父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

京王プラザホテル~スイーツバイキング


熊本城マラソンの完走記念!

ってなことで、かみさんプレゼンツにて、スイーツバイキングへと繰り出した。



ストロベリーフェア開催中。

一人娘も、一緒に食べに行くと言う。
一人娘は、スイーツより焼き鳥派。お珍しい。



かみさんは、だいぶ前から予約していたようだ。人気らしいね。



で、一皿目。
スイーツ溢れる中、お口直しで、唐揚げ、春巻き、イカのフリッターを入れたりしている。



で、二皿目。
お口直しは、サラダ&サンドイッチ。



出来立てのパンケーキ。
店員さんが運んできてくれました。



他にも、とちおとめ、フルーツ、ホットドッグ等々、盛りだくさん。

飲み物も、各種フルーツジュース、コーヒー、ハーブティー等など。バラエティに富んでましたね。

スイーツバイキングのポイントは、お口直しの軽食だと思いました。
スイーツを食べつつ、揚げ物を食べたりすると、落ち着きます。

午後3時から二時間のバイキング。
たっぷりと堪能させて頂きました。

夕飯は、無しと致しました。

期せずして、昼夜兼用でございました(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

テニススクールにて体験レッスン



テニスの勘を取り戻すためには、スクールに通うのもいいかな?
と思って、平日ナイターのお試しレッスンに参加してみた。

コーチは女性。気さくに話しかけてくる。
レッスンになると、次から次にメニューをテキパキとこなしていく。

素人が集まるテニスオフとは、トレーニングの密度が違う。プロやね。

コーチのボールを受けて感じたこと。
ボールに伸びがある。軽く打っているのに、手元でグッと食い込まれる感じがある。

本気で打たれたら、手も足も出ないだろうな。
当たり前だけど。

コーチは、サーブのフォームもカッコいい。
こんな風に打ちたいと感じさせる華麗なフォーム。

父ちゃんのサーブがフットフォルト気味だと直ぐに見抜かれてしまった。
もう少し右足を粘った方がいいとアドバイスを受ける。


父ちゃん、学生時代、30年前ですけど、テニススクールのアシスタントコーチをしていたんですよ♪


……………ってなことは、口が裂けても言えない。
そんなことを言う前に、空振りするなよって感じだよね。

おっと。
チャンスボール!と思って、スマッシュを打つべく、ラケットを振り切るも、ボールの手応えがない。

あれ?
振り返ると、ボールが背中越しにポーンと軽く弾む。

あちゃー(^^; ド派手な空振り。

コーチも、一瞬、絶句したような雰囲気を感じ取ったのだが、気のせいだろうか(笑)



レッスン中に、男性プレーヤーから声をかけられる。

「相当やっていたんですか?」

手前味噌だが、父ちゃん、学生時代にもフォームは綺麗と言われたりしていた。
一応、まだ、綺麗に打っているようには見えるのかなぁ。

「えぇ、一応、学生時代にテニスをしてました。30年前の古い話なんですけどね。」

「遠慮せずに、ガンガン打っていいんですよ。」

「いや、遠慮はしてないです。これでも精一杯やってます(笑)」

そうなのだ。一生懸命プレーしている。

その場その場で、一瞬、集中する。

スイートスポットを外すことは、数知れず。

ミスを連発したとしても、めげずに集中。

いいね、この感覚。甦るね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

プロとの仕事

今、業務の関係で、とある専門家のアドバイスを受けながら、仕事を進めている。

この専門家。
アドバイスをお願いする前に、経歴を秘かに確認したのだが、錚々たるもの。

どんなエリート然とした方が来られるのだろう。
初対面でご挨拶させて頂くとき、楽しみにしていた。

第一印象。
物腰が控えめで、優しげで落ち着いている。
アドバイス業務の話になると、端的に、説明。余計なことは言わず、コンパクトに結論付けていく。
低めな声のトーンが説得力を増す。

無駄口の多い父ちゃんとは、大違いやな(笑)


本日の打ち合わせでも、明確かつ的確なアドバイスを頂く。とてもありがたい。

専門家と言っても、話が長いとか、そんなことは聞いてないとか、メールの表現がわかりにくいとか、チョイと偉そうだなとか。
もろもろ感じることはある。

人間のやることなのだから、専門家といえど癖はある。

が、今、お世話になっている専門家の方は、そんなことは一切感じない。

とにかく落ち着いていて、控え目ながら、明快。
相手がプロだと、こちらもプロ的に対応しなきゃと思う。

余計な世間話はしない。父ちゃんとしては、珍しい(笑)

父ちゃんも50代なんだから、人生はラテン系♪ばかりではなく、少なくとも、仕事では、落ちつかないとね。

何を今さら?って感じだけど(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

がまだせ!熊本での個人的ナイスショット


【路面電車~熊本城】


熊本都心部に走る路面電車。背景に、熊本城がそそりたつ。

路面電車に、昭和的な風情を感じるのは、東京人だからだろうか。
東京では、路面電車は荒川線を残すだけ。地下鉄網の発達で、廃れてしまったよね。


【くまモンさん】


マントを羽織るくまモン。仲良しのシンボル。
足裏を撫でると、友達が増えるらしい。
ナデナデ。


【あんたがたどこさ】


あんたがたどこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ♪




【山水亭のラーメン】


熊本グルメと言えば、ラーメン。

宿の仲居さんに、地元オススメのラーメン屋を尋ね、紹介を受けた店。
仲居さんによると、某有名店は、味にムラがあるため、仲間内でよく行くお店だそうだ。

惜しみなく盛られた豚の角煮。旨いっじゃないスカッ♪


【巻誠一郎】


アーケード街に飾られた「巻誠一郎」の写真。

元サッカー日本代表。
ジーコジャパンでサプライズ選出されたが、人々の記憶には残っているだろうか。
どんな状況でも、がむしゃらに走り、ボールを追いかけ続ける、ひたむきさ。
ロアッソ熊本でも走り回ってるかなぁ。


【お手製ポンチョ】


熊本城マラソン受付にて配られていた優れもの。
寒さよけで使ってくださいとのこと。うまい絵だよね。ありがたいね。

キャラのお腹に「ド」名前がついてる。
このキャラはなんだろう?

答えは、ドン・キホーテの「ド」
熊本城マラソンを走っているときに、ドン・キホーテ店を見つけて、「あっ、あれだ!」と疑問が氷解。

かみさんと喜び勇んだとさ(笑)


【がまだせ!熊本!】


「がまだせ!」は、熊本弁で「がんばれ!」という意味。
街中のあちこちで、見かけたメッセージ。

「東京から来ました。」と話すと、熊本の方は、おしなべて、「わざわざ東京からですか。」と暖かみを感じる言葉をかけて頂いた。

祈る、復興。

ありがとうございました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

春の嵐 羽田空港 大混乱~遅延の機内にて


熊本城マラソン翌日。

市内散策後、リムジンバスにて熊本空港に到着。
熊本空港17時10分発羽田行きのフライト情報を確認する。

おや?
先発予定の東京便が、1時間以上も遅延と出てるな?
父ちゃんの便は、予定がまだ出ていない。
東京は、春の嵐か。大丈夫かな?

一息入れるために、イスを探す。
待ちぼうけを食らっている乗客が多いのだろうか。空いているイスが見当たらない。

ようやくイスを見つけると、かみさんはトイレへ行き、父ちゃんは荷物番。



空港内で、父ちゃんの便の出発情報がアナウンスされる。
15分遅れで、17時25分出発予定とのこと。

あれ?
先発予定の便に比べ、ずいぶん出発が早いね?
飛行機の便の順番は、そういうものなのかな。


空港で締めのお土産を買い、荷物検査のゲートをくぐる。



ゲート通過時に渡された確認書には、25分遅延とある。微妙に、遅延時間が伸びたな。

空港では、「東京が強風のため、状況によっては羽田空港には着陸できず、関西空港に向かうことがございます。ご了解下さい。」とのアナウンスが何度も響く。

了解できる人なんているの?
と思いつつ、仕方ないと思いつつ、まさか、そんなことにはならんでしょと楽観しつつ。

飛行機は、25分遅れの17時35分に出発。

飛行が安定した18時過ぎ。

機長「羽田空港には、風の影響次第ですが、19時20分頃に到着する予定です。遅れまして、申し訳ありません。」

30分ぐらいの遅れなのね。その程度なら、別にいいでしょ。


18時50分頃。

機長「これから着陸態勢に入ります。強風の影響で、飛行機が揺れる可能性がありますので、皆さま、シートベルトをしっかりとご着用下さい。」

いよいよだね。意外に順調だね。

19時頃。

機長「先程、着陸態勢に入ると申しましたが、強風の影響で、羽田空港への着陸を待つ飛行機が滞留しております。
着陸態勢には入らず、待機することにします。」


ありゃりゃ。簡単にはいかないね。

19時10分頃。

機長「現在、伊豆大島上空で待機しております。着陸の指示が出るまで待機することになります。」

19時20分頃。

機長「羽田空港への着陸を待つ飛行機が数10機おります。このまま、待機を続けます。」

数10機?
まだまだ、時間がかかりそうだな。

19時30分頃。

機長「現在、千葉沖で待機しております。
次の指示は、10分後になると管制官から連絡が入りました。
次の連絡が10分後にあるというだけで、着陸の指示が10分後に出るわけではありません。」


ふーむ。細かいこというね。
かみさんも指示があるかどうかは、乗客には関係ないよねと言う。同感。


父ちゃん、待機する間、機内オーディオ番組で、落語を楽しんでいた。

爆笑に次ぐ爆笑!

酒や鍋料理を楽しむシーン。

ゴクッ、ゴクッ、
フゥ、フゥ、ズルズル、アフアフ、ヒュウヒャア、ホフフ、アヒアヒ


音を聞いてるだけなのに、リアルな臨場感。
番組から流れる会場の雰囲気も拍手大喝采!
父ちゃんも会場にいたら、手を叩いて喜んだろうな。

なので、待機時間は全く気にならなかった。落語は偉大。

声を出さずに笑っていたつもりだけど、ゲラゲラと笑う表情は、端から見ると変だったろうね(笑)


20時チョイと前。

キャビンアテンダント「皆さま、大変お待たせしました。着陸態勢に入ります。
機長からの指示で、ただ今より、キャビンアテンダントも座って待機致します。
恐れ入りますが、皆さま、シートベルト着用を、各自で、今一度ご確認頂きますようお願いします。
強く揺れましても、飛行機は安全ですので、ご安心下さい。」


キャビンアテンダントも座って待機?
こんなこと初めてやなぁ。
相当揺れる可能性があるってことかな。
ホントに安全なのかいな。

チョイと緊張感が走るが、お任せするしかない。

キャビンアテンダントの座席近くの二つの電話が、ピピッとなる。
キャビンアテンダントのお二人がパッと立ち上がり、カチャ!と電話を取る。

お二人の電話を取るタイミングは、ピタリと同時!
即座に電話をつかむ仕草が抜群に凛々しかった。
統率がとれている。絵に描いたような素早さ。

お気楽父ちゃん、かみさんに話しかける。
「今のカッコよかったね。もう一回見たいね。電話、もう一回、鳴らんかな。」


機内のテレビ画面が着陸状況を映し出す。
夜の暗闇を飛行機が進む。
キラキラと星が輝いてるように見える。

暗いねぇ。
飛行機の運転コントロールって、どうしてんのかね。素人には想像つかんな。

滑走路の誘導灯が点々と長く連なっている風景が映し出される。
いよいよ着陸。頼んます、機長。



着陸した瞬間の衝撃。毎度、緊張する。
無事に着陸。強風の影響での揺れは、特に感じることはなかった。

よかったねぇ。やっと着いたかぁ。
20時40分ね。約2時間遅れか。

キャビンアテンダント「お客様、飛行機から降りた後、バスにて空港までご案内します。バス到着まで、今しばらく、お待ち下さい。」

あ~~~バスかぁ。
機内では、ため息が漏れる。



止まった瞬間、乗客は一斉に立ち上がり、荷物を下ろす。先を急ぎたい。我先な感じが漂う。

キャビンアテンダント「お客様、大変申し訳ありませんが、バスの到着が遅れております。もうしばらくお待ち下さい。」

ありゃりゃ。バスも手一杯なのかな。

乗客は、立ち上がったまま、じっと待ち続ける。

キャビンアテンダント「お客様、バス到着はかなり時間がかかりそうです。
座席にお座り頂き、お待ち下さい。
お急ぎのところ、本当に申し訳ございません。」


乗客は、一斉に座席に座り直す。

父ちゃん、座り直した直後に、ANAの機内オーディオ番組は、まだ、やってんのかな?とヘッドフォンをつけてみる。

落語。やってるよ。さすがやね。
何がさすがなのか、よーわからんが(笑)


ほどなくバスが到着して、機内を歩いてるとき。

キャビンアテンダントさんが、「大変に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。」と、何度も何度も、頭を下げ続けている。
ほとんどの乗客が無言で通りすぎていく。

キャビンアテンダントさんが悪いわけじゃないけどな。

父ちゃん、キャビンアテンダントさんとすれ違う瞬間、声をかける。

「お疲れ様でした。ありがとうございました。」

キャビンアテンダントさんの瞳が、一瞬、輝く。

君の瞳に恋してる。

父ちゃん、綺麗な女性の煌めきに弱いのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

Latest