父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

GW初日~壁打ちとマリーンズと

GW突入。九連休。ありがたや、ありがたや。

去年はバンクーバーマラソンというビッグイベントがあったが、今年は大きな旅は入れてない。近場でノンビリ。

GW初日、緩く朝ジョグしながら、テニスの壁打ち場へと向かう。



朝6時過ぎ、門は固く閉められていた。

もしかしたら開いてるかも?とダメ元で向かったが、朝6時に開いてるわけないよな(笑)

午後から、西武ドームで、ライオンズVSマリーンズ観戦。



我がマリーンズが、6対3で快勝!

二木、ナイスピッチング!

福浦、走者一掃のタイムリー!

大地と三木がホームラン!

なかなかに見ごたえのある試合でございました。

なのですが、我がマリーンズの打率の低さは異常値でしたねぇ。

チーム打率が一割台で低迷しているらしいが、確かにひどい。
三番の清田は、打率一割切ってしまったし。
三番打者が一割にも満たないなんてあり得ないでしょう。

ということは、本日は貴重な勝利だったかもしれまへんな。


超一流の教授のお話

お世話になっている某専門家事務所のセミナーに参加する機会があった。

テーマは、父ちゃんの業界で、今、一番ホットな行政方針にかかるもの。

行政方針作成において、諮問機関の座長を務められた学者先生がセミナー講師。その道では超一流の教授。

これは、参加しなきゃアカンでしょ。



で、参加してみて。


超一流の教授の話は、知的興奮を沸き立ててくれる♪


レジュメには書かれてない舞台裏の背景、行間に込められた思い、ひとつの言葉の表現の意味を深く深く掘り下げていく。

面白い!

仕事のセミナーで面白いと感じることは、なかなかにないもんやでぇ。

一言も聞き漏らすまいと集中して、メモを取りまくりました。

一時間があっという間。

さらに、詳しいお話を聞かせておくんなましとの想いがもたげる。

恐れ入りました。

学問の世界も、超一流の技は巧みやね。


サムシング&ヘイ・ジュード~ウクレレでトライ



昨夜の「ポール・マッカートニーIn 東京ドーム」

「ジョージに捧げます♪」と、ポールがウクレレでサムシングを歌う。

おぉ、ウクレレ♪

見た目、父ちゃんでも出来そうやな。

で、ライヴの興奮冷めやらぬ中、本日早朝、サムシングにトライ。

お気に入りのウクレレ楽譜サイトで、「サムシング」を拾い上げる。

よし!
















ダメだ。難しい。

じゃあ、ヘイ・ジュードはどうだ?



















ダメだ(泣)

ならば、レット・イット・ビー♪

ウクレレ始めた頃に覚えた、黄金メロディーやでぇ♪

手中に収めてるでぇ♪

まずはゆっくり。

次に、テンポアップ。

ジャンジャン、ジャカジャン♪

よし!

当分、ウクレレは、レット・イット・ビーでいこう♪

人生はラテン系♪



ONE ON ONE/ポール・マッカートニー IN 東京ドーム



二日前。

かみさんのリクエストにお応えして、急遽、チケットゲット!



かみさんは、4年振り。

父ちゃんは、なんと、27年振りのポール・マッカートニー♪





サービス精神、変わらず旺盛♪

74歳なの? 衰えないですなぁ。



ありがとう、ポール♪

ポール、ジョージのサムシングをウクレレで弾いてたな。

トライしてみましょ♪

【セットリスト】
01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. BlackBird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude
encore
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End



変な夢

近頃、変な夢を見ることが多い。

誰かに追いかけられたりとか。
誰かに襲われそうになって、逃げ回ったりとか。
乗っている電車が脱線し、車内パニック状態になったりとか。

悪夢が多い気がする。どうして、こんな夢を見るのだろう?

スマホで、「変な夢を見る」で検索してみる。
総じて、ストレスや不安、心配ごとを抱えていると書かれているような。
検索結果を追いかけても、きりがないので適当なところで止める。


極めつけの悪夢。
4日ほど前、誰かを殺した夢を見た。

正確には、誰かを殺した場面は出てこない。
が、誰かを殺したという意識はある。

朝のテレビニュースで、父ちゃんが人を殺した犯人として、派手に報道されている。
父ちゃんの顔写真が、ニュース映像に流れる。

父ちゃん、淡々とテレビを眺めている。
親父とお袋に話をしなきゃと思う。
実家に電話する。親父が出る。

「お前、一体、なにしてるんだ!テレビで大騒ぎされてるぞ!」

親父は、怒っている。知ってるよ、と答える。

父ちゃん、キチンとした訳があると話す。
どんな理由を説明しているかは、夢見な感じで不鮮明。

この夢で印象に残っていること。

父ちゃん、終始、冷静に事態を受け止め、淡々とした態度を保っていた。
全く動揺していない。物事には道理があるかのように。


昨夜も変な夢を見た。

なぜか、深田恭子が登場する。



5~6人で、バンのような車に乗り、荷台で車座になって、ワイワイと楽しげ。

なぜか、福山雅治もいる。

「ドライブが終わって解散したら、家まで送ってくれない?」

深キョンが話しかけてくる。
甘えるような目。可愛いけど、小悪魔だなと思う。

「お前、なに誘ってんだよ~どうせ、福山と一緒に家まで送ってもらうつもりだろう?」

同乗している仲間が囃し立てる。

「バレたか(笑)」

深キョンがチロリと舌を出し、愛嬌を振りまく。

なんだ。父ちゃんは、アッシー君かい。
まっ、そんなもんだよね。

で、目が覚める。

この夢の意味は、一体?

当然だが、深田恭子も福山雅治も現実には会ったこともない。

「芸能人が出てくる夢」で検索してみる。

何かの願望の現れらしいが……………………?

まっ、どうでもいい。

取って付けたことをもっともらしく解説してるだけだ。あまり意味がない。

重要なのは、深キョンと会話できて、何だか幸せってことだ(笑)

幸せなら、いいじゃないか。

だから、男はバカなのよ?

人生はラテン系♪


Latest