初めてのカーリング観戦

父ちゃんの独り言
02 /24 2018
カーリング女子準決勝。対韓国戦。

熱戦が続く平昌オリンピック。カーリングはリアルタイムで観戦したことがなかった。ルールがよくわからないからだ。

しかし、メダルをかけた準決勝。これは応援せねばなるまい。

観戦するうちに、要は円内の中央にストーンを置けば勝ちなのだなとシンプルに理解した。

とてつもない神経戦。
戦う選手は次々にショットを放つ。繊細な集中力。頭がクタクタに疲れる頭脳戦が繰り広げられるなと感じる。

面白かったシーン。
第5エンド終了後の休憩タイムで、選手達が車座になって、イチゴをパクつく。
遠足を楽しむ小学生のようだ。微笑ましいねぇ。



試合はリードを許す苦しい展開。
ギリギリで追い付き、土壇場で延長戦に持ち込む。テレビから目を離せなくなる。


ここまで来たら、勝て!頑張れ!日本!


迎えた韓国の最終ショット。
中央にストーンを置かれたら負け。果たして?

メガネをかけたキュートな韓国選手が、気合いの入った真剣な目線でショットを放つ。緩やかにストーンが伸びていく。円内の中央に近づく。


真ん中に行くな!

滑れ~滑れ~滑れ~!

伸びろ~伸びろ~伸びろ~!



無情にもピタリと中央に止まる。


あぁ~~~~


残念。素晴らしい試合だった。ありがとう、日本。

中継していたNHKのスタジオにて、男性アナウンサーが涙ぐんでいたと感じたのは気のせいだろうか。


スポンサーサイト

滑って転んで

父ちゃんの独り言
02 /23 2018
朝の通勤ラッシュの時間帯。
電車を乗り換えるとき、足早に歩を進める。

今朝は微妙な雨模様。路面がうっすらと濡れている。

緩い下りの路面にて。
前行く方がゆっくりと歩いている。すぐ横をすり抜けるかのように追い抜こうとする。

その瞬間。
黄色い点字ブロックの突起部分にツルリと足元をすくわれる。
時すでに遅し。不覚にも激しく転んでしまう。



しまった。
こんな何の変哲もない場所で転んでしまうなんて。みっともない。先を急いだ俺がアホやった。

後ろを歩いている人に迷惑をかけてしまう。振り返りながら、「すみません」と瞬時に起きようとする。

「大丈夫ですか!?」

突然転んだ私に驚いたのだろう。
背後の女性の方が、姿勢を前にかがめ、咄嗟に両手を大きく広げて差し出してくれた。
その手は借りずに立ち上がる。

「大丈夫です。すみませんでした。ありがとうございます。」

照れ笑いを浮かべ、前を向き、歩みを再開する。普段と全く変わらずに。
人混みを行きながら、人の情けをほのかに感じていた。

惻隠の情。


プーさんシャワー

父ちゃんの独り言
02 /17 2018
羽生結弦、氷上の復活!

スーパースターですなぁ。



演技終了後、投げ入れられるプーさん、プーさん、プーさん。

一体、3000円から10000円くらい?

ファンって奴はありがたい。


オヤジ的オリンピックの視線

父ちゃんの独り言
02 /15 2018
昨日の平昌オリンピック。銀メダルラッシュ!

ベストを尽くした選手達。オヤジ的には、誰か金メダルを取って欲しかったと思う。

スノーボードの平野選手。
19歳らしからぬ落ち着きぶり。イチロー的な雰囲気が漂う。大物感満載。

ノルディック複合の渡部選手。
サッカー日本代表の長谷部主将に似ていると感じる。好感持てるナイスガイ。

スピードスケート1000mの小平選手。
鋭い視線で睨み付ける。ヤンキー入ってる。勝負師。そこんとこよろしく、500m。



女性スピードスケートの外国人選手。
競技が終わると、フードとサングラスを脱ぐ。
ブルーアイとブロンドヘアーが飛び出す。綺麗やなぁと思う。

全力を出しきった選手は、上着のジッパーを下ろす。膝をついて屈む。

おや?胸元がチラリズム。オヤジ的にはテレビでも視線が向く。フムフム。

かみさんに聞く。
オヤジ的には自然に視線がいってしまうが、女性はどうか?

かみさんは言う。
そんな見方をしたことはない。

こりゃまた失敬。


若き王者の言葉

父ちゃんの独り言
02 /13 2018
平昌オリンピックで銅メダル!

高梨沙羅さん、おめでとう!



20代前後の若きアスリートの躍動。
アスリートの世界は、一人娘より少しだけ若い世代が中心になりつつあるね。
顔を見ると、ツルリとしていい可愛い。

メダルラッシュとなった昨夜。
一番注目していたのは、高梨沙羅さん。
ジャンプは、天候にされる微妙な競技と感じた。

風の強さによって、スタート地点のバーを上げたり下げたり。途中中断が何回もあったり。競技中から、明らかに雪の降り方が強くなったり。

素人目には、この競技に真の公平性は、本当に保たれているのかと思う。

しかし。朝のニュースでの高梨沙羅さんの言葉。

「ワールドカップでもこんな天候で競技を行うことはあります。平昌は強風が吹いたり、天候が変わりやすいことは知っていましたので、気になりませんでした。」

王者の言葉。天候を言い訳にしない。心の準備。

おめでとう!

お疲れ様!


BJ

そこら辺にいるオヤジでございます。