アンダーアーマー チャージRC

ランニングシューズ
04 /30 2013
アンダーアーマー チャージRC



買ってしまいました。
アンダーアーマー 入間アウトレット店でGET。
ゴールデンウィークセール!5460円!安い!
<スピードランナー向け>というセール文句に惚れてしまいました。衝動買い。

アンダーアーマーのランニングシューズは、以前から、気になる存在だった。
私は、アンダーアーマーを勝負ウェアにしている。コンプレッションウェアの雄。

シューズをアンダーアーマーにすれば、上から下までアンダーアーマーで統一できる。念願成就。一番の動機(^^)v 男のロマン。勝負どころでは、ビシッときめたい。

独特のフォルムをしたシューズ。反り返っている。バッタをイメージしているらしい。仮面ライダー?
シューズの紐が黒と黄色の二種類用意されていたが、より派手に見える黄色にした。
いいですね♪

さて、肝心の性能は?アンダーアーマーのシューズは未知数。楽しみ、楽しみ。
秋の大会に向け、テイクオフ(^_^)v

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
スポンサーサイト

信州なかがわハーフ&東根さくらんぼマラソン

大会エントリー
04 /29 2013
今後、参加決定している大会は、2つ。

5/5 信州なかがわハーフマラソン(長野)

6/9 東根さくらんぼマラソン(山形)

いずれもハーフマラソン。かみさんと一緒に参加する。旅ランだ。
前泊。旅行も兼ねている。温泉、観光、地酒等など楽しみたい。

大会当日は、ファンランで楽しむ。
かみさんと写真撮影しながら、走る。エイドも立ち止まって味わう。
タイムは狙わない。制限時間を目一杯使う。
ノンビリ走るのも良いものだ。常にタイムを狙うだけでは味気ない。

今は、秋に向けて鋭気を養う時期。ランニングは趣味なのだ。心を解放しよう。
観光も兼ねる大会では、ランニングを通して、土地の雰囲気をじっくり味わいたい。土地の方々ともふれ合いたい。

昨年6月に、旅ランとして、「南魚沼グルメマラソン」に参加した。福田六花さんプロデュースの大会だ。
大会の売りは、完走後のコシヒカリ食べ放題。お茶碗が参加賞として配られた。
前日祭から、参加者が楽しめるように色々と企画されていた。大会ゲストが松任谷政隆さんというのも異色だった。

このグルメマラソンでの仮装。



今週末に控える「信州なかがわハーフ」では、久し振りに、このタイガーマスクを被るつもり。
沿道の声援には全て応えます!
「1、2、3でダー!」
byアントニオ猪木


に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

大坂&神戸マラソンエントリー

大会エントリー
04 /28 2013
本日、大坂マラソンと神戸マラソンにエントリー登録をした。
いずれも抽選。当たるも八卦、当たらぬも八卦。
かみさんとペアエントリー。
ペアエントリーだと、単独エントリーより、当たる確率は高くなるのでは?と淡い期待を抱いている。

秋の大会で、どの大会を勝負レースにするかは、まだ決めてない。
関東地区であれば、湘南国際、又は、つくばのどちらを選ぶか?が順当なところだろう。
いずれも今まで参加経験はない。

大坂&神戸の抽選結果のタイミング、湘南国際&つくばのエントリー受付のタイミングを見ながら、決めることになると思う。

単純な確率論からすれば、大坂&神戸はペアエントリーなので、どちらかは当たるのではないかと考える。
でも、こればかりはわからない。とらぬ狸の皮算用。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

完全休養の日々~ブログ村読み逃げ~

ブログ・ブログ村のこと
04 /27 2013
ゴールデンウィーク初日。
埼玉県越生の五大尊つつじ公園。


かすみがうら終了後、完全休養。
通勤電車に乗り遅れそうになって、小走りした程度。ラン再開日は気分次第。2週間休んでもいいとのんびりムード。

ビールは毎日かかさない。
スイーツも大好き。特にチョコ好き。徳用袋のチョコ購入。ほぼ毎日食べている。幸せ、幸せ。

かみさんは、普段なら、徳用チョコを抱えて食べるな~!とコントロールしようとする。
今は大目に見ている。お互いフルマラソンを終えたばかり。さすが同士だ。

今日から、ゴールデンウィーク突入。


スイーツバイキングでも行こうかな。食べれば、その分走ればいい。今は走らないけど。

不思議なことに体重は増えない。フルマラソン効果かな。
でも、この効果は長くは続かない。油断すると太りだす。太れば走ればいい。くどいようだが、今は走らない。

この1週間、ブログ村のブログを多数拝見した。
マラソン新着記事のところで、
「かすみがうら」
「長野」
「富士五湖」
のキーワードをタイトルで見つけると、直ちにクリック。読み逃げの毎日。スミマセン。

長野なんて雪だぞ?
富士五湖は、寒中、100㎞、112㎞?
なんて変態揃いなんだ。あんな日に、大勢、喜んで走るなんて。

かすみがうら、もしかして、たいしたことなかったんじゃないの?
悪天候、悪天候と騒ぎ過ぎかな?大人の知性にかけたかも。
穴に隠れたくなる。穴はない。読み逃げ、読み逃げ。スミマセン。

通勤電車内で、ブログザッピング。
う~ん、凄い。この人には負けてるなぁ。
おっと、この人にはタイムでは勝ってるぞ。フッフッフッ。
思わず、ニヤニヤと笑い出す。大人の知性にかける。読み逃げ、読み逃げ。スミマセン。

でも、俺もかなり読み逃げされているようだな?
閲覧数がかなり増えているぞ。いつの間に、こんなに読まれるようになったんだ?
コメントしてくれると嬉しいのになぁ。

俺って、ブログの印象どうなんだろうな?
多分、性格がにじみ出てくるだろうし。

かみさんには、ブログ書いていることを話している。この前、初めて読んだとのこと。いかにも私らしいそうだ。
あんなに、細かく書いて読む人いるの?と言われてしまった。

うん、確かに。今日も長いな。いいじゃないか。ブログって日記だぞ。好きなように書かせろ。

ただ………私らしいとはいかに?
どう思います?人助けと思って、コメントしてみませんか?(笑)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうら後日談

かみさん
04 /26 2013
かすみがうらマラソンには、かみさんも参加。Fブロックよりスタート。
私は、Dブロック。ブロック整列前に、ハイタッチして別れた。

悪天候のため、ゴール後の待ち合わせ場所は駐車場にした。会場に一番近い土浦駅駐車場に止められたのだ。屋根もある。雨をしのげたので助かった。
駐車場は、ランナーの格好のウォーミングアップ場所になっていた。穴場だったかも(笑)

私は、必死のゴール。駐車場に直行し、ガチガチに震えながら、何とか着替えを済ませた。
人心地ついた頃、かみさんは大丈夫だろうか?と心配になった。

かみさんは、ファンランナー。
私と違い、タイムを狙ってのトレーニングとかは一切しない。のんびりジョグするだけ。月間走行距離も80~100㎞程度。
むしろ、山登りが好きだ。かみさんの走力の下支えは、山登りにある。

かみさんのベストタイムは、4時間45分。一年前の初フルマラソンでの記録。
当時、我がかみさんながら、素晴らしいタイムだと感心した。継続は力なり。

かみさんにとって、かすみがうらマラソンは、一応記録を狙っての?三回目のフルマラソン。
かみさんは、目標タイムを常に決めない。出たとこ勝負。

大丈夫かな?この天候だと嫌になるんじゃないかな?リタイアしてるかも?
思い浮かぶのは、マイナスなことばかり。よほど自分のレース結果が悪かったようだ(笑)

時計でチラチラと時間を確認する。
4時間45分でのゴールなら、午後3時15分には戻ってくるかな?5時間でゴールなら、午後3時半くらいかなぁ。
待てよ。Fブロックだと、スタート地点まで10分はロスがあるかな。そうすると、まだまだ帰ってこないだろうなぁ。
とか考えていたら、明るい顔で帰ってきた。午後3時15分過ぎ。早いじゃないか。

おーお疲れ!どうだった?
記録証が渡される。えっ?4時間37分!凄いじゃん!
8分も自己ベスト更新!嬉しそう。

この悪天候だから、リタイアしているかもしれないと思ったよと話すと、本番大会をリタイアするわけないじゃない!と強気の発言。
35㎞を越えてからタイムを計算し、 40分切りを狙ったと言う。ペースを上げたらしい。素晴らしい。旦那と大違いだ。

自己ベストを人に伝えるとき、4時間40分台と話すのと、30分台と話すのとでは、響きが違うと拘りをみせた。

帰りの車の会話は、対照的。
私は反省材料ばかり。かみさんは、終始ご満悦。

愚痴を並び立てる私に、かみさんは、「でも、悪天候でトレイに2回も行ったのに、自己ベスト5分も更新したんでしょ。立派じゃない。」
確かに。自己ベストを大幅に更新した人の言葉は、一味違う。前向きだ。

あれ?そう言えば、俺も自己ベスト更新じゃん。なんでこんなに悲観的なんだ?
トイレに2回も行ったのに、負けずに頑張ったんだよな?あの悪天候なら、よしとしなきゃ。

………でも、やっぱり来シーズンに向けて、新たな課題を突き付けられた感じは変わらないですね。
フルマラソンの神様は、甘くないや。本物のかみさんと違って(笑)

取りあえず、ビール解禁!スイーツ解禁!
暴飲♪暴食♪
甘辛両刀バンザイ\(^-^)/
乾杯、乾杯(^^)/\(^^)


かすみがうらマラソン おしまい。。。

(追伸)
大学生の一人娘は、魔裟斗を気に入っていたりする。打倒!魔裟斗!は、一人娘の尊敬を勝ち取るための目標。
帰宅後、「父ちゃん、打倒!魔裟斗!達成したぜ!格闘王のタイムを破ったぜ!」
「へ~凄いじゃん」一人娘は、iPhone5からチラッと目を離しただけ。それだけ?(苦笑)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ<
に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かすみがうら分析④~総括~

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /25 2013
かすみがうら分析①から③まで、言い訳を並べてきた(笑)

最後にまとめておきたい。
①ペース配分設定
②悪天候
③テーパリングミス
複合的に作用したと思う。原因はひとつではない。

たらればだが、晴天で暑かったらどうだったろうか?と考えてしまう。
私は、暑いぐらいの天候のほうが好きだ。今回の結果は、結局、想定外の悪天候がもたらしたとの思いがある。
あれ?また、言い訳?(笑)

ラストは本当に苦しかった。
37~9㎞は、6分1秒/㎞のペース。大失速。
40㎞では、遂に6分19秒/㎞まで落ちる。
右膝がガクッと一瞬抜けそうになった頃。歩かざるを得ないのか?
レース史上、最大の危機を感じた。「マラソンである以上、絶対に歩かない」というポリシーを捨てるのか?

まずい。このままでは、3時間50分切りも危うい。
意地でも50分切りは確保だ。ペースは6分/㎞ジャストでいい。負けるな!
打倒!魔裟斗だけは死守だ!

歯を食い縛る。しかめっ面。首を傾ける。息が上がる。もしかして、谷口浩美

41㎞付近で、5~6名で熱心に応援してくれる方々がいた。「残り1㎞だよ~頑張れ~自分に負けるなよ~!!!」有難い声援だった。
自分を鼓舞すべく、
「はい!」と腹の底から声を出した。
集団の皆様は、「おー!頑張れ!」と一斉に声をかけてくれた。力になりました。

後半、エイドの方々も熱心に声をかけてくれた。疲労の極みのため、応えることはできない。でも、間違いなく届いてます。谷口浩美?になりながら、大きく頷いてます。
ありがとう。

心で走れ!心で走れ!心で走るんだ!
瀬古利彦さんの直筆サインを頭に思い浮かべ、自らを奮い立たせる。

42㎞の手元ラップは、5分41秒!よく巻き返した。残りはわずかだ。

競技場前のゲートが見える。きた!ラストだ!
ラストスパートをかける。
ゴール手前で、うめき声をあげながら走った。自然にうめき声がでた。初めてだ。
もしかして、イカンガー?(ご存じですか?)

「ウゥ~ウゥ~ウゥ~~~」
何とも表現し難い。不気味だ(笑)
大会では、たまにうめき声をあげているランナーを見掛ける。初めて自分がなってみて、苦しみながらも全力を出そうとすると、自然に出てしまうものだと理解できた。
これからは、大会で見掛けたら、頑張れ!と声をかけてあげようかな。

ゴール!!!
タイムは?
3時間49分3秒!!!
やった!50分切りだ!


記録証では、3時間48分53秒(プライベートタイム)
手元時計より速かった。よかった。涙がちょいとだけボロリ。涙脆くて、お恥ずかしい。



大会スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、沿道の皆さん、警備強化の警察の皆様、かすみがうらマラソンに関係された全ての皆さん、ありがとうございました!

ラストは、勝ちました!
父ちゃん、頑張りました!


に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ<
に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かすみがうら分析③~テーパリングミス?~

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /24 2013


テーパリングは、セオリー通り、2週間前より開始。疲労抜きに入る。

テーパリングに入る前から、肩甲骨に疲労感。金哲彦コーチに拠れば、肩甲骨に疲労を感じるのは、疲労蓄積の証拠と言う。気になってはいた。
結局、本番まで、肩甲骨の疲労感はスッキリと抜けなかった。

本番まで残り4日の水曜日、最後の刺激入れランで、左膝上部の太もも前面に、軽い痛みを感じた。
残り2日の金曜日、調整ジョグ後も同じく痛みを感じる。
症状自体は、極めて軽い。普段なら、気にしない程度。本番前だから、神経質なだけでしょと割り切っていた。

そして、大会当日。寒さも相まってであろうか、以下の痛みが発生。レース中、こんなに痛みを感じたのは初めてだ。

①10㎞あたりで、肩甲骨に微妙な痛み。疲労が抜けていなかったか?と懸念。
②30㎞あたりで、左膝上部の太もも前面に痛み発生。出てしまったか?と心配。
③40㎞あたりで、右膝がガクッとくる感じ。ヤバい。レースで初めて歩かざるを得ないか?と思った。一瞬、右足を引きずる感じになったが、何とか持ちこたえる。
④ゴールが近づくにつれ、胃に微妙な痛み。気のせいだったかもしれないが。プレッシャーかな。
⑤ゴール後、喉が痛む。気管支に違和感。

いずれも初めての経験。
もちろん、レース中に疲労や苦しんだ経験は多数ある。ただ、今回は、いずれも特別な感触があった。
特に、ガクッときた右膝の痛みは焦った。レースでは、絶対に歩かないことをポリシーにしている。遂に歩いてしまうのか?
直感的に、まずいなという感覚がレース中に働いた。

レース終了した今は、心配するような痛みは残ってない。
肩甲骨の疲労は、やがて抜けるだろう。少なくとも1週間は完全休養。
両膝にきた痛みは、レース終了後の風呂で、充分にアイシング。解消済み。
胃や気管支炎の痛みもない。

フルマラソンは、何回挑戦しても楽なものではない。非日常。そこに悪天候が重なれば、様々な症状が具体的に発生するものかもしれない。医学的なことはわからないが。

かすみがうら分析④~総括~に続く。。。。。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ<

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かすみがうら分析②~想定外の寒さ~

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /23 2013


大会二日前より、天気予報とにらめっこ。雨の予報。雨量は1~2㎜程度。
この程度の雨量なら、問題ない。土砂降りならいざ知らず、多少の雨なら、むしろ楽に走れるというレース経験があったからだ。

問題は気温。
前日夜に、昼間12時でも最高気温は5度の予報。まさか?2月の一番寒い頃の気温ではないか。

大会当日、朝一番で天気予報確認。
雨量は4㎜まで増えていた。気温は、相変わらず、5度。厳しい天候になるかも?
でも、大会会場に着くまでは、楽観的に構えていた。寒いといっても、春先だし。

現地には、車で会場入り。大会会場近くの土浦駅駐車場に駐車。車で着替え。
用意していたウェアのうち、冬用の長袖アンダーアーマー&Tシャツ&ロングタイツ&ポンチョで挑もうとした。

駐車場から外に出て、アップで軽く走ってみる。吐く息が白い。雨足も強い。思ったより寒いぞ。ヤバいな。

急遽Tシャツを止める。撥水性の高い上下ウインドブレーカーに変える。真冬の一番寒いとき&雨天時のスタイルに変更だ。さらに、ポンチョも羽織った。準備しうる限りのフル装備。

私は、寒がり。体質的には、暑さには耐性があるが、寒さには弱い。
1月の勝田全国マラソンでは、晴天の天気を甘く見て失敗している。レース後半、向かい風による寒風にやられ、震えが走る状態に陥った。パフォーマンスは明らかに低下。同じ失敗はできない。

シューズも土壇場で変更。
この雨足だと、レース未体験のルナスピードライトでは不安が残った。過去、雨でも問題なく走ってくれたフェザーファインに変更。
フェザーファインは、三回目のフルマラソンになる。レースシューズとしては旬が過ぎているかもしれない。経験にかけた。

慌てて着替え直したため、スタートブロックに向かったのは、10分前を切っていた。
私は、Dブロック。目標タイムは、3時間45分で申請。

スタート!
雨足が強い。スタート早々、水溜まりが多いなと思った。
水溜まりがあると、前を走るランナーが一斉に大きく蛇行する。水溜まりだな?と分かる。おいおい、と苦笑まじり。

しかし、直ぐに笑い事ではなくなった。
うっかり水溜まりを踏むと、ソックスまで濡れる。重くなる。気持ち悪い。
並走するランナーから、水を飛ばされる。お互い様だが、愉快とは言えない。
あっという間に、シューズ内はグショグショに。
スタートして2㎞あたりで、リタイアしようかなと頭によぎった。本当です(笑)

3㎞あたりで、Aブロックのゼッケンを着けていたランナーが、二人並走してのんびり走っている。Aブロックのランナーがなぜこんなに遅いんだ?
二人の会話が抜くときに聞こえた。
「こんな天候は誰も想定してないよな。去年は天気が良くて良かったなあ。この寒さでは無理しないほうがいい。こんな時は、割り切って楽しく走りましょ。エイドを楽しみましょ。」

う~む、私もファンランに切り替えるか?(爆)
いや、この大会にかけてトレーニングしてきたんだ!お二人さん、サヨナラ!

しかし、寒い。スタートブロックに並ぶ前、尿意があった。スタート30分前にトイレは済ませたのに。
走っていると我慢できなくなくなる。10㎞地点で、空いてるトイレを見つけ、駆け込んだ。
一回だけならいいだろう。

しかし、暫くすると、また行きたくなる。なぜこんなに近いんだ?
前半我慢のペース展開。ハーフ地点を越えて一気に下るまでは我慢。想定通り、順調。
トイレを済ませるなら、前半にしよう。
やむ無く20㎞越えたあたりで、二回目のトイレ。

二回のトイレによるロスタイムは、3分程度。
二回もトイレに行ったことは初めて。
実質のロスタイムより、立ち止まることによるペース配分の乱れのほうが痛い。心理的な影響もある。
寒さにやられていた。

ハーフ地点を越えると、向かい風。寒風が吹き付ける。雨足を強く感じる。サングラス兼メガネに水滴がまとわりつく。拭っても拭っても視界が悪い。レンズが白く曇ることもあった。えーい、めんどくさい。ストレス。

ウェアも雨でグッショリ。雨を含んで重く感じる。このウインドブレーカーは、撥水性ではなかったのか。おかしい。

40㎞が近づくと、両腕に、冷えからくる痺れを感じた。勝田全国マラソンほどではないと感じられたのは、不幸中の幸いだったが。

悪天候にやられ、後半失速。苦しい展開になってしまった。
ゴール後、車まで着替えに戻るとき、あまりの寒さに奥歯がガチガチと震えた。回りにガチガチと震えている人は、見当たらない。寒さに弱い自分を実感した。

想定外の寒さが原因なのか、レース中、身体のあちこちから、痛みも吹き出した。
実は、テーパリング期間中、疲労抜きがうまくいってないかも?と感じていた。

かすみがうら分析③に続く。。。。。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かすみがうら分析①~ペース配分の謎~

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /22 2013

前半我慢、後半勝負のレース展開に持ち込むべく、ペース配分設定したつもりだったが、あえなく失速する結果になってしまった。

ペース配分は、5分10秒/㎞を基本にした。
このペースを守れば、3時間38分でゴールできる。

しかし、かすみがうらのペース結果の平均値は、5分25秒/㎞。
28㎞までは、5分10秒/㎞ペースを保っている。
しかし、29~33㎞では、5分20秒/㎞。後半勝負のつもりが、ペースダウン開始。
34~36㎞では、5分40秒/㎞まで落ちてしまう。
さらに、37~41㎞では、6分/㎞まで失速。
ラストは、根性出したものの、5分30秒/㎞に止まる。

典型的な失速パターン。
前半抑えたペース設定したつもりだったのに、ズルズルと失速する自分が不甲斐なかった。自分に怒っていた。一体何やってんだ!バカヤロー!
必死に堪えるしかない展開。何回やれば、気がすむんだ!バカヤロー!
こんなはずではなかったのに………

5分10秒/㎞のペース配分は、自分のペース結果から弾き出したもの。
一ヶ月前の熊谷さくらハーフ→4分35秒/㎞
本番2週間前の30㎞走→5分6秒/㎞。
本番1週間前の10㎞ペース走→5分1秒/㎞

5分10秒/㎞なら、トレーニングでも楽に走れるペースと体感していた。5分/㎞ペースまで上げると、一生懸命感が出てくる。
前半我慢、後半勝負の展開に持ち込むなら、5分10秒/㎞が適切だと判断した。

内心、5分/㎞でもいいのでは?と思っていた。熊谷さくらハーフでの結果が、自信になっていた。勝負するか?

過去の大会のうち、後半失速しなかったのは、サブ4達成した、昨年の板橋CITYのみ。
中間地点で2時間20秒のタイム。サブ4に黄信号が点灯したが、後半1時間58分でゴール。ネガティブスピリットを実現させた。会心のレースだった。

板橋CITYでは、我慢!をキーワードにした。確実にサブ4達成するために、ペース配分に余裕を持たせた。成功体験。

かすみがうらでは、この成功体験を踏まえ、ペース設定を決定。
5分/㎞では、余裕がない。5分10秒/なら、最後まで維持できるはずだ。熊谷さくらハーフの成功体験に依存してはならない。

しかし、結果は、上記の通り。負けた。

トレーニングで地道なロング走が足りないかも?と思ってはいた。
自分は典型的なスピードタイプのランナー。地力を上げるには、ロング走が重要。トレーニング日誌を紐解くと、足りないか?と考えていた。
結果は歴然。雄弁。

しかし、失速の原因は、自分の地力のみではないと思っている。
ロング走はさておき、去年より確実に実力が上がっている自分に、自信は深めていた。なぜだ?との思いが拭いきれない。
最低でも、3時間45分は切れると考えていたのに。

失速の原因は、大会当日の悪天候。想定外の寒さにあったと考えている。トイレに2回も駆け込む失態を演じた。

かすみがうら分析②に続く。。。。。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かすみがうらマラソン 結果

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /21 2013
打倒!魔裟斗(3時間51分14秒)!達成!

安田美沙子さん(3時間44分56秒)には、35㎞以降、競り合いで負け……
郷ひろみさん(3時間38分47秒)は、その影も踏めず終い……

3時間48分53秒(ネットタイム)でした!
自己ベスト5分更新!


………ですが、敗北感。一言、悪天候と寒さに負けた。地力の無さも痛感。
後日、分析したいと思います。

ボランティアスタッフの皆さん、寒い中、ありがとうございました。素晴らしい大会でした。
後半キツかった場面でも励まされました。
皆さんの力なくしては、完走できません。感謝致します。
今度は、晴天でお会いしましょう!

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうら前日~こころで走る~

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /20 2013
遂に前日。リラックス。

明日の天気予報は、雨。寒の戻りの天候のようだ。
午前10時、本番ウェアを着て、外気の感じを確認してみる。雨対策で、ポンチョや防水ウェアに着替えたりして試す。
大まかに決めた。最終的には、現地の天候次第で臨機応変に対応したい。

昼は、お気に入りのうどん屋に行き、つけ汁うどんでカーボローディング。大盛り。
補給食等の買い出し。一人娘のiPhone5への機種変に付き合ったりもした。

午後から、ランニング書籍数冊を積み上げ、レース本番対策の頁をパラパラとめくってみる。

名伯楽:小出義雄監督は、その書籍で、Qちゃんこと高橋尚子さんに、「我慢、我慢、我慢。マラソンは我慢だよ。」といつも言っていたと書かれている。

かすみがうらマラソンは、前半にアップダウンがあるが、ハーフ地点を越えたあたりで一気に下り、そこからはフラットなコース。フラットなコースに出るまでは、我慢したい。
今回の目標は、打倒!郷ひろみ!3時間38分37秒を乗り越えたい。自己ベスト15分更新を目指す。
勝負は後半30㎞以降。そこまでは、我慢、我慢、我慢だ。

フルマラソン直前に、必ず見る書籍は、瀬古利彦さんの「マラソンの真髄」
正確に言えば、瀬古利彦さんの直筆サインだ。


ご存じのとおり、瀬古選手は、男子マラソンの第一人者。
瀬古選手の全盛期のレースで、強烈に印象に残っているレースがある。
ゴールの競技場まで競いあう展開になり、抜きつ抜かれつのデッドヒート。見ている側は、決着はどうなるか?と力が入る。
競技場に入り、トラック勝負になった途端、瀬古選手がスパートをかけ、あっという間に競っていた相手を置き去りにした。
当時、マラソンのことは全く知らなかったが、子供心に凄い!と興奮した。ボクシングで完膚なきまでにノックアウトをかましたような感じだった。
個人的には、スポーツ史に残る名場面のひとつだ。

第一人者の語る言葉は重い。書いてある練習方法自体は、私のような凡庸な市民ランナーには到底真似できない。
しかし、この書籍で脈々と語られる、マラソンに対する精神論には啓発される。極めるということは、こういうことなのか、と感じられる本だ。

この直筆サインは宝物。
マラソンで苦しくなった時、私は、「心で走るんだ!」と頑張るようにしている。
瀬古利彦さんの言葉に間違いはない。

フルマラソンに誤魔化しは効かない。マラソンにまぐれはない。スタートラインに無事に立てれば、勝者だ。
スタートしたら、ショータイム!楽しもう!
fight(p^-^)p

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

やり過ぎよりは、やらな過ぎのほうがいい

ランニング研究
04 /19 2013
やり過ぎよりは、やらな過ぎのほうがいい

かすみがうらマラソン大会本番まで、残り二日。
今週の仕事は無事終了。月曜日は有休取得。有難い。

早朝6㎞ジョグ。ペースは、7分/㎞から上げていき、最後は6分/㎞。体調を整える時期。身体への負荷は軽めだ。
明日は、もうトレーニングはしない。ランは本日で終わり。調整終了と思うと、ちょっとだけホッとする。

疲労がすっきりと抜けてない感じがある。走るペースが向上したので、トレーニングで身体にかかる負荷は強くなったと想像する。多少の疲労感は当たり前と割り切るしかない。

今週は疲労抜きを意識し、無理はしていない。
火、水、金と早朝ランしたが、ジョグレベル。距離も合計19㎞。直前の練習量は、いつもこの程度。もう鍛える時期ではない。

「やり過ぎよりは、やらな過ぎのほうがいい」は、一般的な言葉だと思う。書籍等あちこちで見聞する。
他方、本番のスタートラインでは、多少身体が重く感じたほうがいいという指導もよく聞く。
両者は相反しないのかもしれない。

では、どうすれば疲労をしっかりと抜きつつ、身体を重くするのか?と質問したくなる。実際の案配は微妙だ。

私は、体感では、スタート地点では、身体を軽く感じていたい。身体が軽いとペースアップの危険性有りのようだが、それはペースコントロールの世界。すっきりとした気分で本番は迎えたいものだ。

いよいよ本番間近。明日は、無駄な体力は使わない。人間の身体の回復には、二日かかると言われる。いわゆる超回復の考え方だ。
リラックスしていこう。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうら!断酒!~歓送迎会の魔の手

職場の風景
04 /18 2013
私は、飲み会が好きだ。盛り上げ役。回りに迷惑はかけてないと本人は思っている。

酒量自体は、たいしたことはない。体質的には弱い。ビールジョッキ二杯も飲めば、真っ赤。陽気に騒ぐタイプのため、飲めると勘違いする人もいる。
止めときゃいいのに、勢いで飲んで、酷い目にあったことは、枚挙に暇がない。

かみさんは、年齢を重ねても若気の至り?を繰り返す私を、「人間って変わらないね。恥ずかしいね」と笑う。慣れたものだ。

しかし!そんな私でも大会直前は、飲み会を避ける。4月に入ってから、仕事関係での飲み会は一切行ってない。奇跡的。

家での晩酌は、軽くしていた。ビール党。
しかし!先週土曜日、最後の缶ビール後、酒は一滴も飲んでない。大会1週間前から、断酒。

金哲彦コーチは、【「乾杯」の我慢が「完敗」を防ぐ】と、書籍で説く。
マラソンは、肝臓を酷使するスポーツゆえ、肝臓をしっかりと休ませたほうがいいと指導される。
また、飲みに行くと体重が増えやすい。気を付けないといけない。

会社員としては、潤滑油の飲み会を避けるのは、残念なところもある。
しかし!大願成就させるためには、断酒。気分はアスリートなのだ。

時は4月。人事異動の季節。歓送迎会が繰り広げられる時期。
私の職場での正式な歓送迎会は、大会後に行われることになった。一安心。

しかし!曲者は、個人的な歓送迎会。
お誘いの誘惑をいかに振り払うか。いやいや、正確には、行きたいと思う気持ちをいかにセーブするか(笑)
別にいいじゃないか、軽くにしとけば問題ないでしょ。内心思う。
しかし!軽くですむわけがない(笑)

大会本番まで、残り3日。絶対に飲み会を入れてはならない。誰が誘おうとも断る。

しかし!先日、昼飯の時間に、社食で、Aさんが寄ってくる。「そろそろ、例のメンバーで懇親会やりましょうよ」と、にこやかに話しかけてきた。
私:「お~いいね。やりましょうよ。これから段取りするとなると、来週くらい?(今週はダメだよ!)
A:「いやいや、今週末あたり、どうですか?」
私:「今週末ね。いいじゃない。(来週って言ってるだろ!)
A:「都合どうですか?」
私:「どうだったかな?後で、予定確認しておくわ(予定なんかないけど。悪いな。来週にしような!)

(括弧内)が、私の心の叫び。何故か予定があり、来週に先伸ばしたことは言うまでもない。
大人の対応は必要です(^_^)v

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうら相棒シューズ決定!

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /17 2013
NIKE ルナスピードライト!


この決定には、紆余曲折があった。

昨夜、気持ちは、アディゼロマナ7に傾いていた。なぜか?

二日前に書いた、有森裕子さんの名言「やり残したことより、やってきたことを信じる」
やってきたことを信じるならば、マナ7を相棒にすべきでは?
ハーフの自己ベスト更新連発&30㎞走のタイム更新は、マナ7のおかげ。
結果を叩き出してきたマナ7を信頼すべきではないか。

かみさんも、かすみがうらマラソンに参加する。同じくシューズ選択に悩んでいる。asicsのDSトレーナー又はNIKEルナエクリプスで決定しかねている。
シューズは違えど、悩みは共通。選択の分岐点は、足の保護を重視するか否かだ。

何故にマナ7を、フルマラソンでは相棒にできない?と思ったか。
最後の30㎞走での使用後、全身の疲労度合いがいつもより相当に高いと感じたからだ。30㎞以上になると、私の足では持たないかもしれないと直感。野獣の勘が働いた。

急遽、NIKEルナスピードライトを試す。
クッション性があり、足に優しい。優しいながらも反発力がある。

1週間試用。大会まで残り1週間と迫った日曜日、10㎞ペース走で使用。期待に応えるラップタイムを出してくれた。
本番に向けて、憂いはない。はずだったが………

不安感が拭えない。なぜか?
・NIKEルナスピードライトは、実戦経験がない。実戦経験させずに、フル本番に臨んだことがない。
・10㎞以上の距離を走らせてない。テーパリング期間に入り、試す機会を逸した。

そこで、有森裕子さんの名言を踏まえ、実績あるマナ7に心が戻った。
相棒決定前に、マナ7の使用感を再確認しよう。

本日早朝、久し振りにマナ7に足を通す。外に出て、歩いてみる。足がビシッと固められ、引き締まる感覚を思い出した。戦闘体勢。さすがだ。

いよいよ走り出す。あれ?シューズの底がこんなに薄かったっけ?地面からの反発がかなりあるな?しんどい?

1㎞も走らないうちに、慌てて家に戻る。NIKEルナスピードライトに履き替えて、比べようと思い直した。

NIKEルナスピードライトに履き替える。ソフト。クッション性が心地よい。スピードにも乗る。7㎞軽快にラン。
わずか1週間ほどのトライアルで、ここまで足に馴染んでいたとは。

決めた!相棒は、ルナスピードライトだ!
今の感覚だと、ルナスピードライトがベスト。やってきたことを信じるなら、今の感覚を信じよう。

マナ7ありがとう。ハーフでまた活躍してくれな。
頼むぜ!ルナスピードライト!

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

ボストンマラソン 衝撃

父ちゃんの独り言
04 /16 2013
朝7時、NHKニュース番組のトップニュースで、ボストンマラソン爆発事件の報道。
衝撃を受けた。フィニッシュライン付近での爆発。まさか?

かすみがうらマラソンを控える身には、他人事とは思えない。
爆発事件の影響で、大会は途中で打ち切られたとのこと。八歳の子どもも犠牲になったらしい。なんてことだ。

ボストンマラソンは、メジャー大会との認識はあったが、詳しくは知らなかった。急ぎ、ネットで調べてみる。

・1897年開催。オリンピックに次いで歴史の古い大会。今回は、117回目。
・誰でも走れるわけではない。参加資格タイムのクリアが必要。
・メジャー大会で初めて女性参加を容認。
・瀬古利彦さんが二回優勝。
・定員27000人

着目したのは、参加資格。
年齢別・男女別にタイム設定。男子34歳以下で3時間10分。市民ランナーには相当にハードルが高い。
年齢が上がるに従い、このタイム設定は緩やかになる。私の年齢(50ー54)だと、3時間35分。今まさに、私が目指しているタイムのあたりだ。
女子のタイムは、男子より30分遅い設定。合理的だ。

アメリカ人市民ランナーにとって、ボストンマラソンの参加資格を得ることは、目標となるらしい。老若男女の区別なく、達成を目指せる目標設定になっているようだ。
確かに、理想的な想定をしていると思う。

日本だと、別府大分毎日マラソンが参加資格を設定しているが、年齢別・男女別の設定はなく、タイムのみで一律に制限をかける。
客観的には、若い世代のアスリートが有利なのは間違いない。女性は不利だ。
主観的には、負けてたまるか!とは思うが、年齢による限界はあるだろう。

また、同じメジャー大会でも、東京マラソン参加は偶然の産物でしかないと思う。
ボストンマラソンの工夫をみると、もう少し知恵を絞って欲しいと感じる。

ボストンマラソン参加は、市民ランナーにとって、名誉なことだと実感した。誇りを胸に秘めて参加された方もいるのではないだろうか。
それだけに、今回の悲劇は、残念でならない。
参加したランナーの心中を思いやると、やるせない。フィニッシュライン付近という位置にも憤りを覚える。

この事態を踏まえ、恐らく、21日開催の全国各地の大会では、何らかの対策が急遽検討されることになるとは思う。
ただ、万全のセキュリティ対策は難しいだろう。大会主催者の苦労が忍ばれる。

残念無念。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

有森裕子さんの名言

ランニング研究
04 /15 2013

「やり残したことより、やってきたことを信じる」by有森裕子


かすみがうらマラソンまで残り6日。カウントダウン開始。
この時期になると、気持ちが逸る。ランニング書籍やランナーズ等のフルマラソン直前対策を漁りまくる。

今までのトレーニングに問題はなかったか?
これからでもやるべきことはないか?
直前のトレーニングメニューをどうするか?
カーボロディングどうするか?
当日のベストな準備方法は?

既に何回も読んでいる本でも、なぜか読み返す。答えは出ているのに、なぜか考える。恒例行事(笑)

しかし、新たな発見があった。冒頭の有森裕子さんの名言を、某雑誌で見つけたのだ。
有森さんは、レース前に「私はこれをやったじゃない。あれやったじゃない」と、やってきたことだけを考えるそうだ。プラス思考。

では、私がやってきたことは何か?

ハーフマラソンに二回出場。3月始めの立川CITYハーフで、念願の100分切り達成。
その3週間後の熊谷さくらハーフで、さらに3分記録を更新し、1時間36分台でゴール。

本番3週間前と2週間前。2週連続で、30㎞走実施。去年参加した青梅マラソンの記録を12分も上回った。

立派な実績ではないだろうか。日々のトレーニングの賜物だ。去年より確実に進歩している。やってきたことを信じよう。
最後にジタバタしてはいけない。どっしり構えていよう。
有森裕子さん、ありがとうございます。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

体感ペース走~かすみがうら刺激入れ

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /14 2013
本日、体感ペース走第4弾。

体感ペース走は、今からフルマラソンを走る!とイメージして走るもの。
かすみがうらマラソン大会本番まで残り1週間。最終刺激入れも兼ね、10㎞で測定した。

本番を想定し、ウェアも本番仕様で望む。


朝7時。外に出た瞬間は肌寒い。走り出して暫くしたら、丁度いい案配。大会当日、晴れならば、このウェアで挑むことにしよう。

2㎞のアップジョグ後、ガーミンで測定。
今回、3㎞以降のラップは、一切時計を確認しないことにした。ガーミンの自動測定に任せる。走り終わった後で確認する。
というのは、1㎞毎にラップを確認すると、ペースを上げすぎと思うと抑えたり、逆にペースが落ちたかなと思うと上げたりと、ペースが時計に左右されると思ったからだ。まさに体感で走る。

ラップを確認せずに走るのは、初めての経験。新鮮だった。ラップは以下の通り。意外な結果になった。

【ラップ】
1㎞:5分
2㎞:5分9秒
3㎞:5分4秒
4㎞:5分11秒
5㎞:5分1秒
6㎞:4分57秒
7㎞:4分56秒
8㎞:4分57秒
9㎞:4分54秒
10㎞:5分2秒

後半、4分台で走っている。このペースが持続するなら、サブ3.5は射程範囲内。身体の命ずるままに自然に走った結果。意外に速い。

走りながら、速く走れるようになったなと感じていた。
1月の勝田全国マラソンでは、5分25秒/㎞ペースで望んだ。そのペースより25秒も速い。二ヶ月半で、大幅にペースアップだ。
トレーニングの成果。本番に向けて、自信がついた。

もう慌てても仕方がない時期。落ち着いて本番を待ちたい。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

トレイルの効用~山西哲郎先生

ランニング研究
04 /13 2013
早朝、疲労抜きジョグ。一時間。9㎞。
ジョグ後、ウインドスプリント3本。軽く刺激入れ。

ジョグをすると、両足の膝付近に微妙な筋肉痛を感じた。疲労抜きでゆっくり走った。
最近、寒さがぶり返している。ピリッとした空気間。気持ちが引き締まる。

ゆっくりジョグの場合、私は、トレイルの道を好んで走る。トレイルといっても、大袈裟なものではない。近場の公園の脇道レベル。未舗装の道といった方が正確だ。

レースを控えてのトレーニングは、舗装されたコンクリートの道を走ることが中心になる。
コンクリートの道を走っていると、足の筋肉の一定の部分が固くなってくる感じがある。舗装道路は、衝撃が強く、足に優しいとはいえない。

トレイルの道は、足に優しい。足場が安定しないので、足の筋肉をバランスよく使う。ゆっくり走ると、自然と足の疲労を抜いてくれる感じもある。
しっかりと大地を捉えて走る分、コンクリートの道ほどスピードは出ないが、心地好い感触がある。
私は、ゆっくりトレーニングでは、なるべくトレイルを走るように心がけている。

これは、ランニング学会の大御所:山西哲郎先生の教え。現在、立正大学の教授をされている。

山西哲郎先生には、ランニングを始めて三ヶ月辺りの初心者の頃、たまたま指導を受ける機会があった。
当時、山西先生のことは全く知らなかった。何の先入観もなく、気軽にレッスンに参加。
先生は、気持ちのいい青空の下、受講生を芝生の上に座らせる。一時間以上、延々とお話をされた。
この話しが抜群に面白かった。単なるハウツーではない。さすが大学教授だと感嘆した。

帰宅後、早速、山西先生について調べてみる。市民ランナー指導者の草分け的存在だとわかった。無知とは恐ろしい。
以来、私は、山西先生を一方的に師として仰いでいる。

先生は、トレイルの効用を説かれていた。4年経った今でも、私は、その教えを実戦している。
山西先生ありがとうございます。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうらマラソン 気温?

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /12 2013
本日早朝、5㎞ジョグ。30分。6分30秒→5分30秒まで軽くビルドアップ。無理はしない。首、肩に疲労感。

かすみがうらマラソンは、「暑い」大会と言われる。3月に比べ、4月はさすがに暖かい。
かすみがうらマラソンのホームページを閲覧すると、過去5年の気温の記録が掲載されている。
三年前は17度だったようだが、それ以外は、12度程度。一見、暑くはなさそうにみえる。

しかし、これはスタート時点、午前10時の気温。
当然、昼から午後にかけて、晴れれば気温は上昇する。曲者だ。

かすみがうらマラソンでの過去のブログを閲覧してみる。マンモス大会だけあって、ブログは多数。気温については、暑いという感想が多い。
体感としては、やはり暑いのだろう。

雑誌ランナーズに、春のマラソン大会の注意点として、以下のポイントが示されている。

【(春先は)身体がまだ暑さになれていない。同じ「15度」でも、秋なら「涼しい」、春なら「暑い」と感じ方が異なる。思いのほかダメージも大きい。】

問題は、突然寒くなる可能性もあるということ。春は気候が不安定だ。
ウェアの準備は、暑いとき、寒いときと備える必要があるだろう。

むやみに、茨城県かすみがうら市の天気予報を確認したりする。今から気にしてもしょうがないかもしれないが(笑)
に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

NIKE ルナスピードライト 試走

ランニングシューズ
04 /11 2013
本日、ランオフ。肩甲骨に疲労感あり。テーパリング留意。

昨日の体感ペース走で、NIKEルナスピードライト使用。かすみがうらマラソンで相棒と出来るか?購入後、三回目の試走。

三回目になると、初期の固さが取れてくる。クッション性が豊かと改めて感じる。心地好い。スピードにも乗る。そして、軽い。

個人的な使用感として、アシックスのフェザーファインに比べ、軽いという印象がある。

アシックスでは、ニューヨークをLSD用で使っている。ニューヨークは初級者用シューズとして、定評がある。
ニューヨーク&フェザーファインの印象から、アシックスのシューズは、作りがしっかりしていると感じる。足を確実に保護してくれる。安定感抜群。
その反面、スピードに乗る感じがないと個人的には思う。

NIKEのシューズは、アシックスとは印象が異なる。ソフト。軽い。スピードに乗る。スピードに乗ったときのほうが、安定性があると感じる。
反面、ガチッと支える感じはない。開放的。ゆったりとしたジョグ時に、微妙に不安定に感じるのは気のせいだろうか。

個人的な使用感に過ぎない。人によって好き嫌いはあるだろう。
NIKEルナスピードライトは、ハーフマラソン等の実戦で試す機会がもはやない。実戦レースで試さずに、フルマラソンに望んだ経験はない。一抹の不安が残る。

でも、かすみがうらマラソンは、NIKEルナスピードライトで望む可能性が高い。
そのクッション性から足に優しい。そしてスピードにも乗る。自分の感覚を信じよう。

腹をくくる時期。市民ランナーに失うものはない。偶然出会ったシューズで大会に望む。これもひとつの醍醐味だ。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

体感ペース走 第三弾

トレーニング
04 /10 2013
本日早朝に、自称)体感ペース走実施。三回目。
自称)体感ペース走

自分の身体に、フルマラソンの適正ペースを聞いてみるもの。自然体で走る。フルマラソンスタート5㎞のイメージ。

ウォーミングアップジョグ3㎞後、5㎞の距離で測定。

【ウォーミングアップ ラップ】
1㎞:6分17秒
2㎞:5分54秒
3㎞:5分37秒

【体感ペース走 結果】
25分58秒 平均ペース:5分11秒/㎞ 心拍数:146

【体感ペース走 ラップ】
1㎞:5分8秒
2㎞:5分15秒
3㎞:5分19秒
4㎞:5分10秒
5㎞:5分3秒

本日の結果から、適正ペースは、5分10秒/㎞と考える。
今日で測定三回目。三回の結果を総合すると、5分10秒/㎞ペースが適正だろう。
このペースだと、打倒!郷ひろみ!(3時間38分37秒)が目標になる。

サブ3.5には届かない。しかし、現在の実力だと、最後まで失速することなく、走りきれるペースは、このあたりか。

打倒!郷ひろみ!を達成できれば、今年1月に参加した「勝田全国マラソン」での自己ベスト:3時間53分57秒を、大幅に15分も更新だ。
勝田全国マラソン

客観的な分析は、以上。

さて?胸に秘める野望はいかに?本番でのお楽しみ。
It's A Show Time!

……って、まだ残り10日もあるな(笑)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

人間五十年

人生はラテン系
04 /09 2013
人間五十年、下天の内をくらぶ れば、夢幻の如くなり

かみさん、いつもありがとう(~▽~@)♪♪♪





に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

目標タイム~新ライバル登場~

目標タイム
04 /08 2013
「目標タイム」について、過去記事:目標タイムで、以下の著名人を目標にしていると書いた。

打倒!魔裟斗(3時間51分14秒)!

打倒!郷ひろみ(3時間38分37秒)!

打倒!村上春樹(3時間31分26秒)!

打倒!伊達公子(3時間27分40秒)!


かすみがうらマラソン挑戦にあたり、目標「3時間45分切り」の目安となるランナーがいない?と迂闊にも気付いた(笑)
魔裟斗と郷ひろみとのタイムが空きすぎている。

いた!安田美沙子(3時間44分56分)さんだ!

安田美沙子さんは、私より1年ほどランニング歴が長いと思う。
安田美沙子さんが、2011年11月の湘南マラソンで、サブ4達成と聞いたときに、彼女が達成したなら、俺にもできるはずだ!と当時思った(偉そうでごめんなさい)

雑誌クリールで、サブ4達成前のトレーニング内容について、安田美沙子さん自らが語っていた記事を見たことがある。
細かい内容は忘れてしまった。工夫して努力した結果だと関心したことは覚えている。

女性のサブ4達成比率は、統計では13%程度。サブ3時間45分の達成比率に至っては、8%を切る。
安田美沙子さんは、素晴らしいランナーだ。

相手にとって不足はない!
打倒!安田美沙子だ!(女性に呼び捨てでごめんなさい)

魔裟斗は、もうライバルではない!(多分?)
乗り越えて然るべき相手だ!(魔裟斗さん、ごめんなさい。ランニングの話です。格闘したら、秒殺間違いなしです)

郷ひろみもターゲットの範囲内だ!待ってろよ!(えっ?本人は待ってないだろうって?一方通行?でも、俺の心の中では、ひろみsmileで仁王立ちしてますが何か?)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

NIKE ルナスピードライト&フェザーファイン

ランニングシューズ
04 /07 2013
本日、のんびりジョグ。昨日の30㎞走の疲労抜き。8㎞。約1時間。
NIKEルナスピードライトを使用した。二回目。

昨日の30㎞走では、アディゼロマナ7を使用。
本番に向けてのシュミレーションを兼ねたが、フルマラソンでの使用には不安が残った。筋肉痛の度合いが高かった。

アディゼロマナ7は、ハーフでは、見事に自己ベスト更新連発。期待に応えてくれた。素晴らしいシューズだ。
しかし、このシューズは、基本的に固い。私の足でフルマラソンに耐えられるか?漠然と思っていたのは事実。

そこで、急遽、ルナスピードライトを再試し。
初試し履きでは、ぐらつき感を感じた。
主眼は、安定性の確認。結果、安定性に問題なしと思えた。

NIKE ルナスピードライトは、フェザーファインと似た印象がある。
あえて、比較すると、個人的には、以下の違いを感じる。
①クッション性は、ルナスピードライトのほうがある。
②安定性は、フェザーファイン。フラットソール。
③ルナスピードライトは、足先が狭い。フェザーファインのほうが余裕あり。
④スピード感は、ルナスピードライトのほうがあるかな。

いずれもいいシューズだと思う。甲乙つけ難い。
フルマラソンを走るなら、私の実力では、これぐらいのクッション性は欲しいと感じる。直感。

フェザーファインは、アクアラインマラソン&勝田全国マラソンで二回使用した。ハーフマラソンやトレーニングでの使用を含めると、ざっと400㎞は走っていると思う。レースシューズとしては、旬を過ぎている。

急遽、NIKEルナスピードライトを大会本番で使うかどうか?ハーフマラソン等のレースで一度も使ってないという不安がある。
レース代替となるようなトレーニングをする必要があるだろう。
更に確かめることにしよう。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ<

30㎞走~リベンジ~

トレーニング
04 /06 2013
リベンジ成功d(⌒ー⌒)!



【結果】
2時間33分13秒。5分6秒/㎞。心拍数:156bpm
※先週より、5分2秒タイム更新。
平均ペースも、10秒/㎞アップ。


【5㎞毎のラップ】
※5分5秒/㎞ペースだと、5㎞ラップ:25分25秒
1-5㎞:25分29秒
5-10㎞:25分12秒
10-15㎞:25分20秒
15-20㎞:26分6秒
20-25㎞:25分23秒
25-30㎞:25分26秒


【先週との相違点・良かった点】
①朝食
→餅4個は変えなかったが、ソイジョイ(バナナ味)で栄養分プラス。
②ペース
→先週は、最初からペース確保しようと気持ちが焦っていた。今回は、本番レースのイメージで5㎞までウォーミングアップのイメージで慌てず入った。
③先週は、補給食持たず。今回は、ヴァームゼリーを持ち、15㎞地点で補給。
④先週は、疲労がピーク。今回は、リカバリー期のため、疲労抜きで挑めた。
⑤先週は、雨。今週は曇り空。走りやすかった。

【反省点・心配材料】
①ペース
→ラスト5㎞でペース上げられず。維持するのが精一杯。苦しいゴールになった。
②体感
→今回も20㎞以降、体感としては苦しかった。
③シューズ
→アディゼロマナ7は、長い距離走ると、足にくるか?ゴール後、筋肉痛がいつもより強い。

【結論】
ほぼ5分5秒/㎞ペース。タイムは5分更新。
リベンジ達成!と言っていいだろう。
30㎞の自己ベスト更新。先週同様、トレーニングなので、参考記録だが(笑)
ただ、体感としては、後半キツかった。結果としてのペースは保っているが、後半は維持するのが精一杯。
このペースでは、本番30㎞以降、失速する可能性が高いと感じた。
この結果を踏まえ、目標タイムは、決めたい。

シューズも悩む。アディゼロマナ7は、ジャストフィット。今はクッション性も感じ、固い印象は払拭している。
しかし、ラン後、筋肉痛がいつもより強く感じたのは、私の筋力不足だけなのかどうか?
考える時間は残り少ない。

ここで、かみさんの一言。
「健康にいいから、ランニングしているのに、フルマラソンは身体に悪い。ハーフぐらいが丁度いい。」
かみさんは、同じく、かすみがうらマラソンに参加する。かみさんは、本日、2時間LSD実施。
LSD後のつぶやきでした。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

かすみがうらマラソン 案内状到着

2013/4 かすみがうらマラソン
04 /05 2013


届いた!
スタートブロックは、Dブロック!
ブロックは、A~Hまで別れているので、真ん中よりは上だ。
目標タイムを3時間45分で申請した結果だろう。順当な位置だ。

ちなみに、かみさんもフルマラソン参加。
かみさんは、Fブロック。目標タイムは、4時間30分で申請している。

いよいよ残り2週間。
明日の土曜日は、30㎞走することにした。再チャレンジだ。
レースを意識したペース配分にしたい。
最初の5㎞は、5分10~15秒/㎞でいい。
その後、5分5~10秒/㎞で走りたい。
ラストは、5分/㎞を切れればベスト。

天気予報では、午後より春の嵐になるようだが、午前中は持ちそうだ。
フルマラソンの神様が、走れ!と命じているに違いない。やるぞ!
気分は、アスリートだ。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

NIKE ルナスピードライト デビュー

ランニングシューズ
04 /05 2013
昨日、体感ペースの際、NIKE ルナスピードライトをデビューさせた。乗り味はどうだろう?とわくわくする。



で、第一印象。
①軽い。
②柔らかい。クッション性十分。
③足先が少し狭いか?
④走り始めのゆっくりランしているときに、ぐらつく印象。スピードに乗った後は、解消。

第一印象としては、アシックスのフェザーファインに似ていると思った。いずれもクッション性があり、柔らかで足に優しい。

歩いていて、フェザーファインのほうが、土踏まず部分へのサポート力が柔らかにあると感じたが、それほど大差はないと思う。

ぐらつき感は多少気になる。
ペースに乗ってからは全く感じなかった。が、ウォーミングアップでゆっくり走っているときに足首がちょっとグラグラするかな?と感じた。
この点は、次回感じるか?確認してみたい。

総じて足に優しい履き心地。安定感がある。adidasのアディゼロマナ7のように、レーシングタイプの印象は感じなかった。

かすみがうらマラソンは、アディゼロマナ7でチャレンジすることは決定している。
ハーフで自己ベストを更新させてもらった、頼りになる相棒。信頼している。

といいつつ、他のシューズも試したくなる。
大会本番前って、浮わつくもんです(笑)

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

自称)体感ペース走 第二弾

トレーニング
04 /04 2013
本日、早朝ラン。
昨夜のナイトラン終了時刻は、午後8時。本日の早朝ラン開始時刻は、午前5時30分。
トレーニングの間隔は、9時間程度。短い。

本番近くなると、故障は避けたい。疲労も溜めたくない。トレーニング間隔が短くなるのは、控えたほうがいいことは理解している。

しかし、大会開始時間に合わせ、早朝ランを習慣化したい時期。
ナイトランによる鈍い疲れは感じた。が、体感ペース走を実施した。先週に続き、二回目。

体感ペース走とは、フルマラソンスタート5㎞をイメージして走るもの。時計を気にせず、自然体で走る。丁度いいペースがどの程度なのか?身体に聞いてみる。

3㎞のウォーミングアップ後、ガーミンで測定。結果は以下の通り。

1㎞:5分8秒
2㎞:5分13秒
3㎞:5分17秒
4㎞:5分1秒
5㎞:4分48秒

ラスト5㎞は、ペース上げすぎ。
ラストでは、無意識のうちに、ペースが上がってしまうのだろう。体感でも、4分45秒ペースでフルマラソンを走るのは、キツいと感じた。

今日の結果を踏まえると、5分5秒~10秒が適切なペースだろうか。先週とさほど変わらない結果になった。

私は、過去、記録にチャレンジした4大会のうち、3大会で後半失速、苦しい思いを経験している。
失速した3大会では、調子がいいと勘違い。レース前半から、想定ペースより上げてしまい、後半失速。毎度、この繰り返しでは進歩がない。

ペース決めは難しい。本番になると、また勘違いしてしまうような気がする(笑)

さて、先週土曜日に、30㎞ペース走で失速という失敗をしたため、今週末土曜日に、30㎞再チャレンジすべきか?考えている。
先週土曜日のペース走が上手く走れていたら、20㎞ペース走に止めていたが……
セオリーなら、トレーニング量は減らす時期。
あいにく、天気予報も雨の予報。

さてはて、どうするかな?

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

ナイトラン

トレーニング
04 /03 2013
今朝も雨。風も強かった。
今日走らないと、3日走らないことになる。
休養ウィークとはいえ、3日空けるのはまずい。
「3日続けて休まない。3日続けて走らない」は、市民ランナーへの定番の提言。
久し振りにナイトランをした。

40分、約7㎞。つなぎジョグ。軽く走る。
夜は、当然だが暗い。暗いと道が見にくい。見にくいので、走りにくい。
ナイトランは、あまり好きではない。仕事終わりに走るのも億劫だ。

でも、走る。走れば気持ちいいものだ。
明日は、体感ペース走をしたいね。

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

ステーキガストの謎?

人生はラテン系
04 /03 2013
昨夜、かみさんが忙しく、夕飯は外食することになった。

では、どこに行こう?
かみさんは、ステーキガストはどう?と言う。
バイト帰りで腹を空かせている一人娘は、いいね♪と言う。
私は、ステーキガスト?と思う。

ステーキガストは、バイキング付のファミレス。
お値段が安いし、サラダ&デザートバイキングもある。気軽にステーキが食べられる。
普段なら、よし行こう!と二つ返事だが………

大会本番まで近いんですよ。減量する必要があるんですよ。バイキングは危険なんですよ。
勘弁して下さいよ(^_^;)

私は、難色を示す。
かみさんは、じゃあどうしようか?と言うが、私も男の子。ステーキは好きだし、バイキングも好き。
バイキングだけど、そんなに大食いしなきゃいいか。結局、即決(爆)

バイキングでは、いつもより、よく噛んで食べる。ご飯も食べ放題だが、ホドホドに。
でも、家で食べるよりは、やはり食べてしまう。満腹感f(^^;
あ~あ、やっちまったかな。

本日の朝、おそるおそる体重測定。
私は、毎朝、起床直後に体重測定している。体重管理だ。
昨日の朝は、61.5㎏。大会当日は、少なくとも60㎏台、出来れば59㎏台まで落としたい。

さて?62㎏に乗ったかなぁ(-_-)

あれ?60.7㎏?なぜに?まさか?間違い?もう一回測定するか?
いや、男の子なら一回勝負だ!
本日の体重は、60.7㎏!と力強く記録したことは言うまでもない。

かみさんに、なぜか体重落ちてたよ!不思議なこともあるもんだ!と無邪気に話す。
へーそうなんだ~不思議だねぇと適当な相づち。

これだけで、今日は幸せな気分。はい、単細胞だと認めます!
お後がよろしいようで(^^)v

に ほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ

BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。