父の日にオフクロと卓球~プレミアム・エビスビール

一人娘
06 /18 2017
父の日前日。

一足早く、実家のオヤジに寿司をご馳走する。
地元では、評判の持ち帰り寿司。お手軽に。

オヤジは、81歳。楽々とたいらげる。食えるうちは大丈夫と思う。

寿司を食べた後、オフクロと実家の近くにあるコミュニティセンターに卓球をしに行く。

近頃、さりげなくブームとなっている卓球。久しぶりにしたいと思い、オフクロに頼んでみる。

オフクロは78歳。卓球歴は30年以上。年季が入っている。
本気を出されたら、到底、敵わない。オフクロも元気なもんやな。

父ちゃんは、初心者。
今から始めるなら、ラケットの持ち方は、ペンホルダーではなく、シェイクハンドの方がいいそうだ。

最初はラリーがあまり続かなかったが、トライしているうちに、続くようになる。そうなれば面白い。

熟練のオフクロがつないでくれるから、テンポよく続くのだろう。
テニスもそうだが、卓球も上手い人とやる必要があるのだろう。

20分もやれば十分と思っていたが、気づくと2時間近くプレーしていた。

オフクロに言わせると、父ちゃんは素質があるらしい。

テニスに比べると、卓球は強い日射しを浴びずにすむ。重いラケットを振り回すような力もいらない。ダッシュも不要。体力的には楽だ。
50半ばの年頃から始めるスポーツとしてはいいかもしれないなと思う。

何より、オフクロとスポーツすれば、親孝行になる。息子とすれば、そりゃ楽しいだろう。多分ね。


明けて、父の日当日。

朝8時からシングルスのテニスオフに参加した。



シングルスのテニスオフの参加は、3回目。ダブルスだけでなく、たまには、シングルスもしてみたい。シングルスは全てのプレーが自分の責任。そこが面白い。

参加者は6名。
ゲーム形式は、5ゲームマッチ。総当たりで回していく。

【戦績】
1ー4
5ー0
3ー2
5ー0
1ー1(時間切れ終了)

15ー7(合計)


ゲーム数としては、大きく勝ち越すことができた。
シングルスをすると、ウィークポイントが露になる。フォアハンドだ。手打ちになっていて、ボールコントロールが悪い。
ストローク合戦になると、バックハンドの方が当てになる。

サーブ&ボレーもトライしてみた。
父ちゃんレベルで、サーブ&ボレーを冒険的に展開する人はいない。「後は野となれ山となれ」作戦だ(笑)

見事にボレーが決まると、観戦者の拍手が起こる。
淡々とした態度を保ちつつ、内心、決めたなとニヤリ(笑)

参加者6名のうち、父ちゃんと同世代の50代男性が3名、40代男性が1名、30代男性は2名。

傍目で見ていると、父ちゃんと同世代の二人は、後半、足が動かなくなっていた。体力切れだ。
反面、40代、30代の男性は最後までしっかりとフットワーク。体力面は如実に現れる。

父ちゃんは、30代男性に負けず、ラストまで動けていたと思う。このフットワークはフルマラソンのおかげ。

そして、元気な身体に生んで育ててくれたオヤジとオフクロのおかげだ。


「父ちゃん、冷蔵庫のビールは見たか?父の日やで。」

一人娘が声をかけてくる。

ほぉ、忘れてなかったのね。



プレミアム・エビス。

発泡酒党の父ちゃんには、高級極まりないビールやな。

ありがたや、ありがたや。

乾杯♪


宮里藍選手の引退会見を受けて一人娘との会話

一人娘
06 /01 2017
宮里藍選手の引退会見での言葉。

モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手です。
モチベーションの維持が難しいと感じ始めたのが4、5年前。
メンタルコーチにも相談して、色んな選手にそういう時期はある、と励まされましたし、自分でもモチベーションを戻せるようにここ4年くらい頑張ってきたのですが、それが戻ってこないことには自分とも向き合えないなと感じました。
やれていた練習ができなかったり、トレーニングでも自分を追い込むことができなくなっていたので。



宮里藍さん、まだ、31歳なんだね。
プロゴルファーはプレー寿命が長いから、いかにも早い気はするね。

テニスの伊達公子選手が若くして引退しながら、年齢を重ねた後、現役に復帰されたように。
宮里藍さんも復帰したくなったら、すればいいんじゃないかな。



父ちゃん「藍ちゃんの気持ちはよーくわかるでぇ。父ちゃんも2年前の東京マラソン完走後、モチベーションの維持ができなくなったからな。」

一人娘「ど素人が超一流のトッププロと同じにするな(笑)」

父ちゃん「いや、素人であろうとプロであろうと、一生懸命になれば気持ちは同じやでぇ。」

一人娘「父ちゃんが止めるのは自由だが、藍ちゃんが止めるのは残念やな。」

父ちゃん「歳を取ったら、再び、やりたくなることがあるんじゃないかな。父ちゃんがテニスを再開したようにな。」

一人娘「だから、ど素人のレベルと一緒にするな(笑)」

父ちゃんの心根を理解するには、もう少々、人生体験が必要と思われますな。


「孤独のグルメ」の焼肉店に誘われて

一人娘
05 /16 2017


おぉ……さすが特選カルビ!
食べ心地も超高級座布団だ
ドンドンガバガバ
行きたくなる、
ドンガバチョな肉だ


『孤独のグルメ シーズン6』での決めゼリフ。

一人娘がテレビで紹介された焼肉屋に行きたいと言う。

土日祝日は、予約ができない人気店。
ゴールデンウィークに行こうとするも、開店の17時ジャストに店に着くと、既に長蛇の列。

ひょえ~~~やむを得ず、断念。

17時で行列なら、開店15分前に行ってみよう。
15分前なら、大丈夫でしょう。

日曜日に、リベンジ決行♪



既に待ちのグループは、見たところ、3組足らず。

よし、OKや! 目論見、成功!

待っているうちに、父ちゃん達の後ろにも続々とお客さんが並ぶ。
テレビの影響って凄いね。
焼肉屋で、辛抱強く並ぶかいな?

父ちゃん達も並んでいることは、棚に上げておく(笑)



旨いっじゃないすかっ♪

確かに、ドンガバチョや ♪



舌鼓を打ちつつ、行列はどんな案配になってるんだろう?と気になったりする。

お店の扉をガラリと開けて、「どれぐらい待ちますか?」とか尋ねるお客さんが結構いたりする。
外は並んでるんだろうなぁ。

焼肉屋で待ち時間を読むのは、無理でしょ。
回転の早いラーメン屋のようなわけにはいかないでしょうなぁ。


一時間ほどで食事を終えたご夫婦が店を後にする。

開店同時に入り損ねたOL風のお二人は、店に入ってくるかしら?















おぉ、入ってきた。一時間以上、待ってたんだね。

うん?ご年配の方が一緒だね?
OL風のお二人、よく見ると、顔が似てるな。
そうか。ご年配の方は、お母様かな。
今日は、母の日だし。親孝行かね。多分ね。

そりゃあ、待つかな。意地でもね。


父ちゃん達は、90分を越えた辺りで、店を出る。

まだ、18時半やで。お天道様が明るい。
普段なら、まだ、夕飯食べてまへんな(苦笑)

外は、案の定、行の列。

テレビの影響、恐るべし。

でも、平和な光景やな。


子は親の鏡

一人娘
05 /08 2017


一人娘「今日から、あたしは2日休みやで。世間はゴールデンウィーク終わりだけど、あたしはまだ休みだと思うと、嬉しいね(笑)」」

父ちゃん「あ~わかる、その感覚。出世したもんやね(笑)」

一人娘は、今日から大阪USJへ、友達と遊びに出かける。

社会人3年目にして、ゴールデンウィーク明けに、2日も休みを取るとは偉くなったもんや。
環境に恵まれてるのだろうね。いいことや。



本日の日めくりカレンダーの格言。

「子は親の鏡」

いや、父ちゃんは、ゴールデンウィーク明けに、休みをさらに取ったことはないと思う。取る勇気もない。

「鏡」と仰るなら、休みをこよなく愛する点かな。



いつもより早めの通勤電車内にて。


BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。