも、風景が一変。


多摩湖堤防から狭山公園を望む。






春が近づく中での雪景色。風流。粋。琴線。






多摩湖堤防からの帰り道。

いつもなら写真に納めないジョギングロード。
雪景色に照されて、パチリと1枚。


中央公園の寒暖計。0.2度。朝6時30分頃。




雪が降ったぐらいだから、気温は零下かな?と思ったが、0.2度。
昼間までには、あらかた溶けてしまうだろうな。
絶好のジョギング日和だったね。ある意味。

この時間になると、すっかり明るくなった。
春までもう一息。

雪がかりの梅の木。


ちなみに、昨朝の梅の木。


よくぞ、日本に生まれけり。

じっくりと走っていたかったけど。

通勤時間に間に合わなくなるので、やむなく終了。

ところが、通勤電車は、なぜか大幅に遅延。
遅れたおかげで、ブログアップ(笑)

時計を忘れた青梅マラソン

ハーフマラソン・10㎞
02 /24 2016
青梅マラソン当日。
河辺駅付近の駐車場に車を止める。



車を降りた後。かみさんに尋ねる。

「ところで、今、何時かわかる?」

聞いた直後。妙だな?違和感。












あっ、時計忘れちゃった?


なんちゅうドジなんや!アホ!ボケ!スカタン!






……………アスリート気分の時代なら、自分を罵倒したかもしれない。時計を忘れるなんてあり得ない。

しかし。ウクレレ気分の今日この頃。
ありゃあ、しまったなぁと苦笑い。淡々と事態を受け止める。

かみさんの一言。
「いくらなんでも、気合いが入らなさすぎじゃない?(笑)」

かみさんのフォロー。
「スマホのストップウォッチ機能を使ってみたら?」

スマホにストップウォッチ機能があるなんてしらなかった(笑)



スマホのストップウォッチ機能。

使ってはみたものの。

いちいち、ポーチから取り出して、確認するのが面倒。
しかも、数字が小さく、見にくい。老眼にはツラい文字盤(笑)

ラップ確認するかぁと思いつつ、ボタンを押し間違えたりして、わけがわからなくなったり。

しまいにゃ、いつのまにか、タイムが止まっていたり。
一時間以上計測できないことに、現場で気付いた(苦笑)

で、スマホ計測を諦め、体感で走ることにした。マラソンペースな感覚で。

【青梅マラソン公式 結果速報】
2:39:31(5:19/㎞)(ネットタイム)


【ラップ】
5㎞ 27:34(5:31/㎞)
10㎞ 25:51(5:10/㎞)
15㎞ 27:09(5:26/㎞)
20㎞ 26:16(5:15/㎞)
25㎞ 27:40(5:32/㎞)
30㎞ 25:01(5:00/㎞)


レースなのに、トレーニング的な走りになってしまった。

最初の5㎞は、渋滞に巻き込まれる。
時計をしていたら、こんなペースじゃアカン!
スイッチが入っていたかもしれない。

20-25㎞区間では、私設エイドを楽しませてもらったので、チョイとペースが落ちましたな。



体感で走ると、こんなもんかと実感。

可もなく不可もなし。
レースの割りには、身体疲労の度合いが軽い。
筋肉痛も内臓疲労もなし。

心拍数のデータが欲しかったが。言っても詮無い。

ゴール後、ポツンと物足りない。

ゴールしても、自分のタイムが全くわからないって初めてだったからね(笑)



青梅マラソン。
参加者がキャパオーバー?と感じた。

公式の結果速報では、順位を終始上げ続け、ザッと単純計算すると、1200-1300人のランナーを追い抜く結果になっている。

ブロック分けは適切なのだろうか?と思ったりもした。



身体と会話しつつ、微妙にペース配分。

身体に適度なペース。恐らく、5:20/㎞ペース辺り。
把握できたことは、収穫。

普段、いかに時計に頼っていることか。

反面。身体にいい走りとは何か?

おぼろげながら、掴めたような気もする。

時計をしないと開放される。

だからと言って、今後、レースで時計はしない!と宣言するほどの勇気はない(笑)

世良公則との3時間LSD~季節外れの陽気

Music
02 /15 2016
先日、図書館で、面白そうなCDを見つける。

【世良公則ツイストセルフカバー 照-Show-】



2003年発売。既に、13年前の作品。

世良公則&ツイスト。

中学生の頃。
隣席の野郎とエアーバンドを組む。
「銃爪(ひきがね)」をパフォーマンス。
相棒は、ボーカル。
オイラは、ギターの口真似。机を叩いて、ドラムのリズム。

学生時代。
テニスサークル春合宿打ち上げ。
「宿無し」パフォーマンスを披露。
世良ばりに、声を張り上げる。がに股ポーズから、空手キックのアクション決め。

拍手大喝采♪

当時のテニスサークル仲間。
カラオケに行くと、時空を越えて、「宿無し、お願いします!」とリクエストされる。

「もう歌えないよ。忘れたよ。」

丁重にお断りする。今でも、そらで歌えるけど(笑)


【世良公則ツイストセルフカバー 照-Show-】の一曲目。

「宿無し」ね。

さて。どんな風にセルフカバーしてんかな?

図書館で借りた帰り道。
早速に、カーステにかけてみる。








スゲー!熱い!男だぜ!








野太いボーカル、健在!

車の中で、ボリュームを上げ、世良さまと激唱!



ベストアルバムをソッコー手に入れたことは、言うまでもない。


で、昨日の日曜日。

世良さまと3時間LSD。

25.119 km。7'10/kmペース。135 bpm。

走りながら、歌う。歌う。歌う。
囁くように。呟くように。口ずさむ程度で。

ランしつつ、路上で大合唱していたとすれば。
季節外れの陽気に煽られ、変な奴が現れたと思われかねない。



中央公園の寒暖計。昼の12時20分頃。
気温22.2度を示す。



2月中旬に、気温が20度越えてしまうとは。
こんなことあったっけ?記憶にない。

春一番を飛び越えた青空。

熱いボーカルには、暑い陽気がよく似合う。



Want You ♪



淡々と滑らかに距離を踏みつつ、野球青年との気合い入れ

野球・サッカー
02 /14 2016
昨日土曜日。今年初の30㎞走。

【結果】
走行距離:30.012㎞
走行時間:2:38'18
平均ペース:5'16/km
平均心拍数:153bpm

「左腕の痺れ」ケアのため、1月に、2週間ほどラン中断。
1月の走行距離は、124㎞に留まった。

身体の作り直し。焦らずに淡々と。

今年初めての30㎞走。
淡々と滑らかに走ることを心がけた。
体感にしたがって。リラックス。


マイコース多摩湖。23㎞付近。

背後からヒタヒタと迫る足音。

誰か来たね?
抜くなら、抜いてチョーダイ。

右腕をかすらんばかりの至近距離にて、緩やかに抜かれる。

チョイと近づき過ぎじゃない?抜くのはいいけど、もっと離れてよ?

チラリと横顔を眺める。
乱れた息遣い。いっぱい、いっぱいな感じ。

ふーん。
苦しそうだね。余裕なさそう。至近距離でもしゃーないか。

抜かれた後。後ろ姿を拝む。
上下にウォームアップを着込んでいる。ランナースタイルではない。
恐らく、他のスポーツをされている方だろう。

微妙にペースを上げたかと思えば、落としている。
ラストに踏ん張ってるのかな?
俺に抜き返されたくないとか?

少しづつ、迫る。抜き返せそうだ。

すると。
前行く青年が振り向く。目が合う。

おや?
俺との距離を確かめたね?抜かれたくないの?

青年。少しペースを上げている。

ふむふむ。
抜かれたくないんだね。可愛いじゃないの(笑)
無理しなさんな。今、抜き返してあげるから。

チョイとペースアップ。抜き返す。

フッフッフッ。かかってきなさい。

俺は誰の挑戦でも受ける。by タイガーマスクもどき



すると。青年、負けずに抜き返してくる。

なに?
バトル仕掛けてきたね。上等じゃないの。

よし!ペースアップや!

再び、抜き返す瞬間。青年に向かって。

『よし、こい!』



たまたま、お会いした初対面の青年に、言い放っていいの?(笑)

しかし。青年。体育会系。

『はい!』

いいな、いいな。心が通じたねぇ♪

青年に、話しかけてみる。

BJ「何かスポーツされてるんですか?」

青年「はい。○○○○で野球してます。」

BJ「○○○○?実業団なんですか?」

青年「いえ、実業団なんてレベルではないんですけど。」

BJ「お若そうですね。20代ですか?」

青年「はい、20代です。」

BJ「お~お若い。よし!行きましょう!」

青年「自分、限界です。ラストです。」

BJ「お疲れ。おじさんも、昔、野球してました。」


手を振りながら、別れを告げる。

爽やかな好青年。
笑顔でお相手してくれて、おじさんは嬉しい。

【ラップ】
5'27(134)-5'14(144)-5'27(153)-5'12(151)-5'10(150)
5'22(152)-5'32(153)-5'33(151))5'21(144)-5'10(145)
5'22(143)-5'05(147)-5'18(146)-5'14(145)-5'24(149)
5'26(152)-5'27(151)-5'26(153)-5'12(159)-5'26(156)
5'16(153)-5'06(155)-4'51(167)-4'57(162)-5'16(159)
5'16(158)-5'08(159)-5'15(160)-5'04(162)-5'00(166)


青年との23㎞付近。ペースが上がっている。最速ラップ。

おじさんに気合いを入れてくれて、ありがとう♪

某病院前のマスコミ転じて福となる

職場の風景
02 /12 2016
昼休み。いつものように、昼食後に散歩。

30分程度、適当に徘徊。

ウォーキング効果で、体重減るかな?と期待する。
が、日々の体重は一向に減る気配がない。
安定の64㎏台にて、体重キープ。

フル前には、できれば、61㎏台まで落としたいのだが。
体脂肪やらなんやらが、頑固な肉付きと化したような気がする。

原因はわかってる。スイーツの日々(笑)

フルに向けて、減量!って気合いが、今のところない。皆無。
淡々と。食べたいものを食べましょう。


ウォーキング中、某病院の駐車ゲート前。
昨日から、マスコミの張り込みする姿が目につく。

朝から晩まで、手ぐすねひいて、待ち構えている様子。

駐車ゲートから出てくる車に対し、逐一、テレビカメラを向ける。
お目当ての人でないと見るや、カメラを下ろす。

一体、誰を張ってるんだ?
職場の噂になる。

もしかして、清原?
覚醒剤リハビリで、病院に来てる?
それはないんじゃないの?
取り調べを受けてる最中でしょ?

渡辺謙?
胃癌手術を受けたって報道されてたし。
でも、カメラを待ち構えるネタかな?

あんなに派手に待ち構えていたら、裏口から逃げるんじゃないの?
朝から晩まで、暇って言えば暇だよね。


夕方5時過ぎ。外出先から戻る。

某病院前では、さらに、マスコミの数が増えている。

エントランスに入ると、受付女性が話しかけてくる。

受付「BJさん、マスコミの数が、どんどん増えて、凄い人数になってますね。」

BJ「ホンとですね。誰を張ってるんですかね~?」

受付「○○議員の奥様を張ってるらしいですよ。」

BJ「あ~なるほど!」

受付「ああなると大変ですね。BJさんも気を付けてくださいね(笑)」

BJ「なんなんですか、それ(笑)」


軽妙なトーク。オヤジ的には悪くない(笑)

この受付女性

10㎞を50分で走るらしい。お早いのです。

気温マイナス2.4度の世界

中央公園の寒暖計
02 /09 2016
本日早朝ジョグ。9.4㎞。64分。

今週は、暖かくなるという天気予報。

しかし、早朝は、まだまだ冷え込む。
むしろ、先週より、寒いと感じる。

中央公園の寒暖計。気温マイナス2.4度。朝6時5分頃。


朝方は暗い。寒暖計の文字盤の光が反射し、写真に収めにくい。
何枚か撮り直すうちに、寒暖計の数値が微妙に変化する。

6時2分頃、気温マイナス2.2度。
しばらくすると、マイナス2.3度、マイナス2.4度。

わずか2-3分の間に、微妙に下がっていく。
どうせなら、マイナス2.5度になれ!と変な期待をする(笑)

が、期待に反し、マイナス2.3度へと上がってしまう。

もはや、これまで。。。by 敗走する戦国武将

手袋をつけ直す。
手がかじかんでいるのに気づく。思うように動かない。もたつく。

ウインドスプリント3本にて、ジョグ終了。

とても寒いけど。
ピリリとした雰囲気。引き締まる。



UKE練~サブ50ランナー様のソロウクレレ

ウクレレ
02 /08 2016
UKE練♪



久し振りに、ブログ村イベントに参加させて頂きました。

かなりご無沙汰なイベント参加。
年甲斐もなく、緊張しておりました。

参加者の皆さま、ご挨拶早々に、フレンドリーな感覚。
あぁ、ブログ村だなぁと思ったりしましたね。

新検見川の東大クロスカントリーコース。

激坂。


そして、激坂。


走り応えのあるタフな上り坂。下り坂。


広々としたコース。
見晴らしがよくて、気持ちよく走れましたね。

5㎞TTの二本目。
試しに、サブ40&50ランナーコンビに、こっそり付いていこうとしたのですが。

300mで諦めました(笑)

あっという間に、豆粒と化すお二人。疾風怒濤。


豆粒にはならず、並走して頂きました御仁。
ありがたや。ありがたや。


そして、メインイベント。

サブ50ランナー様のソロウクレレ♪



楽譜なしで、ジェイクシマブクロのソロを弾かれるとは。次から次に。

しかも、ランニングウェアで。5㎞TT×4本の合間に。

父ちゃん、楽譜があっても弾けない自信はたっぷり。
と言うより、ズバリ弾けないです。

お寒い中、身体冷えないのかな?と思いましたが。

熱い演奏ありがとうございました♪

プーマ イグナイト~早朝 零下0.7度

ランニングシューズ
02 /05 2016
【プーマ イグナイト】


ロング走向けに、プーマのイグナイトを買ってみた。



「PUMA FAAS 300 RS-J」に続き、プーマのランニングシューズは二足目。

「PUMA FAAS 300 RS-J」は、フルマラソンでの勝負シューズ。
軽いのに、クッション性能が高い。ポンポンと軽快な足運び。お気に入り。

イグナイトは、エントリーランナーからサブ4向け。
ロング走用としていいかも?と思った。



一番の購入動機は、割安になっていたからだけど(笑)

売り出しの頃、ウサイン・ボルトを起用し、派手なCM演出が印象に残る。鳴り物入り。

1年待つと安くなるね。懐に優しければ優しいほど嬉しい。

で、イグナイトの第一印象。

クッション性能と反発力の高さ。相反する要素を兼ね備える。メーカーの謳い文句。

確かに、感覚的には、クッション豊かだけど、反発を感じるかな。
キロ7:00辺りで走るより、キロ6:00まで上げたほうが、心地よい反発力を感じる。
「PUMA FAAS 300 RS-J」を少し重くしたイメージ。

ショップのランニングマイスターの店員さんにズバリ質問。

「イグナイト機能は、アディゼロのブースト機能と結局、同じようなもんですか?」

「はい、同じです。ただ、反発力はプーマが上と言われる方もいますけど、好みの問題もあるかもしれません。」


本日早朝6時15分頃。気温マイナス0.7度。



早朝、明るくなるのが、気持ち早くなってきたかも。

氷点下は痺れるねぇと思いつつ、春の息吹も感じるね。



レッテル張り~U23サッカー選手権

野球・サッカー
02 /01 2016
祝!優勝!

オリンピック出場おめでとう!

若き日本代表。大会前の評価は低かったけど。

下馬評を覆して、見事に優勝!

若き力が躍動したね。


グループリーグ初戦の対北朝鮮戦。
試合観戦後、オリンピック出場は、かなり厳しいな?と感じたんだよね。
前半早々に、隙をつくような先制点を取った後、押されっぱなしに見えたから。

グループリーグ最終戦のサウジアラビア戦でも、当たり負けしている印象を受けたし。

試合は勝てども、どこか迫力不足。
しのいで、しのいでという試合展開。物足りない。

決勝トーナメントを勝ち上がるのは、至難の技では?と思ってたね。


ところが合点。準々決勝の対イラン戦。

双方、固い試合運びで、延長戦に突入。

で、怒濤のゴールラッシュ!

延長戦で、3点ゲットだよ、3点!

ウォォー!覚醒!手を叩いちゃいましたねぇ。


そして、準決勝の対イラク戦。
リオ行きをかけた、運命の一戦。天下分け目の大勝負。

実力的には、イラクの方が上だったかも。

ところが合点。後半ロスタイムで、奇跡の決勝弾!

決めた選手には、とっても悪いけど。
あのゴールはまぐれ?と感じました(汗)
狙いすましたかのように、ゴールに突き刺さる。

ウォォー!再び、叫んじゃいました。

リオ行きを決めた遠藤主将の涙。
もらい泣きしちゃうよね。


で、決勝の韓国戦。

リオ行きを決めたし、勝っても負けてもいいじゃん。
TV観戦するも、気持ちは緩んでたね。

韓国に、前半先制される。
後半開始直後に、2点目献上。0対2。
万事休す。

勝負は決したと思って、テレビを消しちゃったんだよね。

ところが合点。スマホで、ニュース速報を見ると、日本が3対2で逆転!の文字が目に飛び込んでくる。

ゲッ?一体、何が起こってるんだ?
慌てて、テレビのスイッチオン。

既に、後半ロスタイム。
韓国陣内で、若き日本代表が、嫌らしくボールキープ。サイドラインからのスローインを繰り返す。
姑息な芸当ができるんだぁと感心。
プロなら、当たり前かもしれないけど。

歓喜の優勝。ガックリとうなだれる韓国選手。好対照。

大会を通して、成長したイレブン。

谷間世代とか。レッテル張っちゃアカン。

若いんだから。
1回や2回、失敗したって、挫折したって、レッテル張っちゃアカン。



一人娘もU23世代。
人生、まだまだこれからだよ。

1回や2回、挫折したって、どうってことない。
レッテル張っちゃアカン。

父ちゃんだって、挫折の連続なんだから。

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。