父ちゃん、人生はラテン系♪?

人生、楽しくいきましょうや♪

【映画】イーグル・アイ~監視社会



一年近く録画したまま放置していた映画を観てみた。

録画して放置する映画は数知れず。
選んだポイントは、スティーブンスピルバーグ製作総指揮。外れないでしょって感じで。

のっけから、ド派手なアクションの連発。

FBI組織のビルが破壊されたり、破壊されたビルから決死のダイビングをしたり、急スピードで逆走する地下鉄から飛び降りたり、市街地を猛スピードの車で逃げ回ったり、解体工場のクレーン車に車がぺしゃんこにされたり、送電線が暴発したり。

アクション、アクション、アクション!

てんこ盛りでお腹いっぱい。

主人公は、コピー屋さんの平凡な店員という設定。
一般人で素人なのに、FBIや空軍相手に、タフに逃げ回り続ける。
ケガひとつしないのはなぜ?と感じるのは、アメリカ映画特有のご愛敬。

主人公は、電話をかけてくる謎の女性の指示に従わざるを得ず、振り回されて、動き回る展開。

結末として、アメリカ国防総省にて試験中の「イーグル・アイ」と呼ばれる、テロ対策のAI(人工知能)を有したコンピューターが暴走して、アメリカ大統領暗殺を企てるという物語。

この「イーグル・アイ」が謎の女性として、主人公を操っていくのだが。

さすがに、人工知能のコンピューターが、そこまで人間を操るのはあり得ないでしょ!?と思ったが、まぁ、やはり、ご愛敬ですな。
難しく考えずに、アクションを楽しむ映画ですな。



この映画、2008年公開のようだけど、10年前に監視社会の恐ろしさを描いていたんだねぇ。

10年前と言えば、日本では、スマホが普及し始めた頃じゃないかな?
と思って調べてみたら、iPhoneは、2008年夏に販売開始したんだね。そういえば、「iPhone10周年」ってニュースが流れてるよね。

スマホの「位置情報」とかヤバいと一般的に云われるけど、この映画を観ると、確かに危険と改めて感じたね。

今は、日本でも、街中の防犯カメラによる映像が当たり前のように報道で使われる世の中になったよなぁ。

10年一昔。


練習番長の勘違い

「○○さん、(テニス歴)5年程度と参加申込書に書いてましたが、本当ですか?」

「○○さんなら、スクール上級で大丈夫じゃないですか。」

「バボラのピュアコントロール使っているだけで、尊敬します。私は、スクールコーチに難しいラケットだから、使いこなせないと言われました。」



三連休最終日。シングルスのテニスオフ。
一対一での練習中、主催者さんから、おホメの言葉を数々頂いた。

で、一時間練習後のワンセットマッチ。

見事に、0-6を食らってしまった。

誉め殺しかいな?(苦笑)



この主催者さん。
某市民大会にて、2年前にシングルスBの部でベスト4入り。
今は、シングルスAの部で、2回戦突破辺りのレベルだそうだ。

まさに、今の父ちゃんが目指すレベル。
一対一でお相手して頂けるのは、貴重な機会だった。

一時間にわたる練習中。
僭越ながら、父ちゃんの方が力強くプレーしているかな?と感じてはいた。

オホメの言葉を頂き、小市民の父ちゃんは、まんざらでもなかった(笑)

が、試合になるや、主催者さんの丁寧につなぐプレーに、ポイントを失っていく。
ラリーはそれなりに続く。しかし、決めにいくと、父ちゃんはミス連発。

ずるずるとやられるうちに、1ゲームも取れずにダンゴを食らってしまった。



「私のバックを狙って攻めてきていると感じました。バックにボールを集めるのは、いいプレーだったと思います。
ただ、チャンスボールになると、どう打つのか、悩んでいるのかな?と感じました。」


ゲーム後、主催者さんにアドバイスを求めた。
「チャンスボールに悩む」と指摘されたのは、おっしゃる通り。父ちゃんの自信のなさを見抜かれていた。

父ちゃん、質問してみた。
「決めようとフォアの逆クロスを放つと、アウトボール連発していたと思います。
ああいう場面では、どうしたらいいでしょう?」

「クロスボールをストレートにコースを変えるのは難しいプレーですよね。アウト連発してしまうときは、打ってきた方向に、そのまま素直に返すのが一番楽だと思います。
クロスにはクロスで深く返球して、相手のボールが短くなるのを待つのがいいと思いますね。
もし、自分のボールが短くなってしまったら、腹をくくって相手の強打を待ち構える。これぐらいの気持ちで、私はプレーしています。」



バボラのピュアコントロール。
スイートスポットにハマると、素晴らしいボールがいくが、外すと飛んでくれない。
特に、バックのスライス、ボレーでのパワー不足を感じる。

残念ながら、今の父ちゃんの腕前では使いこなせないかなぁ。

何より、うまく飛んでくれるかな?と心に抱えながら、プレーする心理的精神状態が良くない。


「敵は己の中に在り」


秋の市民大会まで、残り1ヶ月強。
ラケットを変えるなら、そろそろ、タイムリミットやで。

どーすんや、おいこら、父ちゃん!?

続く。。。。。かな?(笑)

他人事のように結ぶと、気持ちは一旦落ち着くのである。

明日は明日の風が吹くのである。

ケセラセラ♪


バボラ ピュアコントロールを使ってみる

試打ラケットのお試しに、頭打ちみたいな感覚が生じて1週間。

昨日のテニスオフでは、手持ちのバボラ ピュアコントロールを久しぶりに多用してみた。



朝9時から11時のシングルスのテニスオフ。

先ずは、現在の相棒、ヘッドグラフィンスピードMPで第一セットを戦ってみる。

6-2で勝利後、ラケットをバボラのピュアコントロールに変えてみた。

続く第二・第三セットは、6-3 6-0で勝利。

ピュアコントロールは飛び過ぎると感じていたので、使わなくなっていたのだが、飛びの感覚はウィルソンプロスタッフ97に似てるかなぁと感じた。

ピュアコントロールは、スピードMPに比べると、狙ったエリアへのコントロールはしやすい。
ただ、ピュアコントロールは重たいので、サーブでの取り回しが少々振り抜きにくい。

特にバックのスライスを打つときに、スイートスポットにはまらないと、ネット際でお辞儀するようなボールになってしまう。
ボレーでも、スポットでとらえないと飛んでくれないと感じた。



午後3時から5時のダブルスのテニスオフでも、ピュアコントロールを使ってみた。

ストロークでは飛ぶ感覚があるので、心理的に抑えながら打つ一方で、ボレーは飛ばず、サーブも振り抜きにくい。

途中、ヘッドスピードMPに持ちかえると、とても軽く、ポーンとスピードアップして飛んでいくと感じる。

感覚的には好対照。

扱いやすいのは、ピュアコントロールと思ったが、ボールの伸びがいまひとつでしたかねぇ。

う~ん、ラケットでこんなに違うかなぁ。

難しいねぇ。



自慢話はほどほどに

先日。
とある見学会があり、職場仲間と出向く。
ぐるりと見学して、職場へと戻る。締めて、所要時間は二時間ほど。

職場の最寄り駅にて、地下鉄の階段を調子よくトントンと上っているとき。
背後から、職場仲間が声をかけてくる。

「○○さん、元気ですね。やっぱり運動しているからですかね。僕は少し疲れました。」

振り返ると、チョイとしんどそう。
この職場仲間のお年頃は、40代半ば。父ちゃんより、8歳ほど若い。

「いい若いもんが何を言ってるんだ⁉(笑)」

・・・・・・ってな調子の暴言は、もちろん、吐いてない。
内心はチラリと思ったけど(笑)



このエピソードを、かみさんに披露する。

どうだ、オイラは若いだろう?フッフッフッ。

すると、かみさんの一言。


「あんたはね、歩くのが早いのよ。あたしと○○(一人娘の名前)と一緒に歩いているときも、何も気にせずに歩いていっちゃうからね。少しは気を遣って欲しいよね。」


また、チクリと言われてしまった。

自慢話を披露すると、なぜか反撃に合うことが多くなったと感じるのは、決して気のせいではない(笑)


シングルス三昧で疲労困憊



先週末土日。
かみさんが友達と旅行に出掛けたので、ここぞ!とばかりにテニスオフで、テニスを満喫する。

【土曜日】
①7時~9時/中上級シングルス 30分マッチ
→6-2 1-6 3-5 3-0(10分)

②13時~15時/中級シングルス 1セットマッチ
→6-5 6-3

③17時~18時/初級者練習会:練習&ダブルスゲーム
※試打ラケットの感触をじっくりと確かめてみるために、参加。

【日曜日】
①7時~9時/中上級シングルス 4ゲームマッチ
→1-4 1-4 0-4 2-2(時間切れ)

②9時~11時/中級シングルス練習
※残り30分で試合→1-5



土曜日にテニスオフをはしご。

日曜日に、朝から疲労を感じながら、①中上級シングルスゲームに参加。

連チャンになった②シングルス練習は、主催者さんとの1対1。
開始時に、疲労が蓄積し、身体が重いと感じる。

主催者さんとは多少の顔馴染みになっており、おしゃべりしつつ、適度に休憩を取りながら、練習できたので、よかったのだが・・・・・

ゲームが始まるや、フットワークが悪く、動きが鈍い。
ゲーム後半では、サイドにボールを振られると追えずに、簡単に諦めるようになってしまっていた。

ラストゲーム後、主催者さんにお詫びする。

「後半、身体が動けなくなってスミマセンでした。せっかく参加させて頂いたのに、申し訳ありません。」

「いやいや、身体の方が大事ですから。ありがとうございました。」

主催者さんの優しい言葉に救われた。悪いことをしたと思った。



帰宅時での車運転中、ボヤーンとした熱の籠った疲労を感じる。
車内で外気温を確かめると、気温は32℃。しんどい。

コンビニに立ち寄り、火照る身体を癒すべく、飲み物とあずきバーを買う。



あずきバーで、一息つく。いざというときは、あんこ系の和物やで。
ガリガリ君とどちらにするか、チョイと考えたけどな(笑)


事の顛末をかみさんに話す。

で、かみさんの言葉。


「ポックリとされたら、困る。ほどほどにしときなさい。いい加減、年齢を自覚しなさい。」


同じことを言われるのは、何度目だろうか(苦笑)

若い頃とは違うんだから。
むやみに鍛えるより、適度に疲労を抜くことの方が大切やね。



Latest